ミニシアター通信


広沢麻衣が舞台「カサブランカの、夢-NINPU2016-」で妊婦役に挑戦、バクステ外神田一丁目の今後にもコメント


2016年6月28日 23時00分 参照回数:



広沢麻衣

広沢麻衣 (写真:竹内みちまろ、2016年6月、都内にて)


 劇団「危婦人」による舞台「カサブランカの、夢-NINPU2016-」(作・演出:スギ タクミ)が2016年7月6日から10日まで、東京・下北沢駅前劇場にて上演される。とある産婦人科の母親学級を舞台に繰り広げられる妊婦と周囲の人たちの人間ドラマだ。

 同作で注目は、東京・秋葉原のアイドル育成型エンターテイメントカフェ「AKIHABARAバックステージpass」(バクステ)のアイドルキャストで、バクステのアイドルキャストで構成されるアイドルグループ「バクステ外神田一丁目」の人気メンバー・広沢麻衣(22歳)だ。

 広沢は、女優としては、第6回ラブストーリー映画祭で「観客賞」を受賞した「優しさと泪と」にて映画デビューを果たしているが、「カサブランカの、夢-NINPU2016-」では舞台初出演を飾る。

 都内の稽古場を訪れて、広沢に、舞台デビューの心境と、バクステ外神田一丁目にかける想いを聞いた。

 「カサブランカの、夢-NINPU2016-」にて広沢が演じるのは、産婦人科にやってきた16歳の女の子。妊娠3か月から臨月までを演じる。

 出演オファーを受けた際は、「妊婦役と聞いて、何もかもが『飛び越え過ぎている!』と思いました(爆)」と驚いたたそうだ。現在は、「電車やバスの中でも、妊婦さんに目が行くようになりました。今までは気に留めていなかったことにも何かを感じるようになりました。味覚が変わることについてのセリフがあるのですが、『そういうこともあるのだ』と考えたりしています」と役作りに励んでいるようだ。

 アイドルとしてはキュートな笑顔とキレキレのダンスが際立つ広沢だが、「結構、ツンツンしている役です」という。「言葉遣いはそこまでは悪くはないのですが、携帯をずっといじっていて、本当に今どきの女の子です。私とはちょっと違う感じの子なので、『いつもと違う!』と思って頂けるのではないかなと思います」とにっこり。

 ちなみに、6年前の16歳だった広沢は、「アルバイトをして、ダンス部で踊ってという普通の高校生活をしていました。6年後に自分がアイドルになっているとは思ってもいなかったのですが、人前で踊ることが好きでした。カッコイイダンスが大好きで、楽しく、ゴリゴリ踊っていました(笑)」と回顧。

「舞台初出演で、たくさんの方が『楽しみにしているよ!』と言って下さります。そういう方々の期待に応えられるような演技をしたいなと思います。映像と違う舞台のよさがあると思いますので、とにかく今は、セリフを覚えたり、動いたりと必死に稽古しています。共演のみなさんは大先輩の役者さん達ばかりですので、足を引っ張らないようにと思っているのですが、演じることがすごく楽しいので、みなさんに『楽しくやっているのだな』というところを見て頂きたいです」とメッセージを送った。

 ***

 バクステ外神田一丁目の1期生としてアイドルのキャリアをスタートさせた広沢は、「5年前にバクステのオーディションに合格した時は、夢と希望しかありませんでした。5年間で様々な経験をして、色々なことを経験しました。楽しいことだけでなく悔しいことや辛いこともたくさんあったのですが、それがあるから今があって、今の私があるのはバクステのおかげです」とグループへの愛を言葉に。

 「バクステで活動を始めた当初は、内気な性格で、自分から前に出ることができませんでした」と振り返った。続けて、「ただ、周りの1期生には芸能活動の経験がある子たちもいて、そういう子とかを見ているうちに、『前に出られないなんて言っていられない。人に譲っていたら順番なんて来ないし、チャンスは自分で掴まなきゃ』と思いました」と変化が訪れたことを明かした。

 「バクステに入った当初から変わらないのは、『何があっても絶対に諦めない』という気持ちです。なので、夢に向かって突っ走っていきたいと思います」と心境を語った。

 バクステ外神田一丁目は、2015年12月10日に都内のライブハウス・Zepp Tokyoにて、4周年記念公演を開催。異例のWアンコールが沸き起こる盛況ぶりだった。ライブでは、広沢は最後のあいさつを行った後、Wアンコールを受けて再びマイクを握り、詰め掛けたファンへ感謝の気持ちを伝えた。

「あの時は色々な感情で胸がいっぱいだったのですが、観に来て下さった方の笑顔が本当によく見えました。みなさんが笑顔になってくれている姿を見ると、この仕事をやっていてよかったと思いますので、本当に幸せな時間でした」と振り返った。「でも、もちろん、嬉しい気持ちもあったのですが、これで満足できないといいますか、もっとたくさんのみなさんの笑顔が見たいし、もっともっとたくさんの人に元気を届けたい」とも。

「世間では、“今は、3人に1人がアイドルになれる時代”と言われているそうです。そのくらいたくさんのアイドルさんがいらっしゃる中で、バクステ外神田一丁目を好きになって頂いて、広沢麻衣を好きになって頂けていることってすごいことだと思います。だからこそ、私達を見つけて下さった方々と、もっとたくさんの場所でたくさんの時間を過ごしたいと思います」と現在の胸中も言葉にした。

