本文へスキップ


岩田華怜、卒業しても「48グループは家族」…八坂沙織・小林亜実らとガールズ演劇「バックインミレニアム」に意気込み

2017年7月31日 1時20分 参照回数:

 「バックインミレニアム」の製作発表会見

「バックインミレニアム」の製作発表会見(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

 演劇カンパニー「アリスインプロジェクト」の2017年8月公演「バックインミレニアム」の製作発表会見が2017年7月30日、東京・池袋のAcrovisionにて開催され、W主演の八坂沙織と小林亜実、特別出演の岩田華怜らキャスト陣が意気込みを語った。

 同作は、人気作品「ハイスクールミレニアム」のサイドストーリーで、上映中の演目の舞台袖で展開されるタイムスリップストーリー。オール女性キャストの36名が出演し、作・演出のボクラ団義 久保田唱氏が得意とする斬新な設定とロジカルでスピード感のある脚本、演出が冴えわたる。

【舞台「バックイン・ミレニアム」】
日程:2017年8月9日〜8月16日
公演:全14公演
劇場:新宿村LIVE
作・演出:久保田唱
出演:八坂沙織、小林亜実、菅沼もにか、ゆうの、針谷早織、舞川みやこ、芦原優愛、樫村みなみ、渡辺菜友、大友歩、平山空、岩田華怜、笹木ありさ、宮崎優衣、佐藤愛、佐藤琴乃、鈴木千夏、天音、シミズアスナ、星秀美、えのきさりな、薬師寺文、水野夏子、渡邊エリー、梶田翔子、西森じん、有本羽菜、南風姫、初鹿野菜月、熊倉彩乃、島崎未来、前園かえで、本田宇蘭、逢坂美月、鳥越ゆず、来栖仁愛
詳細:アリスインプロジェクト公式HP

 「バックイン・ミレニアム」は、女子高の演劇部が舞台「ハイスクール・ミレニアム」を上演しているという設定。、メインで焦点が当たるのは舞台袖の様子。「ハイスクール・ミレニアム」はタイムスリップを扱った物語だが、舞台袖でもタイムスリップが起こるそう。また、舞台が始まった瞬間から劇中劇となる「ハイスクール・ミレニアム」の上演も始まっており、久保田氏は「頭を空っぽにして見て頂けるのではないかなと思います」と自信をのぞかせた。

 W主演の八坂は、「私たちは、舞台監督さんが何をしているのかなどを当たり前に知っているのですが、そういうことを知って頂けたら、より舞台に対して興味を持って頂けるのではないかなと思います」と舞台の楽しみ方を紹介。「久保田さんがひとつ、ひとつ、丁寧に初舞台の子にも全員に演出して下さっていますので、私たちもしっかりと演じ切りたいと思っています」と意気込みを言葉に。

 八坂とW主演を務める小林は、「Wキャストで14公演ありますので、ぜひ、両方の作品を観て頂けたらと思います。舞台を作る人たちの話なので、舞台を知って頂くきっかけになったらいいなと思います」と声を弾ませた。

 W主演の2人には、作品内容にちなんで、「もし、過去か未来にタイムスリップできるとしたらどの時代に行きたい」との質問が飛んだ。

 八坂は「出来れば過去に行きたい」といい、「私は道を間違えたのは中学生くらいなので、中学生くらいですかね」とのこと。一方、小林は、「過去に行って、自分が生まれる前の、両親が出会った頃などを見てみたいなと思います。そういうことを聞くことはなかなかないじゃないですか。そういうものを見て家族愛を深めたいなと思います」と目を輝かせた。

 特別出演の岩田は、「女の子だけがこんなにたくさんいる舞台はすごく久しぶりです。AKB48にいた頃はずっとこんな環境で活動していたので、懐かしさもあります。女の子に囲まれてしまうとちょっと緊張してしまうのですが、いい匂いを嗅ぎながら日々、みなさんと一緒に切磋琢磨しています。ぜひ、本番を楽しみにしていてください」と意気込みを言葉に。

 48グループの卒業生で舞台に出演するメンバーが増えていることについては、「みんな、女優という職業に魅力を感じるのだなということは、同じ女優を目指している人間としては嬉しかったりもします」とコメント。「48グループ出身は、世間から見たらアイドル出身になるわけですし、私も今、本当に苦戦中なのですが、女優さんと認めてもらえるまで、“チーム48”のような感じで、みんなで一丸となって、『ただのアイドルではないのだよ!』というところを、場所は違えど、見せていけたらいいなと思ます」と力強く言葉に。「これから、もっと、もっと増えて行って、“元NGT48”などの子も出てくるかもしれないです。でも、私的には48グループは家族だと思っています。みんなが頑張っているから私も頑張ろうと思います。そういった関係はすごく素敵だなと思います」と目を輝かせた。(竹内みちまろ)



→ 「ガールズ演劇を世界へ」2020年東京五輪を見据えパイオニア・アリスインプロジェクトが会社化!


→ 菅沼もにか復帰、舞台への思いや将来の夢をインタビュー


東京アイドル通信



八坂沙織

八坂沙織(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

小林亜実

小林亜実(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

菅沼もにか

菅沼もにか(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

ゆうの

ゆうの(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

針谷早織

針谷早織(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

芦原優愛

芦原優愛(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

樫村みなみ

樫村みなみ(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

渡辺菜友

渡辺菜友(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

大友歩

大友歩(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

大友歩

大友歩(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

「バックインミレニアム」の製作発表会見

「バックインミレニアム」の製作発表会見(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

「バックインミレニアム」の製作発表会見

「バックインミレニアム」の製作発表会見(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

「バックインミレニアム」の製作発表会見

「バックインミレニアム」の製作発表会見(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)

「バックインミレニアム」の製作発表会見

「バックインミレニアム」の製作発表会見(写真:竹内みちまろ、2017年7月30日、Acrovisionにて)



→ 「ガールズ演劇を世界へ」2020年東京五輪を見据えパイオニア・アリスインプロジェクトが会社化!



→ 菅沼もにか復帰、舞台への思いや将来の夢をインタビュー



東京アイドル通信








運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ) 






ミニシアター通信(TOP)