ミニシアター通信


「強かわクイーン」RENA、RIZINの女子グランプリ参戦表明「今しかない」


2017年3月3日 23時20分 参照回数:


RIZIN 2017 in YOKOHAMA

記者会見の様子 (提供写真)


 総合格闘家のRENAが2017年3月3日、都内にて開催された格闘技イベント『RIZIN 2017 in YOKOHAMA』(4月16日/横浜アリーナ)の記者会見に出席し、女子グランプリ参戦への意気込みを語った。

 会見では、『RIZIN 2017 in YOKOHAMA』では女子選手の試合に力を入れることが発表され、RIZIN過去最多の4試合が行われることに。また、それに伴い、サブタイトルが「SAKURA」になることも発表された。

 さらに、秋からは従来の男子グランプリだけでなく、女子グランプリも行われることも告知され、RIZINで未だ無敗を誇り、数々のテレビ番組でも人気を博している、「強カワクイーン」RENAの参戦が正式決定した。

 RENAは、グランプリ参戦について「悩んだ結果、今しかない、この波が来ているある中で出場しないのはダメだと思い決断しました。現時点で“優勝します”とは言えませんが、まだ日にちがあるので12月まで自分自身を強くして優勝できるように頑張っていこうと思います。」と意気込みを語った。

 さらに、「皆様にも支えていただいて、一緒に優勝出来たらと思います。私は私らしく今までの気持ちを忘れずにMMAに挑戦します。4月に挑戦して、10月から新たに大きな挑戦をしていこうと思っています」と挨拶した。

 4月16日に開催される『RIZIN 2017 in YOKOHAMA -SAKURA-』でのRENAの対戦相手は現在調整中。当日の19:00〜20:54のゴールデンタイムにフジテレビ系列で中継されることも発表された同大会で、さらなる挑戦を決意した「強かわクイーン」RENAがどのような戦いを見せるのかに注目したい。




ミニシアター通信



PR