ミニシアター通信


「てーきゅう」が再び舞台化、中田美優・橋本瑠果・古橋舞悠らが意気込み!


2016年3月7日 2時20分 参照回数:


舞台版「てーきゅう 〜先輩とめぐりあう時間たち〜ディレクターズカット」

(前列左から)諸星あずな、前田美里、中田美優、飯塚未生、橋本瑠果、古橋舞悠、舟山夏妃(後列左から)愛原ありさ、谷尻まりあ、中島由貴、高宗歩未、末永みゆ、倉持聖菜、小出ひかる、曽我部英理 (写真:竹内みちまろ、2016年3月6日、メディアゲートスタジオにて)


 舞台版「てーきゅう 〜先輩とめぐりあう時間たち〜ディレクターズカット」の製作発表会見が2016年3月6日、東京・秋葉原のメディアゲートスタジオにて開催され、中田美優、橋本瑠果、古橋舞悠、前田美里、諸星あずな、舟山夏妃、高宗歩未、末永みゆ、倉持聖菜、中島由貴、小出ひかる、谷尻まりあ、曽我部英理、愛原ありさ、脚本・演出の飯塚未生氏が出席した。

 同作は、テニス部に所属する女子高校生4人の日常を描く超高速ギャクアニメ「てーきゅう」の舞台化作品。2015年夏に初の舞台化作品が上演され大好評を得た。今回は、2度目の舞台化で、新しい場面が追加され、新曲も披露される。また、兎亀高校が前回とはまったく違った形になっている。

 4人の女子高校生を演じるのは、NHK大河ドラマ「平清盛」やAKB ShortShorts project映画「9つの窓」の『レミューテック』などに出演し、舞台女優としても注目の中田美優(17歳・高校2年生)をはじめ、橋本瑠果、古橋舞悠(Wキャスト)、前田美里(Wキャスト)、諸星あずな(Wキャスト)、舟山夏妃(Wキャスト)。

 2016年3月16日から21日まで、日本芸術専門学校 大森校劇場(東京都大田区山王2丁目12-13)にて全10公演。(竹内みちまろ)

【キャストコメント(一部抜粋)】

中田美優(高宮なすの役)

 初演の時のなすのさんが、アニメの声も担当されているご本家の鳴海杏子さんだったので、今、かつてないほどのプレッシャーを感じています。前回にさらに上乗せして、魅力的な作品にできたらなと思います。なすのさんの高笑いと、お金に対しての執着(笑)を見て欲しいです。台本を読んでいても、「彼氏よりもお金だろうな」と思うくらいお金に執着しているので(笑) そこを見て頂けたらと思います。

橋本瑠果(押本ユリ役)

 ユリちゃんはツッコミ役です。普段はぜんぜんツッコんだりしないのですが、今回が最初のツッコミだと思います。ツッコミを研究して頑張りたいと思います。

古橋舞悠(新庄かなえ役)【チーム・関取マン】

 今回、ボケマシーンということなのですが、普段は私がツッコミなので、ボケとツッコミが(橋本瑠果と)逆なんです。なので、アイドリング!!!ファンの方はそこを見て頂けたらと思います。舞台をやることになってアニメ「てーきゅう」を見たら面白すぎて、毎日見て、はまってしまいました。今回は、歌とダンスもあるので、飽きるなんて言葉は一切なく、笑いしかない最高の舞台になっています。ぜひ、皆さんに楽しんで頂けたらと思います。

前田美里(新庄かなえ役)【チーム・ツッパリくん】

 最初にアニメを見た時に、かなえちゃんも背が小さくて自分に近い役を頂いたと思いました。自分でボケているつもりはないのですが、「ボケ、ボケ」と言われるので「あれ?」と思うこともあります。両方のチームの色を出して、それぞれのチームでしかできない作品を作って行ければなと思います。

諸星あずな/バクステ外神田一丁目(板東まりも役)【チーム・ツッパリくん】

 アニメの役柄をやらさせて頂くのは初めてです。まりもちゃんの変態的な性格は、自分は持っていないので最初はビックリしちゃった部分もあったのですが、メンバーの中にすごく変態な子がいて、そういう子をお手本にしながら役作りをしています。諸星らしい、板東まりもちゃんを演じさせて頂き、テンポ感にはまだ慣れていないのですが、テンポ感も皆さんに楽しんで頂きたいです。

