ミニシアター通信


廣瀬智紀、鳥越裕貴、太田基裕、松下優也が“2.5次元男子”の願望トーク!


2015年10月18日 1時50分 参照回数:


太田基裕、鳥越裕貴、廣瀬智紀、松下優也

左から/太田基裕、鳥越裕貴、廣瀬智紀、松下優也 (写真:竹内みちまろ、2015年10月17日、AmebaFRESH!Studioにて)


 俳優の廣瀬智紀、鳥越裕貴、太田基裕、松下優也が2015年10月17日、東京・AmebaFRESH!Studioにて、フォトブック「2.5次元男子」(小学館/同日発売)を記念した公開収録イベントを開催。“2.5次元男子”としての願望を語った。

 “2.5次元男子”とは、アニメ、マンガ、ゲームなどの2次元のキャラクターをリアル世界の3次元で演じるカッコイイ男子のこと。フォトブック「2.5次元男子」は、女子たちが、アニメらをミュージカル化した作品などで活躍する若手俳優5人との恋をストーリー仕立てで楽しめる構成となっている。

 トークでは、フォトブックの続編が出るとしたらどんな役をやりたいかが話題に挙がった。

 「2.5次元男子」でセクシーなドS社長を演じた廣瀬は、「社長が事業で失敗し、一文無しになって、屋台のラーメン屋の隣とかで段ボールで過ごしている人」といい、「そこからまた成り上がろうというストーリーとして楽しんでもらえたら面白いな」と笑顔を見せた。

 キュートな小悪魔アイドルを演じた鳥越は、「小さい頃から子供が好きなので、保育士」と回答。

 太田は、クールなツンデレの医者を演じているが、「消防士とか、いいんじゃない」、「男くさいイメージが無いと思うので、逆に泥を付けたり」と願望を語った。

 松下が演じたのは、ファッションデザイナー&マフィアというミステリアスな男。「悪(わる)繋がりで言うと、天才ハッカーみたいな」とにやり。周りのメンバーたちが「裏世界!」、「闇が好きなんだね!」と突っ込みを入れ、イベントを盛り上げた。(竹内みちまろ)


→ 『劇場版 弱虫ペダル』がお披露目、山下大輝「感無量」

→ 小松未可子&梅原裕一郎、新海誠『ほしのこえ』を「朗読×劇」で演じる

→ 新宿に“巨人”が出現! 梶裕貴「駆逐できそうにないぞ!」

→ 花園直道、蒼井翔太、愛原実花らが魅せる舞台「春風外伝」がいよいよ開幕…希望という春風を!

ミニシアター通信