ミニシアター通信 > ニュース >


優香、息子役・内川蓮生の成長に“母の顔”を覗かせる!

2017年4月10日 1時00分 参照回数:



清水崇監督、優香、内川蓮生
清水崇監督、優香、内川蓮生 (提供写真)


 映画『ブルーハーツが聴こえる』の舞台挨拶が2017年4月9日、東京・新宿バルト9にて実施され、『少年の詩』から優香 内川蓮生 清水崇監督が登壇した。

 ブルーハーツの名曲にのせ、人気監督たちが曲をイメージした作品を製作。6本の短編を一挙に見られる贅沢な1本『ブルーハーツが聴こえる』。連続舞台挨拶と称して、公開初日となる前日8日に2回の舞台挨拶が実施され、この日は3回目の舞台挨拶。

 プレミアム上映会では清水監督のみが登壇した本作品だったが、今回はキャスト陣も一緒に清水組が観客の前で初披露となった。大きな拍手で迎えられたキャスト・監督へ、まずはMCから主演・優香へ内川蓮生との久しぶりの再会について尋ねられると、「再会してびっくりしました! イケメンだし天使の瞳で! 母親になった気分です。」と久しぶりの再会を嬉しんだ。冒頭の挨拶で内川は「撮影から本日までの2年間の間で身長が15cmも伸びたんです!」と観客を驚かせた。

 優香は本作出演へのオファーを受けた時の感想を問われると、「清水監督とは10年前にホラー作品で主演をさせてもらった以来なんです。まさか今回母親役でびっくりしましたし、大好きなブルーハーツということで嬉しかったです」と答えた。これを受け清水監督は、「10年前はこんなペラペラ喋る子じゃなかったのに」と当時を振り返り、「(オファーをした当時、優香は)「独身だったので、それでいてシングルマザーの役をお願いしたので気を使いました。」と答えた。

 シングルマザーの役を演じるにあたって気を使ったことを問われた優香は、「短期間で親子関係を作り上げなきゃいけないので、撮影中もずっとそばにいました!」と内川との仲良しさを観客に見せた。

 印象に残っていることはと問われた内川は、「オーディションの時にあまり監督のことを調べてなくて、『呪怨』の監督だと聞いた時にびっくりして『何か他の作品ないんですか?』って失礼なこと聞いちゃったんですよ!」と可愛らしいエピソードを披露。

 また優香は、「印象に残ったというか申し訳なかったことがあったんです!劇中に(内川が)納豆を食べるシーンがありまして、何回か撮ったんです。お腹いっぱいになったと思うし、何より納豆が嫌いだったっていうことが後から解って…申し訳なかったです!」と語った。それを受け清水監督は、「(嫌いだということを)知ってて食べさせたんだよ!」と突っ込みをいれ、内川はこの作品のおかげで、その後納豆嫌いを克服したということを明かした。

 監督からキャストの方々への演出方法はと問われた清水監督は、「(優香が)結婚前なのでどうやってお母さんになって貰うかにやはり気を使いました。優香さんはすんなりと、とってもいい母親役を演じてくれた」と語った。

 撮影中は、結婚前。結婚後の現在にこの作品を観て心境はいかがですかという問いに対し、「こんな可愛い子(内川)がいたらいいなって!連れて帰りたいです!」と笑顔で答えてくれた。





ミニシアター通信


Copyright(c)2017 mini theater tuushin. All Rights Reserved.