本文へスキップ


仮面女子・窪田美沙&立花あんなが「法の日フェスタ」広報大使に、法務省広報室室長はファンの姿に感動を隠せず

2017年10月1日 21時40分 参照回数:

仮面女子の窪田美沙

仮面女子・窪田美沙、小柴直樹室長 (写真:竹内みちまろ、2017年10月1日、仮面女子カフェ)


 アイドルグループ・仮面女子の窪田美沙と立花あんなが2017年10月1日、法務省から「法の日フェスタ」広報大使に任命され、東京・秋葉原の仮面女子カフェにて同省大臣官房秘書課広報室の小柴直樹室長より委嘱状を受け取った。

 毎年10月1日の「法の日」は、国民に法の役割や重要性について考えてもらうきっかけとなるよう、最高裁判所、法務省及び日本弁護士連合会の共同の決議に基づきもうけられたもの。「法の日」である10月1日から1週間は「法の日週間」とされ、最高裁、法務省、最高検察庁、日本弁護士連合会の共催でイベントが開催される。最終日の10月7日には法務省が主催する「法の日フェスタ in 赤レンガ」が開催され、検察官による模擬取り調べ実演や、少年院教育プログラム体験など、体験型・参加型のイベントが実施され、仮面女子メンバーも参加する。

 立花の分も代理で委嘱状も受け取った窪田は、「広報大使に選んで頂き、仮面女子にとってもすごく自信に繋がります。たくさんの人に、法務省のよさと、法務省のお仕事の内容を知って頂けるように頑張ります」とにっこり。「たくさんの人に身近に感じてもらうように、広報大使を務めていきたいと思います」と意気込みを言葉にした。

 小柴室長は、立花と窪田の2人が先日開催された「こども霞が関見学デー」のイベントに参加しており、その際の2人の真摯で真剣な姿に感銘を受け、さらにアイドルとしての華やかなステージが日々の地道な努力の積み重ねによって成り立っている点と法務省の仕事の在り方に重なる点が多く、「今回、是非にとお願いした次第でございます」と広報大使の委嘱に至った経緯を説明。「法の日フェスタ in 赤レンガ」のイベントにも参加する2人に期待することとして、「華を添えるだけではなくて、大使として法務省の広報をするためのお手伝いを一緒にして頂きたいと思います」と期待を言葉にした。

 また、小柴室長は、仮面女子のライブにも出演し、お馴染みとなっているボートでの客席航海を体験した。小柴室長は「一生のうちでも、もう、絶対にありえないと思います」とライブ参加と客席航海が貴重な体験となったことを明かしていたが、「でも、毎年、大使を務めて頂けたら、また、来年も来るかもしれませんけど!」とリップサービスで報道陣を沸かせた。

 小柴室長はライブに参加した感想を尋ねられると、フロアーを埋め尽くしたファンの様子に感銘を受けたようで、「(ファンが)ものすごく真面目ですよね。真剣に、そしてルール通りに応援したり、掛け声を出したりしていました。ものすごくいいイベントに参加させて頂き、貴重な体験をさせて頂きました」と声を弾ませた。(竹内みちまろ)


→ 仮面女子・川村虹花、プロレスデビュー戦で大健闘! 次の夢は「勝つこと」





仮面女子・窪田美沙、小柴直樹室長 (写真:竹内みちまろ、2017年10月1日、仮面女子カフェ)



仮面女子・窪田美沙、小柴直樹室長 (写真:竹内みちまろ、2017年10月1日、仮面女子カフェ)



仮面女子・窪田美沙、小柴直樹室長 (写真:竹内みちまろ、2017年10月1日、仮面女子カフェ)



仮面女子・窪田美沙 (写真:竹内みちまろ、2017年10月1日、仮面女子カフェ)



仮面女子 (写真:竹内みちまろ、2017年10月1日、仮面女子カフェ)



仮面女子 (写真:竹内みちまろ、2017年10月1日、仮面女子カフェ)



仮面女子 (写真:竹内みちまろ、2017年10月1日、仮面女子カフェ)



仮面女子 (写真:竹内みちまろ、2017年10月1日、仮面女子カフェ)



仮面女子 (写真:竹内みちまろ、2017年10月1日、仮面女子カフェ)



仮面女子 (写真:竹内みちまろ、2017年10月1日、仮面女子カフェ)




→ 仮面女子・川村虹花、プロレスデビュー戦で大健闘! 次の夢は「勝つこと」



→ 大学生から仮面女子になった月野もあ「普通の女の子でも地下アイドルになれます!」



→ 仮面女子、なぜ仮面を被る? リーダー&センターインタビュー



東京アイドル通信







運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ) 


ミニシアター通信(TOP)