本文へスキップ

エラバレシ、1stワンマンが大成功!ニューシングルリリースも発表

2017年5月13日 1時55分 参照回数:

エラバレシ

エラバレシ (写真:竹内みちまろ、2017年5月12日、TSUTAYA O-EASTにて)


 アイドルユニット「エラバレシ」が2017年5月12日、東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTにて、1stワンマンライブ「怪盗・ブラックキャッツ」を開催。この秋にニューシングル「怪盗・ブラックキャッツ」をリリースし、カップリング曲の新曲「GAL的LOVE(ギャルチックラブ)」がTVアニメ「はじめてのギャル」エンディングテーマに採用されることを発表した。

 「エラバレシ」は、東京・秋葉原のアイドル育成型エンターテイメントカフェ・AKIHABARAバックステージpassから生まれたメンバー固定のユニット(メンバーは朝倉ゆり、河合くるみ、神崎しほ、浜口藍子、針尾ありさ、松本ふうか、もえのあずきの7名)。

 会場は開演前から満員に膨れあがっており、メンバーたちは黒猫をイメージした「怪盗・ブラックキャッツ」の衣装で登場。1曲目の「怪盗・ブラックキャッツ」と2曲目の「ピコンでメタフィクション」を終えると会場が明るくなり、自己紹介のためにマイクを持った7人は、満員に膨れあがった会場の熱気に「すごい!」と声を揃えた。

 神崎は「今日はみんなの笑顔を頂きに来ました。たくさん笑顔を見せて下さい!」と、河合は「みなさんを夢中にさせるために今夜ここに来ました。ちょっぴりセクシーにがんばります!」と、朝倉は「みぃ〜んなのすべてを頂きに参りました!」と、針尾は「みんなの心を奪いに来ました!」と、浜口は「今日はみなさんの何かしらの一番を奪いに来ました!」と、もえのは「今日はみなさんのキュンキュンを奪いに来ました!」と、松本は「今日はみなさんの目線を全部奪いに来ましたよ〜!」と、7匹のブラックキャットとなったそれぞれが“盗みたいもの”を発表。3曲目の「青春クロニクル」からバクステ外神田一丁目の楽曲をメドレーで続けた。

 後半に入ると、「怪盗・ブラックキャッツ」が表題曲となるニューシングルをこの秋にリリースすることと、カップリング曲の「GAL的LOVE(ギャルチックラブ)」がTVアニメ「はじめてのギャル」エンディングテーマに採用されることが発表された。後半は、エラバレシの楽曲を中心に熱唱し、合計17曲をほぼノンストップで披露してファンを熱狂させた。

 アンコールを受けて再び舞台に立った7名。朝倉が「今日、来て下さったみなさんの顔は一生忘れません!」と感謝の気持ちを言葉にした。「怪盗・ブラックキャッツ」のあと、最後の曲となった「アイノフシギ」では会場がサイリウムのライトで染まり、朝倉が「みなさんの応援のおかげで、みんなのハートを頂くことができました!」と声を弾ませ、1stワンマンライブは熱狂のうちに幕を閉じた。

【メンバーコメント】

河合くるみ:すごく楽しいライブでした。このように集まってきて下さったみなさんは、これからもエラバレシと一緒にずっと進んでくれると思いますので、またワンマンライブができるように頑張りたいと思います。

神崎しほ:平日の金曜日にも関わらず、こんなにたくさんの方が来て頂いて、すごく盛り上がって頂きました。みなさんの顔が見えるのですが、たくさんの方の笑顔を見ることができて本当に嬉しかったです。

松本ふうか:私はこの日をすごく楽しみにしていました。ちょっと休養していたのですが、その間もずっと、このワンマンライブについて考えていました。みんなより体力が衰えていたらなど不安なことはたくさんあったのですが、そんなことはぜんぜんないくらい、楽しかったです。なんと、私は21歳最後のライブでした。いい思い出もできましたし、「これからもっといけるな!」というライブができたと思います。

浜口藍子:このように歌って踊れるのも応援して下さるみなさんのおかげです。続けることは難しかったりもするのですが、そういうこともぜんぜん気にならないくらい、みなさんがいてくれて日々活動ができています。みなさんにとっても、私達が元気になれる存在になれるようにこれからも、キラキラともっと輝き続けて行きたいと思いますので、楽しい時間を一緒に作っていきましょう。v

もえのあずき:みなさんのキュンキュンをたくさん頂きました。お腹いっぱいです。普段、エラバレシのリリースイベントなどに(スケジュールの関係で)欠席することが多くて、みんなに迷惑をかけたり、「もえあず、今日いなかったね」と言われることも多いのですが、メンバーのみんなが「7人揃ってのエラバレシだよ」と言ってくれることが本当に嬉しいです。これからもエラバレシになくてはならない存在でいたいですし、みなさんと、ずっと、ずっと一緒に、エラバレシの未来に突き進んでいきたいです。

針尾ありさ:ノンストップのライブだったと思うのですが、忙しい中、たくさんのみなさんが集まって下さって、メンバーも7人全員が集まってライブをすることができて、本当に楽しかったです。輝きの未来が見えた気がしました。

朝倉ゆり:最初にバクステ外神田一丁目の楽曲をやらせて頂いて、最後の方はエラバレシの楽曲をやらせて頂きました。新曲も2曲加わって、エラバレシはどんどん突き進んでいきたいなと思います。もし次が開催できるとすれば、ワガママかもしれませんが、エラバレシの楽曲のみでワンマンライブをやりたいなと思います。

エラバレシ

エラバレシ (写真:竹内みちまろ、2017年5月12日、TSUTAYA O-EASTにて)


エラバレシ

エラバレシ (写真:竹内みちまろ、2017年5月12日、TSUTAYA O-EASTにて)


エラバレシ

エラバレシ (写真:竹内みちまろ、2017年5月12日、TSUTAYA O-EASTにて)


エラバレシ

エラバレシ (写真:竹内みちまろ、2017年5月12日、TSUTAYA O-EASTにて)


エラバレシ

エラバレシ (写真:竹内みちまろ、2017年5月12日、TSUTAYA O-EASTにて)


エラバレシ

エラバレシ (写真:竹内みちまろ、2017年5月12日、TSUTAYA O-EASTにて)


エラバレシ

エラバレシ (写真:竹内みちまろ、2017年5月12日、TSUTAYA O-EASTにて)


エラバレシ

エラバレシ (写真:竹内みちまろ、2017年5月12日、TSUTAYA O-EASTにて)


 エラバレシ

エラバレシ (写真:竹内みちまろ、2017年5月12日、TSUTAYA O-EASTにて)


 エラバレシ

エラバレシ (写真:竹内みちまろ、2017年5月12日、TSUTAYA O-EASTにて)


 エラバレシ

エラバレシ (写真:竹内みちまろ、2017年5月12日、TSUTAYA O-EASTにて)




東京アイドル通信






運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ)