ユニドル、予選突破には何が必要? 明治大学Ameijing☆インタビュー


2016年12月25日 20時50分 参照回数:



Ameijing☆(明治大学)

Ameijing☆(明治大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)


 女子大生によるアイドルコピーダンスチームの日本一を決定するコンテスト「UNIDOL2016-17 Winter 関東予選」が2016年12月6日から8日まで、ライブハウス・新宿ReNYにて開催された。27大学37チームが出場し、各日の上位3チーム(合計9チーム)が、2017年2月16日に開催される決勝大会に駒を進めた。

 女子大生の間で盛り上がりを見せている「UNIDOL(ユニドル)」だが、回を重ねるごとに出場チーム数が増え続けている。決勝大会出場を狙う関東のチームはまず、関東予選突破を第1目標として活動に取り組む。

 関東予選突破のためにチームはどのような取り組みをしているのか。関東予選3日目(8日)に出場したAmeijing☆(明治大学)に聞いてみた。(インタビューは出場前に行ったが、Ameijing☆は関東予選3日目を2位通過し、決勝戦進出を決めた)

 Ameijing☆は、2015年4月にユニドルに出場するために有志が集まって結成されたサークル。ユニドルへの出場をサークルの第1目的とし、大学の学園祭をはじめとするイベントにも出演している。ユニドルの本大会に出場するのは昨年の夏と冬の大会、今年の夏の大会に続いて4回目。これまで、関東予選を突破した上で決勝戦に出場したことはない。

 Ameijing☆の今回の関東予選の目標は「ストレートに決勝に行くこと」。予選での優勝(=1位突破)を目指して練習を積んできた。特に、観客と一緒にステージを作り上げるために、観客が目の前にいる前提で目線の配り方や煽り方の練習を行った。表情を作るために、お互いが向かい合った状態で、お互いの顔を見ながら踊る練習を特に積んだそうだ。

 Ameijing☆は今回の予選には2年生と1年生の合計9名で出場。うち、結成メンバーである1期生の4人(まさこ、しおりんご、あゆみ、ゆっこ/全員2年生)は今回の大会をもってユニドルへの出場はラストとなる。ラストにした理由を聞いてみると、「Ameijing☆の1期生の中に1人だけ3年生がいました。その子が去年の夏の大会に予選だけ出場しました。決勝大会の敗者復活戦にはインターンなどがあって日程的に出場することができませんでした。その姿を見ていて、本気で出場できるのは今回が最後だと思いました。私達が3年生に進学してから迎える2017年の夏の大会に出場することもできますが、そのときは全力で出場することはできないと思いました。出場するなら全力でやりたかったので、1期生は、今回をラストにしました」と話してくれた。

 予選や敗者復活戦での敗退を繰り返すたびに、自分たちに足りないものは何なのかということを、ファミリーレストランなどを利用して、3時間から4時間ほど話し合ったりしたという。「何回か集まって話し合ったのですが、お客さんに向けてパフォーマンスができているかと言われると、私達のステージは、自分たちだけの世界で終わってしまっていたような気がしました。『決勝に行くチームは、外に向けたパフォーマンスができているのではないか』ということが私達の結論でした。私達は振り(=ダンス)を揃えることはできているのかもしれないけど、お客さんに向けたパフォーマンスが出来ているかと言われたら、出来ていませんでした。それで、決勝戦に行けなかったのではないかなと思いました」と聞かせてくれた。

 素朴な疑問として、「コピーダンスを競うのなら、ステージの上だけに集中すればよいのでは?」と尋ねてみた。「昔はそれでよかったのかもしれませんが、今の大会は、何かほかのチームよりも強いものがないと勝てないと思います」との回答が返ってきた。

 「ユニドルがコピーダンスの大会なら、極端な話、お客さんを入れないで大会を開催しても、サッカーの無観衆試合のように、審査員がジャッジをするだけで競技会としては成立するはずだと思いますが、ユニドルはそういう大会とはまた違ったものなのですか?」と聞いてみた。「ユニドルは大会なのですが、普通の女子大生がステージに立ってキラキラできるところもユニドルのいいところだと思います。それには、お客さんに盛り上がってもらってこそ成立すると思います」と答えてくれた。(インタビュー・文=竹内みちまろ)

【メンバーコメント】

まさこ(2年):Ameijing☆は去年の冬大会からずっと4位でした。今回は表彰式で名前を呼ばれるために頑張ってきました。その成果をステージにぶつけられたらいいなと思います。

あやちょ(1年):1期生がラストユニドルになるのですが、1期生と一緒に決勝のステージに行きたいので、私達2期生も負けないように頑張って、絶対にストレートで決勝で行けるようにパフォーマンスを頑張ります。

みっきぃ(2年):1期生のラストユニドルということもありますし、2期生も夏から大会に出場してきて、Fresh大会(初エントリーのチームもしくは既存チームの1年生のみが出場するUNIDOLの新人戦)に出たメンバーもいます。その経験をどれだけ活かせるのかということも掛かっていると思いますので、この大会を大事にして、絶対にストレートに決勝に行けるようなパフォーマンスをしたいと思います。

しおりんご(2年):今まで散々悔しい思いをしてきました。今大会がラストです。結果発表で名前を呼ばれるために頑張ってきましたので、みんなで力を合わせて絶対に決勝に行きたいです。

