ミニシアター通信 > ニュース


大山真志ら、スペースクラフト所属の若手男性俳優によるファン感謝イベント『Men's Crew!』の第2回が開催!

2017年3月21日 23時20分 参照回数:


『Men's Crew!』第2回

『Men's Crew!』第2回 (提供写真)


 芸能プロダクション・スペースクラフト所属の若手俳優によるファン感謝イベント『Men's Crew!』第2回が2017年3月20日、東京・浅草六区ゆめまち劇場にて開催された。

 多くの舞台で活躍するほか、昨年放送されたドラマ『真田丸』で大河ドラマ初出演を果たし話題となった大山真志を迎え、第1回のイベントに続いての参加となる奥村秀人、永松文太、前川優希、堀田怜央、石井祐輝。声優部研修生の五十嵐巧巳、三上丈、杉浦隼永、名富航平、阿部渉、さらにイベント初参加の佐藤信長を加えた総勢12名が出演した。

『Men's Crew!』第2回
『Men's Crew!』第2回 (提供写真)

『Men's Crew!』第2回
『Men's Crew!』第2回 (提供写真)

 イベントでは、フレッシュなダンスと笑顔で、オープニングから観客の目を釘付けに。MCは前回に続き永松と前川が担当し、緊張のあまり声が裏返るハプニングがあったものの、「ハッピーホワイトデー!」、「イエーイ!」のコール&レスポンスにホッとした表情を見せた。さらにメンバー登場時に、メインゲストの大山がステージを横切りそのまま去って行こうとするのを慌てて引き止めようとする姿に場内は大爆笑! 笑いを通じて、後輩たちの緊張感を解く手腕は、さすがイベント慣れしている大山ならでは。

石井祐輝(左)前川優希(右)
石井祐輝(左)前川優希(右) (提供写真)

 最初のコーナーは、“思い出のホワイトデー”。

 ホワイトデーにまつわる胸キュン・エピソードが語られるのかと思いきや、「バレンタインのお返しに他の人と被らないようにと思ってハンカチを贈ったら、まさかの3人かぶり」という堀田、「違うクラスの女子を呼び出すことが出来ず、お返しを渡せなかった」という奥村、「お菓子作りが得意な母親がガチで作ったスイーツに、クオリティが高すぎて女の子がショックを受けていた」という永松など、バレンタインに続き残念エピソード満載のメンバー。これを聞いた大山は「イベントなんか気にせず、好きならいつだって告白すればいい!」と、男前なコメントでファンのハートをガッチリつかみ、コーナーを締めくくった。

 前回も好評だった“写メって喋って”コーナーでは、大山が今読んでいるアメコミ(*アメリカンコミック)『Watchmen(ウォッチメン)』の表紙、舞台共演者と行ったディズニーランドの写真、癒しの存在の愛犬という3枚の写真が披露された。さらにもう1枚、昨年お誕生日イベントで上映されたドラマで撮影された1枚が披露され「今日は特別にドラマのダイジェストで皆さんに見ていただきます!」と紹介。名作刑事ドラマをリスペクトしたシーンや、CGを使った“W真志”夢の共演に、観客はもちろんメンバーも手を叩いて大喜びだった。

 続く“みんなで決めようキャッチフレーズ”コーナーは、各自にピッタリのキャッチフレーズを新聞の見出しから探そうというもの。「安心の日本製、奥村秀人」「見どころ満載、堀田怜央」「ポイント2倍、石井祐輝」など名言(=迷言!?)の数々が飛び出し、各自のキャラクターの一端をうかがい知ることができた……かも? このコーナーでMVPに輝いた堀田怜央には「客席に向かって愛の告白」という、ご褒美とは名ばかりの罰ゲームが用意されていたが、メッセージの後に投げキスをするという予想外の強心臓ぶりを見せ、メンバーから「やるなぁ」との声が起こった。

 ほかにも、声優部研修生による“なりきりキャラクター”コーナーでは、正義のヒーローやアイドルになりきってアフレコをする後輩たちを、奥村が“ドSっぷり”を発揮して新たな魅力を引き出す一幕もあり、いじり倒されても果敢に挑んでいく研修生たちに大きな拍手が送られた。

 永松文太、前川優希、堀田怜央、石井祐輝によるメンクル・ミニ・ライブでは、「Just Loving You」「WONDERLAND」の新曲2曲が披露され、パワフルな歌とダンスで会場を盛り上げた。

 一方、大山真志スペシャルライブでは、軽快なポップナンバーからバラードまで、バラエティ溢れる楽曲を歌い上げ観客を魅了した。

大山真志
大山真志 (提供写真)

大山真志
大山真志 (提供写真)

「楽しい時間はあっという間、次がラストナンバーです。僕たちスペースクラフト Men's Crew!のテーマ曲『SMILE and SMILE』!」

 歌いながら花道に飛び出し、明るくなったフロアを見渡しながら手を振りアピール。キラキラと紙吹雪が舞う中、場内の興奮は最高潮の内に幕を閉じたのだった。

 イベント終了後、大山は、「同じ事務所のメンバーとイベントをする機会は、実はなかなかないことなので、こういうイベントができるのがうれしいですね。ただイベント経験がないメンバーばかりなので、MC大丈夫かな、盛り上がるトークが出来てるかなって僕は最初から最後までハラハラしっぱなしでした(苦笑)。お客様に楽しんでいただくためにも、プロ意識を持ってもっと頑張らないと……せっかく大勢の人にアピールできるチャンスをいただいているのだから、もっと自分を出していかないと! 今後も長く続くイベントを目標に頑張って欲しいですね!」と語った。

 回を重ねる毎に、フレッシュで個性的な一面を見せ始めるスペースクラフト Men's Crew。今後もさらなる成長と挑戦を見守りたい!





ミニシアター通信


Copyright(c)2017 mini theater tuushin. All Rights Reserved.