本文へスキップ

Queen Beat野村真由美「新しい刺激を受けました」、女子大生による新世代和太鼓ユニット・Queen Beat(クイーンビート)が圧巻のパフォーマンス

2017年9月2日 0時30分 参照回数:

Queen Beat

Queen Beat (提供写真)


 芸能プロダクション・スペークラフト所属の新世代和太鼓ユニット「Queen Beat(クイーンビート)」が2017年9月1日、船橋アリーナにて開幕したプロバスケットボール・B.LEAGUE初の公式トーナメント「B.LEAGUE EARLY CUP2017」の「KANTO EARLY CUP2017」のオープニングセレモニーにて、華麗かつ迫力のある圧巻の和太鼓パフォーマンスを披露した。

 Queen Beatは、大学のミスキャンパスコンテストのグランプリ受賞者やファイナリストたちで構成される現役女子大生グループ「キャンパスクイーン」を中心としたグループ。

 初日1日のパフォーマンスを追え、Queen Beatリーダーの野村真由美(のむらまゆみ)は、「世界的タップダンサーのHIDEBOHさんやBLUE TOKYOの皆さんはプロフェショナル。そんな皆さんと一緒にオープニングパフォーマンスをさせて頂く事は不安でしたが、とても新しい刺激を受けました」と声を弾ませた。メンバーの坂野真理(ばんのまり)は「見に来て下さってるお客様の反応や視線がエネルギーになり120%のパフォーマンスが出来ました」と笑顔を見せた。

 Queen Beatは、開催期間中の3日間で合計7回のパフォーマンスを披露する。



→ 女子大生ミスコン、グランプリ&ファイナリストたちの深夜番組がスタート…大人のトークは?



→ 新人キャンパスクイーンがイベント登場、獨協大学・錦亜季実は警察官にスカウト?





ミニシアター通信








運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ) 






ミニシアター通信(TOP