おもも(2年):今まで頑張ってきたことを全力でぶつけて、本番はみんなと楽しんで踊りたいです。頑張ります。

あゆみ(2年):1年半やって来たのですが、その集大成を見せつけたいなと思います。

いもこ(2年):2.5期生として一番最後に入って、みんなに色々と教えてもらいました。みんなの足を引っ張らないように頑張りたいです。

みこりん(1年):約1年間やってきたのですが、1期生のラストユニドルに相応しいパフォーマンスにするために2期生も頑張りたいと思います。

ゆっこ(2年):今までずっと悔しかったので、今日はその悔しさを忘れられるくらいのいいパフォーマンスをして、結果発表で名前を呼ばれたいなと思います。

【1期生から、Ameijing☆を支えてくれた人たちにメッセージ】

まさこ:Ameijing☆はいつも、4位、4位、4位……という感じで、ギリギリのところで名前を呼ばれませんでした。それでも、応援し続けて下さっている方たちがいます。ほんとうに感謝しています。今回はその方たちに恩返しができるようなステージにしたいと思っています。表彰式で名前を呼ばれることはもちろんですが、その人たちに恩返しができるようなパフォーマンスをするために今まで頑張ってきました。1時間後に本番なのですが、これからそれを見せられるように頑張りたいと思います。

しおりんご:初期のころはお客さんも私達のことをまったく知らなかったと思いますが、応援して下さる方がどんどん増えてきて、期待して下さったり、「頑張ってね」と声を掛けて下さったりしています。いつも応援して下さる方々の心に響くようなパフォーマンスがしたいです。感謝の気持ちをパフォーマンスで表すことができたら最高だなと思います。頑張ります。

あゆみ:やはり、「負ける」ということはすごく悔しいことです。何回も諦めたくなったり、止めたくなったりもしたのですが、回を追うごとに応援して下さる方が増えてきました。その方たちの温かい言葉に本当に何度も救われました。今日は、感謝の気持ちをパフォーマンスでお伝えしたいと思います。

ゆっこ:最初のころは誰も観てくれる方がいなかったのですが、今は、本当にたくさんの方が観て下さって、応援して下さります。だからこそ、私達はここまで来ることができたと思います。今日は、感謝の気持ちがみなさんに伝わればいいなと思います。


→ 「ユニドルの始め方」が分からない女子大生へ、実行委員からメッセージ


Ameijing☆(明治大学)

Ameijing☆(明治大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Ameijing☆(明治大学)

Ameijing☆(明治大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Ameijing☆(明治大学)

Ameijing☆(明治大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Ameijing☆(明治大学)

Ameijing☆(明治大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Ameijing☆(明治大学)

Ameijing☆(明治大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Ameijing☆(明治大学)

Ameijing☆(明治大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

quintet.(S大学)

quintet.(S大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

立教アイドル研究会(立教大学)

立教アイドル研究会(立教大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Sweet?Lily(S女子大学)

Sweet・Lily(S女子大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Like(桜美林大学)

Like(桜美林大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

MARRY(早稲田大学)

MARRY(早稲田大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Royal girls(実践女子大学)

Royal girls(実践女子大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

桃色プリンセス(日本女子大学)

桃色プリンセス(日本女子大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

ももキュン☆(早稲田大学)

ももキュン☆(早稲田大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

ももキュン☆(早稲田大学)

ももキュン☆(早稲田大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

ももキュン☆(早稲田大学)

ももキュン☆(早稲田大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

ももキュン☆(早稲田大学)

ももキュン☆(早稲田大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

ももキュン☆(早稲田大学)

ももキュン☆(早稲田大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Tomboys☆(東洋大学)

Tomboys☆(東洋大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Tomboys☆(東洋大学)

Tomboys☆(東洋大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Tomboys☆(東洋大学)

Tomboys☆(東洋大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Tomboys☆(東洋大学)

Tomboys☆(東洋大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

それからふくらむ可愛い頬を、(慶應義塾大学)

それからふくらむ可愛い頬を、(慶應義塾大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

それからふくらむ可愛い頬を、(慶應義塾大学)

それからふくらむ可愛い頬を、(慶應義塾大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Prismile(早稲田大学)

Prismile(早稲田大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Cheek(東京家政大学)

Cheek(東京家政大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

闇を抱えた女たち(日本大学)

闇を抱えた女たち(日本大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

SPH mellmuse(上智大学)

SPH mellmuse(上智大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

SPH mellmuse(上智大学)

SPH mellmuse(上智大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

SPH mellmuse(上智大学)

SPH mellmuse(上智大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

SADJD(江戸川大学)

SADJD(江戸川大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

Law・きゅ→ぶっ!(日本大学法学部)

Law・きゅ→ぶっ!(日本大学法学部) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

<BR> (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)<BR><BR><BR>

さよならモラトリアム(慶應義塾大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)

<BR> (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)<BR><BR><BR>

さよならモラトリアム(慶應義塾大学) (写真:竹内みちまろ、新宿ReNYにて)


→ 「ユニドルの始め方」が分からない女子大生へ、実行委員からメッセージ

→ “女子大生アイドル”って何? ユニドル優勝の明治大学「Copia」に聞いてみた

→ ユニドルってアイドルなの? Tomboys(東洋大学)に聞いてみた

→ 早稲田のユニドル「ももキュン」インタビュー、「アイドルごっこでしょ?」と言われて悔しかった

→ ユニドルは、「スクールアイドル」や「コスプレ」とどう違う?

→ ICUメルぽ、ユニドルは「ダンスが上手ければ勝てると思っていました」





ミニシアター通信