舟山夏妃(板東まりも役)【チーム・関取マン】

 まりもちゃんは可愛くて綺麗だけど、実はパンツとかブラが大好きな変態さんなのです。私には通じるものがあって、楽しくやっています(笑) 実は、私はツッコミなのですが、「チーム・関取マン」と「チーム・ツッパリくん」は何回見ても違いがあるので、皆さんが楽しめる作品になっています。

高宗歩未(近藤うどん子役)

 初演から引き続きうどん子をやらせて頂き、とても光栄に思っています。まさか、こんなに早く再演するとは! うどん子という役はてーきゅう部の4人とは違って、新聞部という位置からてーきゅう部の4人を取材して特集しているという役柄です。この作品において、近藤姉妹は結構キーパーソンになっています。うどん子は原作やアニメではカメラを持っているのですが、舞台版ではビデオカメラを持っています。そのビデオカメラが作品においてかなり重要ですので、そこにも注目して頂けたらと思います。

末永みゆ(近藤アネンコフ役)

 前回も出させて頂いたのですが、今回はウィッグを被って、前回よりもパワーアップしたアネンコフが見られるのではないかと思います。

倉持聖菜(押本陽太役)

 前回から引き続く、押本陽太役をやらせて頂きます。2チームが、動きも感情も違うので、シングルキャストとしてどう係わっていいのか分からないところもあるのですが、お姉ちゃんを助けて、キャストたちをどう扱おうか考えています。

中島由貴/アース・スタードリーム(田中きなこ役)

 前回に引き続き田中きなこ役をやらせて頂きます。アニメの方の声優でも、きなこを担当させて頂いています。初演のときはまだ当てていなかったので模索をしながらだったのですが、今回はアニメの本役の子たちもいるので心強いです。結構変わっている場面もあるので、注目して頂きたいなと思います。

小出ひかる/アース・スタードリーム(佐藤くるみ役)【チーム・ツッパリくん】

 天真爛漫で、明るくてカワイイ女の子です。「てーきゅう」のアニメをなるべく再現して、そして舞台のいいところもいっぱい詰めて、伝えられる様に頑張ります。

谷尻まりあ/アース・スタードリーム(西新井大師西役)【チーム・ツッパリくん】

 西新井大師西ちゃんは、亀井戸高校のライバル校の兎亀高校の唯一の1年生の女の子です。普段は何を考えているのか分からない謎のキャラクターと言いますか、基本、寡黙でしゃべらないんです。でも、実は、鈴木あやこ先輩というテニス部の先輩に憧れて、テニスの強豪校を蹴って、兎亀高校に入学するくらい熱いものを持っている女の子です。まだアニメではひと言もしゃべっていなくて、舞台が初声なんです。マンガの世界で生きている西ちゃんが舞台の上でもちゃんと生きている姿を見せられるように頑張ります。

曽我部英理/アース・スタードリーム(鈴木あやこ役)【チーム・関取マン】

 てーきゅう部と勉強という、文武両道を目指していつも頑張っているいい子なのですが、兎亀メンバーのみんながめちゃくちゃでいつも大暴れをし、まとめるのが大変なのですが、頑張ってみんなをまとめたいと思います。

愛原ありさ/アース・スタードリーム(西新井大師西役)【チーム・関取マン】

 西ちゃんは、かなり変わっている子で、不思議な子です。いつもは、アース・スタードリームというユニットで、歌と、ダンスと、声のお仕事をしているのですが、初めて舞台に出させて頂くので、ドキドキしています。騎馬戦などをやったりもするので、亀井戸高校とどう絡んでいくのかに注目して頂ければと思います。アニメは3分なのですが、舞台を初めて観る方はその3分のアニメがどう舞台になるのかを楽しみにしていて欲しいですし、一度、舞台を観た方はまた違った内容になっているので、アニメならではの面白さもあるのですが、舞台ならではの歌とダンスなどもあり、3分アニメをどう100分程の舞台にするのか、楽しみにしていて欲しいです。



→ 伊波杏樹「滑舌練習中」、鳴海杏子、高橋紗妃、柴小聖らと舞台版「てーきゅう」に意気込み

→ 初舞台・初主演のアイドリング!!!33号・橋本瑠果、芝居の才能が開花?

ミニシアター通信