本文へスキップ

熊田曜子、近所のママ友との交流を明かす「同じ人と思えない」

2017年5月28日 18時30分 参照回数:


熊田曜子

熊田曜子 (写真:竹内みちまろ、2017年5月28日、福家書店新宿サブナード店)


 タレントの熊田曜子が2017年5月28日、東京・福家書店新宿サブナード店にて、36th写真集「The GREATEST!!」の発売記念イベントを開催し、2児の母親として過ごすプライベートの様子を明かした。

 2012年12月に第1子となる長女を、2015年10月に次女を出産した熊田。第1子出産直前に出して以来、5年ぶりの完全撮り下しとなる今回の写真集は、2017年3月に東京、山梨、沖縄の3ヶ所で撮影を行った。

 写真集が完成した現在の心境を尋ねられると、「『ママになってもやりたい』とは言い続けていましたが、実際にできるか分かりませんでしたので、このように形になって本当に嬉しいです」と歓喜。熊田は現在、最も多くグラビア写真集を刊行した女性タレントとしてギネスブックに申請中で、“グラビア界のキング・カズ”と表現されることもある。「50歳になってもグラビアをやらないといけないですね(笑)」と表情をほころばせ、「“グラビア界のキング・カズ”を目指します」と目を輝かせた。写真集を何冊まで出したいかを尋ねられると、「出せるなら永遠に出したいです。50歳もすごいですけど」と願望を明かした。

 子どもたちと過ごす様子では、「昨日も2人を連れて原宿に行きました。色々な人に声を掛けられるのですが、『たいへんですね! 2人!』と言われました。『熊田さんですか?』という質問ではないのです(笑)完全な“おかん”な感じなので(笑)」とにっこり。1人をお腹の前に抱っこし、もう1人をベビーカーに乗せて竹下通りでショッピングを楽しんだそう。「1人からだけ大声で『熊田曜子だ!』と言われましたけど、それ以外は何もなく、普通に電車とバスで行きました」と笑顔。「今はすごくよいバランスでやらせて頂いています。このように仕事現場で、母親ではない一面やグラビアなどを見てもらっていることが、私の中ですごく嬉しいので、家に帰って思いっきりお母さんができるのです。だから、本当に近所のママ友とかにはびっくりされます。『同じ人と思えない』って」といい、普段は、ジーンズにTシャツ姿などで子どもと公園にいるエピソードを紹介した。(竹内みちまろ)



ニュース






運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ)