本文へスキップ

レイ・アスカ・カヲルの等身大フィギュアが地下鉄3駅に出現!「エヴァンゲリオン展」仙台会場とコラボ

2017年9月9日 0時10分 参照回数:

エヴァンゲリオン展

エヴァンゲリオン展 (C)カラー


 「新世紀エヴァンゲリオン」の登場人物である 綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレー、渚カヲルの等身大フィギュアが9月15日から10月22日まで、地下鉄の3駅(仙台駅、国際センター駅、荒井駅)に出現することが分かった。

 これは、東北初となる「エヴァンゲリオン展」仙台会場(2017年9月16日〜10月22日、仙台駅前 E BeanS 9階 杜のイベントホール)とのタイアップ企画として実施されるもの。

 等身大フィギュアの他にも、地下鉄では、「車内ポスタージャック」(「エヴァンゲリオン展」ポスターが地下鉄東西線1編成をジャック)、「トレインビジョン」(東西線全編成において、車内設置のビジョンにて展覧会画像を掲出)も行われる。

 さらに、仙台市営バス全車両においても「エヴァンゲリオン展」の告知画像2種を週替わりで掲出。EVANGELION STORE発のキャラクター「ゆるしと」、仙台・宮城観光PRキャラクター「むすび丸」、ご当地武将「伊達政宗」がトリプルコラボし、仙台会場限定の「エヴァンゲリオン×むすび丸」「ゆるしと×伊達政宗」キャラクターグッズが発売予定。仙台会場のみでの販売となるため、来場の記念にぜひとも、入手しておきたい。

■展示会概要
【展示会名】エヴァンゲリオン展
【日程】2017年9月16日(土)〜10月22日(日)*37日間
【開場時間】平日:13:00-19:00、土・日・祝:10:00-19:00(最終入場は閉場30分前)
【会場】仙台駅前 E BeanS 9階 杜のイベントホール 宮城県仙台市青葉区中央4丁目1−1
【入場料】特典付き入場券:1500円(税込)
*特典:「エヴァンゲリオン×むすび丸」NERV IDカード型キーホルダー
前売り券:800円(税込)
当日券:大人1100円(税込)、中高生800円(税込)、小学生500円(税込)
※学生は学生証のご提示が必要となります
※小学生未満無料
【主催】テレビ朝日ミュージック、ノースロードミュージック、KHB東日本放送、朝日新聞社
【後援】仙台市教育委員会、YTS山形テレビ、KFB福島放送
【協賛】サンエムカラー
【監修】庵野秀明、カラー
【アートディレクション】祖父江慎
仙台会場公式web http://www.khb-tv.co.jp/eva_sendai/
イベント公式web http://www.asahi.com/event/evangelion/

【生原稿や設定資料約300点を公開!】

 大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の魅力を解き明かす東北初となる本格的な作品展です。「新世紀エヴァンゲリオン」は、1995年にテレビシリーズの放映が始まり、2007年からは長編アニメーション映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズがスタート、新たなファンを獲得しました。第1部「序」、第2部「破」に続き、2012年に公開された第3部「Q」では、さらに進化した映像表現とファンの予想を超えるストーリー展開が話題となり、最終的に動員380万人、興収52億円を超す記録的なヒットとなりました。

 総監督の庵野秀明氏および製作会社のカラーが監修する本展では、「新劇場版」シリーズ最新作を含む貴重な生原画や設定資料約300点を公開。碇シンジや綾波レイら人気キャラクターや、壮大なスケールの物語を鮮やかに振り返ります。さらに、画コンテやレイアウト、原画や動画などおよそ1000点もの膨大な資料で最先端の映像が生み出される過程を丁寧にひもときます。また、テレビシリーズのセル画や貞本義行氏が描いた漫画の複製原稿も展示し、作品の誕生から現在までの歴史も紹介します。完結編となる第4部「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開に先立ち、ファン待望の展覧会が幕を開けます。

エヴァ疑似シン化第2形態(通称 光の巨人) イメージボード兼設定 決定稿

エヴァ疑似シン化第2形態(通称 光の巨人) イメージボード兼設定 決定稿 (C)カラー

「:Q」C-0021修正原画

「:Q」C-0021修正原画 (C)カラー




→ 「エヴァンゲリオン展」が待望の東北初開催!




ミニシアター通信








運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ) 






ミニシアター通信(TOP