ミニシアター通信


茅野愛衣、ドラゴンネスト再始動発表会に登場…演じるのは“けもみみ&しっぽキャラ”


2015年8月5日 23時20分 参照回数:


『Dragon Nest(ドラゴンネスト)』の再始動発表会

『Dragon Nest(ドラゴンネスト)』の再始動発表会 (撮影:竹内みちまろ、2015年8月5日、Sound Museum Visionにて)


 人気声優の茅野愛衣が、2015年8月5日、東京・渋谷のSound Museum Visionにて行われた『Dragon Nest(ドラゴンネスト)』の再始動発表会に出席した。

 リニューアル作品の『Dragon Nest R(ドラゴンネスト アール)』の”R”には、ドラゴンネスト日本サービスプロジェクトリーダーの山本高勝氏いわく、「リニューアル、リターン、リスタート」など、さまざまな意味が込められているらしく、イベントには、”再始動”に関連したゲスト陣も登場。MCに椿姫彩菜を迎え、ゲストに庄司智春(品川庄司)、とにかく明るい安村、伊藤麻希(LinQ)が登壇し、イベントは盛り上がった。

 茅野は『Dragon Nest R(ドラゴンネスト アール)』の新キャラクター・獣人族の少女「マキナ」役を演じている。

 山本氏の口からマキナのキャラクターについて、「大きなナックルギアと呼ばれる義手を使って戦う、けもみみとしっぽの生えたキャラクター」と紹介された。

 MCからマキナを演じてみての感想を尋ねられると、茅野は「マキナちゃんはすごく活発で、動きも凄く細かくて、ひつひとつの動きに声をあてるのがすごく楽しかった」と語った。また、茅野は「いろんなアドリブも入れて、結構いろいろと遊ばせてもらいました。「ドヤァ」ってしているのをセリフに混ぜたり、獣感を出してみたり(笑)。そういう遊び(心)を入れさせてもらいました」と、収録現場でのエピソードも披露。

 イベント中にセリフの生披露も行われ、迫力のある演技に会場から拍手が起きた。セリフを読み終えた茅野は照れた様子で「こんな感じのキャラクターです」と一言。

 また、マキナについて「結構強めの感じのセリフも多いんですけど、マキナちゃんは見た目が可愛らしいので、ギャップみたいなのも楽しめますよね。動きが本当に細かくて可愛くて、愛しいキャラクターになりました」と、キャラへの愛を語った。

 最後に、「こうやって新キャラをやらせてもらえることになって凄く嬉しいです。実際に収録もとても楽しかったので、きっとゲームも皆さんはきっとこうやって楽しんでいただいているんだなぁ、という空気感が製作スタッフさんたちから伝わってきました。ぜひぜひ、マキナちゃんで遊んでもらえたら嬉しいなと思っています。よろしくお願いします」とファンに向けて茅野からメッセージが送られた。(佐東未帆

→ 水樹奈々が中村悠一に「マフィアみたい…(笑)」、神谷浩史と『ハンガー・ゲーム』新作舞台挨拶

→ 新宿に“巨人”が出現! 梶裕貴「駆逐できそうにないぞ!」

→ 劇場版「PSYCHO-PASS」Blu-ray&DVD化決定! 入局式Finalに花澤香菜・野島健児らが登壇

→ 小松未可子&梅原裕一郎、新海誠『ほしのこえ』を「朗読×劇」で演じる

ミニシアター通信