ミニシアター通信 


伊波杏樹「滑舌練習中」、鳴海杏子、高橋紗妃、柴小聖らと舞台版「てーきゅう」に意気込み


2015年7月7日 23時20分 参照回数:


舞台版「てーきゅう」製作記者発表会

舞台版「てーきゅう」製作記者発表会 (撮影:竹内みちまろ、2015年7月4日、メディアゲートスタジオにて)


 21名のキャストによって繰り広げられる舞台版「てーきゅう 〜先輩とめぐりあう時間たち〜」の製作記者発表会が2015年7月4日、東京千代田区の秋葉原・メディアゲートスタジオにて開催され、出演者たちが意気込みを語った。

 同作は、テニス部に所属する女子高校生4人の日常を描くカオスな超高速ギャクアニメ「てーきゅう」の初の舞台化作品。

 文化祭の前夜、出し物にミュージカルを企画した4人の奮闘を描くストーリーの中で、押本ユリ役には『ラブライブ!サンシャイン!! 』の伊波杏樹を起用。高宮なすの役は、アニメ版「てーきゅう」に同役で出演の鳴海杏子。新庄かなえ役には、『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」』のヒロイン・高橋紗妃。坂東まりも役は、『舞台 天元突破グレンラガン』の柴小聖が務める。

 発表会では、演出・脚本の飯塚未生氏から、アニメでの見所である高速早回しのセリフの勢いを舞台上で再現しつつ、支離滅裂なギャクや、一発ギャクも取り入れ、「アニメだと2分間のものを100分間という尺で、余すところなく『てーきゅう』の世界観をお楽しみいただけるよう、しっかりと作り上げています」と同作の概要が説明された。

 伊波は、「愛のある突っ込みをたくさんお見せできるところがあると思いますので、そういったところに注目して頂けたらと思っています。絶賛、滑舌練習中でございます!」と気合十分の様子。「みんなで揃って頑張っていますので、そういった細かいところにも注目して頂きたいなと思っています。舞台ならではの迫力を、そして生のものというものを感じて頂けたらなと思っています」と意気込みを語った。

 同作が初舞台という鳴海は、プレッシャーはあるというものの、「アニメとは違った、生の人間が動いているという迫力や、アニメとは違うなすのを楽しんで頂けたらと思い、稽古に挑んでいます。とにかく、スピード感が必要なので、テンポよくやって面白い舞台を作り上げたいと思っています」と笑顔をみせた。

 アニメに続いて、舞台でも高宮なすのを演じることについては、「アニメで高宮なすのを知って下さった方も多いと思いますので、声のほうはイメージを変えないようになるべく高宮なすのそのままとしていけたらいいなというところはあるのですが、ちょっと高宮なすのらしからぬキャラクターになるときがあるので、そういうところでは、人間としての高宮なすのがそこにいるというふうに見て頂けるように演じられたらと思っています」とのこと。「なので、そこまで完璧に声を作ってやろうというふうには今は考えていないです。稽古が始まる前は、声だけは絶対に変えないでやろうと思っていたのですが、生身で動いてやりとりをしていると、どうしても気持ちが入り変わって来る部分もありますので、そこはあまり固執しないでやっていこうと思います」と、声に関して、稽古を初めてから心境に変化があったことを明かす一幕もあった。

 高橋は、「みんなで体当たりでずっとやっているところを生で見ていただきたいなと思っています」と見所に触れ、「稽古の最初に顔の運動もしています。遠くからだと見づらいかもしれないのですが、表情も全力で作っていくので、そういうところも細かく見て頂き、面白いものにしていきたいと思っています」と、こだわりを見せた。

 柴は、「坂東まりもちゃんは、元気で、きれいで、優しいのですが、好物がパンツというド変態という役です」と役柄を紹介し、「嫌いじゃないです!」と続けた。「目の前で動いているものほど力が伝わるものはないと思いますので、原作ファンの皆様にも舞台版『てーきゅう』を好きになってほしいなと思い、みんなで作り上げています。ぜひ、ぜひ、来て下さい」とメッセージを送った。

 また、舞台版の特徴として、原作やアニメには登場しないオリジナルキャラクターの存在があるとのこと。

 オリジナルキャラクターの一人・百合ヶ浜を演じる川畑早紀は、お正月の書初めで「天真爛漫」と書いたそうで、「私なりに天真爛漫に、不思議にできたらいいなと思います」と意気込みを語った。(竹内みちまろ)

公演名:舞台版 てーきゅう  〜先輩とめぐりあう時間たち〜
公式HP:http://te-kyu.mediagate21.jp/
日程:2015年7月29日(水)〜 8月2日(日)
劇場:日本芸術専門学校大森校劇場(東京都大田区山王2丁目12-13)
上演:
7/29(水)19:00開演
7/30(木)19:00開演
7/31(金)13:00開演/19:00開演
8/1(土)13:00開演/19:00開演
8/2(日)12:00開演/18:00開演
スタッフ:演出・脚本:飯塚未生
出演:伊波杏樹、高橋紗妃、鳴海杏子、柴小聖、高宗歩未、末永みゆ、彩川ひなの、倉持聖菜、中島由貴、山崎彩花、田口真美、三田ちとせ、穂波ゆき、藍田麻利衣、来栖梨紗、足立茜、川畑早紀、白石裕規、相良ただし、鈴木千畝
製作:「舞台版 てーきゅう」製作委員会
(C)ルーツ / Piyo / アース・スター エンターテイメント / 亀井戸高校テニス部

伊波杏樹

伊波杏樹 (撮影:竹内みちまろ、2015年7月4日、メディアゲートスタジオにて)


鳴海杏子

鳴海杏子 (撮影:竹内みちまろ、2015年7月4日、メディアゲートスタジオにて)


高橋紗妃

高橋紗妃 (撮影:竹内みちまろ、2015年7月4日、メディアゲートスタジオにて)


柴小聖

柴小聖 (撮影:竹内みちまろ、2015年7月4日、メディアゲートスタジオにて)


舞台版「てーきゅう」製作記者発表会

舞台版「てーきゅう」製作記者発表会 (撮影:竹内みちまろ、2015年7月4日、メディアゲートスタジオにて)


舞台版「てーきゅう」製作記者発表会

舞台版「てーきゅう」製作記者発表会 (撮影:竹内みちまろ、2015年7月4日、メディアゲートスタジオにて)


舞台版「てーきゅう」製作記者発表会

舞台版「てーきゅう」製作記者発表会 (撮影:竹内みちまろ、2015年7月4日、メディアゲートスタジオにて)


舞台版「てーきゅう」製作記者発表会

舞台版「てーきゅう」製作記者発表会 (撮影:竹内みちまろ、2015年7月4日、メディアゲートスタジオにて)




→ 「てーきゅう」が再び舞台化、中田美優・橋本瑠果・古橋舞悠らが意気込み!

→ 小松未可子&梅原裕一郎、新海誠『ほしのこえ』を「朗読×劇」で演じる

→ 花園直道、蒼井翔太、愛原実花らが魅せる舞台「春風外伝」がいよいよ開幕…希望という春風を!

ミニシアター通信