ミニシアター通信


『アキコスVol.9』が盛況、2016年のコスプレパフォーマンスの展開は?


2015年12月15日 21時40分 参照回数:


アキコス

アキコスVol.9 (写真:竹内みちまろ、2015年12月14日、AKIBAドラッグ&カフェにて)


 2015年3月から始まったコスプレパフォーマンスイベント「アキコス」の「vol.9」が2015年12月14日、東京・秋葉原のメイドカフェ「AKIBAドラッグ&カフェ」(アキドラ)にて開催された。年内最後の開催となり、盛り上がりを見せた。

 「アキコス」は、アキバ(秋葉原)のコスプレ文化を盛り上げようと活動する有志たちの手によって始まった。同様のイベントが秋葉原で行われたことがほとんどなかったため、当初は、出演者も観客たちも手探り状態だったが、回を追う事にステージの内容が充実し、観客たちもお馴染みとなったパフォーマーや、好きなアニメのキャラなどが登場するとたびに歓声をあげた。

 この日は、12組が出演。人気作品から話題の作品までバラエティに富んだステージとなった。

アキドラコスプレ部(ハートキャッチプリキュア)
桜梅桃李(カードキャプターさくら)
Re:DIVA2.5(魔法少女まどか・マギカ)
まじめ(東京喰種)
CoSAME−小雨−(おそ松さん)
WizUs(おそ松さん)
ひめうり(ローゼンメイデン)
劇ラブ!(ラブライブ!)
baby breath(涼宮ハルヒの憂鬱)
うさみけP(ボーカロイド)
コミュ・SHOW
ことのは(ボーカロイド)

 2015年は、劇場版『ラブライブ!』が観客動員数200万人を突破する大ヒットを記録し、『ラブライブ!』から生まれた女性声優ユニット・μ's(ミューズ)が大みそかのNHK紅白歌合戦への出場を決めるなど、アニメや声優ユニットが注目を浴び、知名度がコアなファンから国民層に広がった。コスプレパフォーマンスのムーブメントが2016年以降、更にどんな展開を見せるのか、注目したい。(竹内みちまろ)



→ アキバのコスプレパフォーマンスイベント・アキコスでも「ラブライブ!」が人気!

→ 七瀬さくら、有名になりたいコスプレイヤーにセルフプロデュースの心得をアドバイス

→ コスプレパフォーマンスとは何か? コスプレサミット世界王者・霜月紫に聞いてみた

ミニシアター通信