ミニシアター通信 > 東京アイドル通信


仮面女子、2作連続オリコン1位獲得を宣言! 2017年1月3日に新曲リリース


2016年10月21日 22時20分 参照回数:



仮面女子

仮面女子 (写真:竹内みちまろ、2016年10月21日、P.A.R.M.S.にて)


 地下アイドルグループ・仮面女子が2016年10月21日、活動拠点とする東京・秋葉原の劇場「P.A.R.M.S.」にてライブを行い、2017年1月3日に約2年ぶりとなる新曲をリリースし、同曲にて、オリコン週間シングルランキング1位を獲得すると宣言した。

 自らを“最強の地下アイドル”と名乗る仮面女子は、人気が急上昇した2014年には都内最大級のライブハウス・ZeppTokyoにて2回のワンマンライブを成功させた。2015年元日にはCD「元気種☆」をリリース。同曲は初週に13.2万枚を売り上げ、1月12日付のオリコン週間シングルランキング1位を獲得。インディーズレーベルの女性アーティストとしては史上初の快挙で、知名度を一気にアップさせた。2015年11月23日には、さいたまスーパーアリーナ(SSA)にて、「仮面女子ワンマンライブ〜地球のおへそ〜」を開催し、詰めかけた1万5000人のファンを熱狂させた。

 この日、劇場公演2部にて、仮面女子を構成するユニットのひとつ「スチームガールズ」の4周年記念ライブを行った仮面女子。

 リーダーの桜のどかは、マイクを持つと、「2017年1月3日、仮面女子、ニューシングルをリリースします」と語り始めた。続けて、「前作、『元気種☆』に引き続き、仮面女子は、今作で、2作連続オリコンウィークリーチャート1位を獲得させて頂きます」と宣言。

「2作連続オリコンウィークリーチャート1位は、インディーズレーベルでは史上2組目、女性アーティストでは史上初となります。私達、仮面女子のメンバーは、元々、大手のオーディションに落ちました。芸能界という世界で居場所をなくしたメンバーたちです。それでも、私たちは、地下アイドルとして毎日、少しずつ、ファンの方と一緒に自分の居場所を作ってきました。私自身、もう無理なのではないかなとか、今ここで諦めたらどんなに楽になるのだろうとか、負けそうになったことが何度もあります」と続けた。

「メンバーもそれぞれ、やりきれない思い、哀しい思い、数えきれないほどの悲しいことがあったと思います。それでも、隣を見れば仲間がいて、素晴らしい絆があって、いつでも一生懸命、自分のことみたいに応援してくれて、どんなに辛いこともメンバーと一緒に、何度も、何度も、乗り越えてきました」と声を震わせた。

「私達は、今ここにいるメンバーと活動内容を本当に誇りに思っています。そして、自信を持って言います。今、こうして仮面女子として一生懸命活動してきて、本当によかったなと。悔いることは何もありません。だから、宣言します。私たちは一生、地下アイドルです。地下アイドルとして革命を起こしたいと思います。2作連続オリコンウィークリーチャート1位を必ず、獲得させていただきます。そして、最強の地下アイドルとして、地下アイドルでも一生懸命やっていれば、2作連続1位を取れちゃうんだよということをみんなに示したいと思います」と呼び掛け、ファンから大声援を浴びた。(竹内みちまろ)


桜のどか/仮面女子

桜のどか/仮面女子 (写真:竹内みちまろ、2016年10月21日、P.A.R.M.S.にて)


→ 仮面女子、熱狂のさいたまスーパーアリーナ公演を開催!


→ 大学生から仮面女子になった月野もあ「普通の女の子でも地下アイドルになれます!」


→ 仮面女子、なぜ仮面を被る? リーダー&センターインタビュー


東京アイドル通信