ミニシアター通信


ミスiD2017、今年も様々な想いを乗せてグランプリ発表!


2016年10月29日 23時55分 参照回数:



牧原ゆゆ

牧原ゆゆさん (写真:竹内みちまろ、2016年10月29日、品川インターシティホールにて)


 新しいタイプの女の子を発掘するオーディション「ミスiD(アイドル)2017」のグランプリ発表イベントが2016年10月29日、品川インターシティホール(東京・港区)にて開催され、グランプリをはじめとする各賞が発表された。

 約3500の中からグランプリに選出されたのは17歳の武田杏香さん。最終面接に挑む前は、審査員はノーマークだったそうだが、最終面接にてアカペラの歌と芝居のひと場面を披露。審査員の一人であるシンガーソングライターの大森靖子からの依頼で、急きょ、ダンスも行った。結果、審査会議にて満場一致で文句なしのグランプリの栄冠に輝いた。武田さんは「グランプリというこの中では一番の賞をもらえて、少し自分に自信が付きました」と語り、「芸能界で頑張りたいなと思いました。音楽が好きなので音楽と、お婆ちゃんになるまでお芝居をやりたいなと思います」と希望に胸を膨らませた。

 イベントでは、武田さんを含む10名の「ミスiD2017」が発表された(武田杏香、藤田恵名、海乃、新谷姫加、Tomiko Claire、ふみ、牧原ゆゆ、杉本桃花、黒沢えりい、私。)。

 「ミスiD2017」に選出された牧原ゆゆさんは、ファイナリストスピーチでは、「自分の居場所を見つけても、だんだんと自分が知られていくことが怖くて、自分から最終的に独りぼっちを選んでしまうような人でした」とこれまでの自身の姿を回顧。「ミスiD2017」のオーディションに臨む中で、「でも、今回、こんなにもたくさんの人たちが本当の私のことを知って、応援してくれたり、今まで関わりを持っていた人たちも、私のことを知っても驚いたりしないで、今まで通りに接してくれました」と振り返った。感無量の様子で「この『今まで通り』が私にとって本当に嬉しくて、たくさん勇気をもらいました」と声を震わせた。涙を堪えながら、「これからは前を向いて一生懸命、進んで行きますので、これからも応援してくれたら嬉しいです。たくさんの勇気を本当にありがとうございました」と感謝の言葉を贈った。

 牧原さんは「ミスiD2017」のオーディションの経験を通して、「ネットの声ではなく私の口からたくさんのことをいっぱい発信していきたいと思うようになりました」といい、「これからは、もっと自分に自信を持って、もう一度、自分の人生を輝かせられるように頑張って進んで行きたいと思います」と笑顔を見せた。(竹内みちまろ)

武田杏香さん

武田杏香さん (写真:竹内みちまろ、2016年10月29日、品川インターシティホールにて)

→ 保紫萌香&菅本裕子が歓喜、ミスiD2016グランプリ発表!

→ ミスiDで“ミスターアイドル”が誕生? 深海誉さんが特別賞受賞

→ “日本一カワイイ新入生”が決定! 女子大生らのミスコンN-1GP2015

→ 日本一かわいいJKを選ぶ「女子高生ミスコン」、初代グランプリ決定!


ミニシアター通信