ミニシアター通信


ユニドルは、「スクールアイドル」や「コスプレ」とどう違う?


2016年11月7日 11時30分 参照回数:



とんじょるの。/東京女子大学

とんじょるの。/東京女子大学  (写真:竹内みちまろ、2016年10月20日、新宿ReNYにて)


 女子大生によるアイドルコピーダンスチームの日本一を決定するコンテスト「UNIDOL」(ユニドル)が、大学生の間で盛り上がりを見せている。しかし、普通の女子大生が“一夜限りのアイドル”としてステージに立つというユニドルは、結局は、コピーダンスの大会なのか、アイドルの大会なのか、あるいは、最近では、「ラブライブ!」に登場する「μ's」の楽曲のコピーなどをするチームも多いが、コスプレパフォーマンスの大会なのか、一般の人間には、何が何だかさっぱり分からない。

 そこで、2016年10月20日に、ユニドルの新人戦に当たる「UNIDOL2016 Fresh EAST/WEST」(2016年10月19日と20日/新宿ReNY/動員数3500人)の2日目(20日/WEST)に出場した「とんじょるの。」(東京女子大学)のメンバー7名(あかね、もみじ、まう、つっきー、いだも、きなこ、あやか)に、フリートーク形式で話を聞いた。

とんじょるの。/東京女子大学

とんじょるの。/東京女子大学  (写真:竹内みちまろ、2016年10月20日、新宿ReNYにて)

 とんじょるの。は、2016年4月に結成されたアイドルコピーダンスサークル。10人いるメンバーは全員、東京女子大学の学部生。ユニドルには、2016年の夏の大会から出場している。東京女子大学内での知名度は上がっているものの、「アイドルをやっているんだよね!」と声を掛けられることが多いそうだ。

ー東京女子大学の学生からは「東女のアイドルグループ」と勘違いされているそうですが、みなさんはどんなグループ?

 アイドルのダンスをコピーするグループです。ユニドルとアイドルの違いは、みんなには分かりにくいかもしれません。ユニドルは、アイドルへのリスペクトが前提だから、それがもっと浸透していけばいいなと思います。アイドルになりたくてユニドルをやっているわけではなくて、アイドルが好きで、好きなアイドルに近づきたいという思いがあって、みんなユニドルをやっているのだと思います。

ーユニドルはアイドルファンが行うファン活動の中のひとつの形態なのかもしれませんが、ユニドルをやる人の気持ちは、例えば、セーラームーンのファンが「セーラームーンに成りたい」と思ってセーラームーンのコスプレをする時の気持ちに近い?

 昔、コスプレをやっていました。コスプレイヤーは、キャラクターが好きでやっているわけですが、実際にキャラクターに成るわけではありません。成るわけではないけど、近づきたいという気持ちは似ているかもしれません。

ーコスプレはマンガやアニメという2次元の中にしか“正解”や“本家”が存在しえないキャラクターを対象としています。人間は、どうあっても「セーラームーン」に成ることはできません。ただ、いい悪いは別にして、現代社会では、「私たちはアイドルです」と宣言してしまえば、ある意味で、みなさんは、アイドルに成れるのでは?

 コスプレとユニドルが似ているのかどうかということは、質問されるまで考えたことがありませんでしたが、そう考えると、ユニドルの活動は、コスプレイヤーの活動とは違うのかもしれません。 

ーもし、「ラブライブ!」に登場する「スクールアイドル」が東京女子大学に出来たら、みなさんは、「スクールアイドル」になりたい?

 私は「ラブライブ!」が好きなのですが、スクールアイドルとなると曲も自分たちで作らなければいけなくなると思います。実際にスクールアイドルになれたら凄いなとは思うのですが、今でもみんなで衣装を作ったりと忙しいので、曲を自分たちで作るとかになると難しいと思います。

 また、スクールアイドルと私達は目指しているものが違うと思います。私達がユニドルに出場したいと思って「とんじょるの。」のメンバーになったときの動機と、アイドルになりたいという動機は絶対に違うものです。

 私達はアイドルが好きだからやっているだけです。同じ景色が見たいだけで、同じ土俵に立ちたいわけではありません。

 ユニドルでは、新宿ReNYや新木場Studio Coastをはじめとするステージを用意してもらうことができます。練習さえすれば結果がついてきます。ただ、アイドルとなると、どんなにかわいくても売れていない人がいるし、どんなに歌がうまくて、ダンスが上手でも売れない子がたくさんいます。私たちは、やればやっただけ結果が返ってくるので、そこはアイドルとは違うところです。

ー「とんじょるの。」は、東京女子大学の学生さんにとって、どんな存在になりたい?

 最も悩ましい質問です(笑) なかなか難しいのですが、ただ、「アイドルをやっているのだよね」と言われないようにはしたいです。「アイドルなんだよね! 凄いね! かわいいね!」とかではなくて、「ダンスよかったね」だったり、「いつも衣装を一生懸命作っているね」だったり、「ずっと、“ユニドルでの立ち位置”とかで悩んでいるよね」など、何でもいいのですが、ユニドルという大会自体と、私達のチームのことを正しく理解してもらったうえで、純粋に応援してもらいたいです。

 東女全体から応援してもらいたい……というと怖れ多いのですが、「とんじょるの。」は東女生だけでやっていますので、東京女子大学の人に応援してもらいたいという気持ちは強くあります。

(インタビュー・文=竹内みちまろ)



→ ユニドル、国内展開の次は海外進出か

→ ユニドル、予選突破には何が必要? 明治大学Ameijing☆インタビュー

→ ユニドル界の“問題児”東京女子大学「とんじょるの。」、お嬢様のイメージを壊したい!?

→ 「ユニドルの始め方」が分からない女子大生へ、実行委員からメッセージ

→ μ'sのコピーダンスチーム、ハイドルは「リアルラブライブ!」で検索



ミニシアター通信