 現在のバクステ外神田一丁目については、「まだまだ行けると思っています。4周年記念ライブをZepp TOKYOさんでやらせて頂いたりなど、会場がどんどん大きくなっているのはすごく嬉しいです。プロデューサーさん(=ファン)も3万人を越え、たくさんの方が私達のことを知っていて下さっています。でも、もっと、バクステ外神田一丁目の楽曲を届けたいと思います。本当に素敵な曲ばかりなので」と更なる躍進に期待を寄せる。

「楽曲のよさがまだまだ伝わらないのは、私達のパフォーマンス力が足りないからだと思います。まだまだ、磨くべきところがたくさんあると思います。また、メンバーに新しい仕事が決まったりすると私達も感化されて、『自分ももっとやらなきゃ』と思います。そういう子がもっと増えたら、バクステ外神田一丁目には色々な個性を持ったメンバーがたくさんいるので、グループとしても、もっと強くなると思います」と目を輝かせた。

 そんな広沢に、「広沢さんがリーダーシップを発揮してグループとしてのバクステ外神田一丁目を改革する予定は?」と質問を向けてみた。「ええー(笑) 私はリーダーシップを発揮しようとは思わないのですけど(笑) ただ、『そういう立場では?』とは言われます(笑)」と謙遜気味に照れていた。

 バクステ外神田一丁目の今後については、「個性がある子が集まっているので、ひとり、ひとりを知ってもらって、『人数が多いだけじゃないぞ!』ということを分かってもらいたいです。素敵な楽曲がたくさんありますので、その楽曲もより多くの人に伝えていきたいです。大食いアイドルのもえのあずきちゃんがテレビにたくさん出ていることによって、バクステに来て下さる方が増えています。『もえあずに続け』ではないのですが、個々のメンバーが活動の幅も広げながら、エンターテイメントに優れたグループになっていきたいです」と声を弾ませた。

 現在、舞台の稽古とツアーのリハーサルを同時に行っている広沢は、「今年は、特に毎日が早くて、時間が空いても、体を動かしに行ったり、美容院に行ったりしています。それはすごく素敵なことだと思います。2年前の私だったら、時間が空いたら、家でドラマを見たり、のんびりしたりしていました」と充実した毎日を過ごしている様子だ。

 「たくさんのアイドルさんがいる中で、バクステ外神田一丁目のことを好きになってくださり、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。そんなみなさんをもっと、もっと楽しく、そして幸せにできるように、そして、みなさんをもっと大きな会場へ連れて行けるように、成長していきたいと思います。これからもずっと応援して下さい!」とメッセージを送った。(インタビュー・文=竹内みちまろ/取材協力=危婦人)

【公演概要】

危婦人「カサブランカの、夢 〜NINPU 2016〜」
作・演出:スギ タクミ
日時:7月6日〜7月10日
場所:下北沢駅前劇場(〒155-0031東京都世田谷区北沢2-11-8TAROビル3F)
出演:ウチクリ内倉(ツラヌキ怪賊団)、村田綾、船戸慎士(Studio Life)、迫真由美(ネコ脱出)、伊丹孝利(宇宙食堂)、丹野晶子(ロリータ男爵)、β(WAHAHA本舗)、田中惇之(MA-SPANKY)、森田桂介(にゃんたぶぅ)、升ノゾミ、サムタイムズ 井上彩輝(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、平松里紗、広沢麻衣(バクステ外神田一丁目、佐々木彩(good morning N゜5 / 碗)、久保田南美(good morning N゜5)
特設サイト:http://www.kifujin.net/casablanca/index.html
Twitter:https://twitter.com/sugifujin



→ 上智大卒で4か国語堪能、バクステ堀内華央理が考えるアイドルとは?


広沢麻衣

広沢麻衣 (写真:竹内みちまろ、2016年6月、都内にて)

稽古場にて

稽古場にて (写真:竹内みちまろ、2016年6月、都内にて)

稽古場にて

稽古場にて (写真:竹内みちまろ、2016年6月、都内にて)

稽古場にて

稽古場にて (写真:竹内みちまろ、2016年6月、都内にて)

稽古場にて

稽古場にて (写真:竹内みちまろ、2016年6月、都内にて)



稽古場にて (写真:竹内みちまろ、2016年6月、都内にて)

稽古場にて

稽古場にて (写真:竹内みちまろ、2016年6月、都内にて)

稽古場にて

稽古場にて (写真:竹内みちまろ、2016年6月、都内にて)

稽古場にて

稽古場にて (写真:竹内みちまろ、2016年6月、都内にて)


→ 七海とろろ「アイドルはプロの職業」…誰でも成れるわけじゃない!

→ 上智大卒で4か国語堪能、バクステ堀内華央理が考えるアイドルとは?

→ バクステの“自由人”佐藤栞はどんな女の子?

→ 舞台初出演の寿春歌、バクステに掛ける思いとは?

→ 弘松菜摘に直球で質問「アイドルは何歳まで続ける?」

→ アイドルの上下関係は厳しい? バクステ外神田一丁目の1期生と6期生に聞いてみた

→ バクステ外神田一丁目、5周年ライブを開催…年間1位の松本ふうかがソロパフォーマンス!





ミニシアター通信