本文へスキップ


広沢麻衣が「私立ルドビコ女学院」の舞台「イバラヒメ」に意気込み、かつてない姿をお見せします!

2017年9月2日 22時30分 参照回数:

 広沢麻衣

広沢麻衣(写真:竹内みちまろ、2017年9月1日、中目黒ウッディシアターにて)


 アイドルグループ・バクステ外神田一丁目の広沢麻衣が出演する舞台「私立ルドビコ女学院vol.7泉莉奈卒業公演『イバラヒメ』」が2017年9月2日から6日まで、中目黒ウッディシアターにて上演。広沢が舞台に掛ける意気込みを語った。

 「私立ルドビコ女学院」(ルド女)は、観客を生徒に見立て、架空の女学園で巻き起こる物語を贈る劇団。登場人物を女子高生とシスターに限定し、女性キャストのみで深い世界観を構築。「私立ルドビコ女学院vol.7泉莉奈卒業公演『イバラヒメ』」では、「私立ルドビコ女学院」を旗揚げ前から支える生徒・泉莉奈(今吉めぐみ)が卒業する。

 「私立ルドビコ女学院」の舞台には、「アサルトリリィ×私立ルドビコ女学院vol.3『シュベスターの誓い』」(2017年3月)以来2回目の出演となる広沢は、「前回に共演させて頂いている方もいるので、お稽古も楽しくやらせて頂きました」と振り返った。「シリアスな部分がいっぱいあるのですが、笑いどころも満載です。私自身もやりながら笑いそうになっちゃうくらい面白いところもあって、初めての方も見やすい作品になっています」と紹介。「2回、3回と見て頂けると、より泣けるところがある作品になっています」とも。

 広沢は、高校1年生の西村美織を演じる。「演劇部に初めて入るので、楽しみで仕方がないという子です」といい、劇中劇では「これまでに私が見せたことのない姿をお見せします。応援して下さっている方は、きっと喜んでくださると思います!」と自信を覗かせた。

 この夏を振り返り、「TIFも出ましたし、稽古期間中に、バクステの公演で毎週のように大阪、名古屋、仙台などに行きました。体力的にはきつかったときもあったのですが、バクステの女の子と、ルド女の女の子は、同じ女の子なのですが目指しているところが別の場所だったりして、雰囲気が全然違います。バクステでも刺激を受けるのですが、バクステの外に出て、ルド女の女の子と一緒にいると違った刺激を受けます」

 2017年の夏も終わってしまうが、「残りの2017年のうちにやっておきたいことは?」と尋ねてみると、「プライベートで旅行に行きたいです」といい、「高校の友達と『沖縄に行こう』とずっと言っていたのですが、行けなくて。今年は『行くぞ!』と思って、さらに買えば行くかなと思って、初めてのビキニを買いました」と明かした。

 初めてのビキニは白を選んだそう。「ビキニを着たらビキニ姿をファンの方に見せてくれますか?」と質問すると「嫌です(笑)」と回答し、「ファンの方に見て頂くときは、グラビアとして見て頂きたいです」と目を輝かせた。

 ちなみに、ボディで自慢はウエストの細さ。「バクステの中でも、1、2を争うくらい細いと自分では思っています。かおたん(バクステの同期生・堀内華央理)とはスタイルのタイプが違い、手足はかおたんの方が細くて、トータルバランスはかおたんの方がぜんぜんよいのですが、お腹の細さだけは私の方が勝っています(笑)」と笑顔を弾けさせた。(竹内みちまろ)

詳細:私立ルドビコ女学院公式ホームページ



→ 上智大卒で4か国語堪能、バクステ堀内華央理が考えるアイドルとは?


東京アイドル通信


私立ルドビコ女学院vol.7泉莉奈卒業公演『イバラヒメ』

私立ルドビコ女学院vol.7泉莉奈卒業公演『イバラヒメ』

私立ルドビコ女学院vol.7泉莉奈卒業公演『イバラヒメ』

私立ルドビコ女学院vol.7泉莉奈卒業公演『イバラヒメ』

私立ルドビコ女学院vol.7泉莉奈卒業公演『イバラヒメ』

私立ルドビコ女学院vol.7泉莉奈卒業公演『イバラヒメ』

私立ルドビコ女学院vol.7泉莉奈卒業公演『イバラヒメ』

私立ルドビコ女学院vol.7泉莉奈卒業公演『イバラヒメ』(写真:竹内みちまろ、2017年9月1日、中目黒ウッディシアターにて)



→ 上智大卒で4か国語堪能、バクステ堀内華央理が考えるアイドルとは?


→ バクステの“自由人”佐藤栞はどんな女の子? 本音をインタビュー


→ アイドルの上下関係は厳しい? バクステ外神田一丁目の1期生と6期生に聞いてみた



東京アイドル通信








運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ) 






ミニシアター通信(TOP)