ミニシアター通信 > 東京アイドル通信 >


ハイドル優勝のchouchou(シュシュ)、スクールアイドル「なってみたい」

2016年8月30日 0時20分 参照回数:



chouchou」(シュシュ)
chouchou」(シュシュ) (写真:竹内みちまろ、2016年8月28日、日本テレビタワー1F 大屋根広場 ルドルフとイッパイアッテナステージにて)


 女子高生によるアイドルコピーダンスコンテスト「Highdol 2016 〜夏休み〜 in 日テレ」が2016年8月28日、東京・汐留の日本テレビタワー1F 大屋根広場 ルドルフとイッパイアッテナステージにて開催され、16チームが出場。「chouchou」(シュシュ)が優勝し、「チームしゃちぽこ」が準優勝した。

 2回目の開催となるHighdol(ハイドル)は、普通の女子高生たちが1日だけスポットライトの下で輝くコンテスト。出場チーム数は、1年前に開催された初回大会の7組から16組に増え、各チームがMCタイムを含めた7分間の熱いパフォーマンスを披露。審査員による厳正な審査に来場者の投票を加えて、優勝チームが決定した。

 唯一の2年連続出場チームとなったシュシュは、「Angelic Angel」(μ's)、「RIVER」(AKB48)、「メロンジュース」(HKT48)の3曲でステージを構成。初回大会では審査員票1位を獲得するも来場者投票が伸び悩み総合3位という結果に終わったが、今回は、「1曲目でかわいいダンス、2曲目でかっこいいダンス、最後に盛り上がるダンスにしました。去年は会場の盛り上がりが足りなかったので、今回は盛り上がる曲を入れました」と笑顔を見せた。

 出場した16チームのうち11チームが出演メンバー全員が同じ学校の生徒で構成されるが、シュシュは、メンバー全員が同じ学校の生徒というチームではない。

 そんなシュシュに、「みなさんは、いわゆる『ラブライブ!』に登場する“スクールアイドル”のような存在ですか?」と尋ねてみると、「学校が一緒ではないので、学校では個人的にやっている感じです」とのこと。

 「『ラブライブ!』に登場する“スクールアイドル”のような存在になれるとしたら、なりたい?」と質問すると、「なりたい!」と声を揃え、「なってみたいね」、「なれたらいいなあ」と“スクールアイドル”への憧れを口にした。(竹内みちまろ)


→ 女子大生もメロメロ? 可愛くてキラキラな女子高生アイドルコピーダンス大会「Highdol」レポート|女子コラム

→ フリコピも大人気! 乃木坂46が女子高生に支持される理由とは?

→ μ'sのコピーダンスチーム、ハイドルは「リアルラブライブ!」で検索

→ 女子高生アイドルコピーダンス日本一決定戦「Highdol(ハイドル)」で7組が熱狂のパフォーマンス!

→ 「ユニドルの始め方」が分からない女子大生へ、実行委員からメッセージ





ミニシアター通信


Copyright(c)2016 mini theater tuushin. All Rights Reserved.