ミニシアター通信


コスプレパフォーマンスの魅力とは? アキコスで聞いてみた


2015年5月20日 23時30分 参照回数:



The Riceball Roll

The Riceball Roll (写真:竹内みちまろ、2015年5月18日、AKIBAドラッグ&カフェにて)


 アニメやゲームなどのキャラクターに扮したコスプレイヤーたちがステージ上でダンスや歌、寸劇、演舞などを繰り広げるコスプレパフォーマンスが東京・秋葉原で盛り上がっている。きっかけは、2015年1月に開催された地域振興イベント「アキバ大好き!祭り」のメインステージでコスプレパフォーマンスイベントが行われたこと。それが話題となり、有志により、3月から、メイドカフェ「AKIBAドラッグ&カフェ」(アキドラ)にて、コスプレパフォーマンスイベント「アキコス」が開催されるようになった。

 5月18日には3回目の「アキコス」がアキドラにて行われ、11組のコスプレパフォーマンスチームが熱狂のステージを繰り広げた。

 コスプレパフォーマーはどんな人たちで、コスプレパフォーマンスの魅力はどこにあるのか。

 アキコスでステージを終えた、「The Riceball Roll」と「μステproject」に話を聞いた。

 「The Riceball Roll」は結成後約半年のチームで、『進撃の巨人』から始め、アイドルなどの楽曲もやり、基本は、コメディの寸劇を行っているという。3人で活動しているが、1人が家の水道管が破裂したため休み、この日は、「暗殺教室」のコスプレで、せつなさん(潮田渚)とぱーるさん(赤羽業)の2人が出演。チームではコスプレパフォーマンスをしているが、各自がソロで役者やタレントなどもしているとのこと。

 ステージ上からお客さんの顔がよく見えたというせつなさんは、「お客さんがとても温かく、すごく楽しくパフォーマンスできました。みなさん笑顔で、拍手をしてくれたり、サイリウムを振ってくれた方もいました」とにっこり。

 「The Riceball Roll」は折り返し地点を過ぎた7組目に登場したが、ぱーるさんは、「10分休憩が終わった後の1番手で、会場の熱気が若干冷めて、みんなが冷静に見始めている頃でした。それで少し不安だったのですが、ファンの方が『ぱーる!』と名前を呼んでくれ、盛り上げて終わろうという気持ちになることができました。会場を盛り上げて終わることができてよかったです」と振り返った。

 そんな2人にコスプレパフォーマンスの魅力とは何かを聞いてみると、せつなさんは、「キャラに成りきって、キャラを演じられるという所が私は大好きです。アニメのキャラになってみたいという憧れはみんなあると思うのですが、そのキャラになって、さらにパフォーマンスができるって、素敵なことだと思います」と声を弾ませた。

 ぱーるさんは、「パフォーマンスの脚本などを考えていて感じるのは、このキャラクターにもし何々があったらどんな行動を取るのだろうとか、マンガにはない番外編を考えているようで、創作意欲が湧くところですかね」とコスプレパフォーマンスの楽しさを紹介。

 ただ、せつなさんは、「コスプレパフォーマンスは普段からしているのですが、発表できる場所が限られています。出す所が少ないというのが、う〜ん(困ったな)、という感じです。増えて欲しいです」とパフォーマンスを披露する機会の増加を熱望。ぱーるさんも、「コスプレパフォーマンスチームは結構な数があるのですが、トップがだいたい決まっていて、トップの人たちは引っ張りだこです。その引っ張りだこの中にThe Riceball Rollという新進気鋭のチームをぶち込みたいと思います。大人数のチームが光を浴びやすいのですが、3人などの少人数でもできることを証明したいです」と、コスプレパフォーマー界の状況と、意気込みを紹介した。

 9番手で出演した「μステproject」は、9月5日に東京・神田のMIFAにて「ラブライブ!」の歌って、踊ってのライブを9人で行うチーム。この日は、東雲唯月さん(南ことり)、さゆりさん(高坂穂乃果)、芹澤ゆきさん(小泉花陽)の3人が出演。



μステproject


μステproject (写真:竹内みちまろ、2015年5月18日、AKIBAドラッグ&カフェにて)


 東雲さんは、「このメンバーでやるのが初めてで、ドキドキしていたのですが、なんとかいったのでよかったなと思っています」とパフォーマンスを振り返った。

 さゆりさんは、「みなさん、盛り上がってくれて、温かくて、楽しくパフォーマンスできました!」と笑顔を浮かべ、この日が初パフォーマンスだったという芹澤さんは、「緊張したのですが、みんなコールなどをしてくれて、楽しくできました。4分くらいのステージでしたが、早かったです。あっという間という感じでした」とドキドキの初ステージを振り返った。

 「コスプレパフォーマンス」という言葉自体に、まだ聞き慣れないと感じる人も多いかもしれないが、海外では人気が高く、東京オリンピックを2020年に迎える日本でも今後、話題となるかもしれない。

 次回のアキコスは、6月22日にアキドラにて開催されるので、コスプレパフォーマンスイベントを生で体験してみたいという方は、アキコスに足を運んでみてはいかが。(竹内みちまろ)

The Riceball Roll


The Riceball Roll (写真:竹内みちまろ、2015年5月18日、AKIBAドラッグ&カフェにて)


The Riceball Roll

The Riceball Roll (写真:竹内みちまろ、2015年5月18日、AKIBAドラッグ&カフェにて)


The Riceball Roll

The Riceball Roll (写真:竹内みちまろ、2015年5月18日、AKIBAドラッグ&カフェにて)


The Riceball Roll

The Riceball Roll (写真:竹内みちまろ、2015年5月18日、AKIBAドラッグ&カフェにて)


The Riceball Roll


The Riceball Roll (写真:竹内みちまろ、2015年5月18日、AKIBAドラッグ&カフェにて)


μステproject

μステproject (写真:竹内みちまろ、2015年5月18日、AKIBAドラッグ&カフェにて)




μステproject (写真:竹内みちまろ、2015年5月18日、AKIBAドラッグ&カフェにて)



→ コスプレの魅力とは? アキコスで2.5次元透過フィルターLIVEユニット「Re:DIVA2.5」に聞いてみた


→ メイドカフェの店員ユニット「アキドラ コスプレ部」、「アキコス」で圧巻のコスプレパフォーマンス!


ミニシアター通信