ミニシアター通信 > 東京アイドル通信


17歳の松浦美帆さん、「第1回KiRA KIRA GIRLSオーディション」グランプリ!


2016年5月28日 21時40分 参照回数:



松浦美帆

松浦美帆さん (提供写真) (C)2016 SANRIO CO, LTD.


 サンリオピューロランドと芸能プロダクション・スペースクラフトが共催で行った「第1回KiRA KIRA GIRLSオーディション・ファイナル審査」が2016年5月28日、東京・サンリオピューロランドにて開催され、高校2年生の松浦美帆さん(まつうらみほ/17/静岡県)がグランプリに輝いた。

 同オーディションは、12歳から19歳の女性を対象としたもので、グランプリ受賞者にはスペースクラフトのモデル部門への所属権が、準グランプリは所属交渉権が与えられる。

 2016年3月19日から21日までの3日間に渡って開催された1次審査では、応募総数307人の中から、33名のファイナリストが最終審査に進み、18名が出席。名前、年齢、好きなサンリオキャラクターを答えた後、ダンスや歌を披露したり、意気込みを熱く語るなど、持ち時間が少ない中、審査員に目いっぱい自己アピールをした。

 応援に来た家族・友だちからの声援が飛ぶ中、ミュージカルのワンシーンを感情のこもったセリフから歌や、キレッキレの空手の型、ダンス、サンリオピューロランドのパレードのワンシーンなど、思い思いのパフォーマンスを披露し会場から温かい拍手がおこった。

 審査結果が出るまでの間、ハローキティの歌のパフォーマンスがあり結果発表。「審査員特別賞」1名、「DHCエクストリームBeauty賞」1名、「ニューエラ賞」1名、「読売中高生新聞賞」1名、「準グランプリ」1名、「グランプリ」1名の6名が発表された。

 各部門賞が発表され、いよいよ「グランプリ」の発表となった。「エントリーナンバー15番・松浦美帆さん」と名前を呼ばれると、先に「ニューエラ賞」を受賞し壇上にいた松浦さんは、まさか自分の名前が2度呼ばれるとは思っていなかったようで、呆然と立ち尽くしたまま。隣にいたキティちゃんに肩を叩かれても、まだ何が起きているのかわからない様子。暫くしてから、ようやく自分がグランプリを獲得したんだと分かると、ただただ驚くばかりの初々しいリアクション。

 現在の心境を聞かれると、「すごいビックリしてます…」というのがやっと。授賞式が終わった後のインタビューでも、「全然、実感なくて何が何だかよく分かってないです」と、頭の中が真っ白な状態。記者から、「芸能事務所に入れるんですが、目標は?」と聞かれても、「まだ、何が何だかよく分かってないんですけど、自分にできることは頑張っていきたい」と答えるのが精いっぱいの様子だった。

 たまたま、サンリオピューロランドに遊びに来てて声かけられて応募したそうで、それから約2ヶ月後にまさか自分がグランプリを獲得し、芸能界へデビューできる可能性が広がる幸運が舞い込むとは、夢にも思っていなかったようだ。

 「173センチと背が高いですけど、モデルさんとか?」と質問されても「将来的にも、まだ全然わかんないんですけど、頑張ります」と、芸能界入りの可能性をまったく想像していなかったようだ。

【受賞者一覧】

グランプリ:松浦美帆(まつうらみほ、17/静岡県)
準グランプリ:諸橋沙夏(もろはしさな、19/神奈川県)
読売中高生新聞賞:村山優香(むらやまゆうか、13/東京都)
ニューエラ賞:松浦美帆(まつうらみほ、17/静岡県)
DHCエクストリームBeauty賞:小太刀瑞姫(こだちみずき、20/東京都)
審査員特別賞:中澤空花(なかざわそな、12/東京都)


松浦美帆

松浦美帆さん (提供写真) (C)2016 SANRIO CO, LTD.

左から中澤空花ちゃん、小太刀瑞姫さん、松浦美帆さん、諸橋沙夏さん、村山優香ちゃん

左から中澤空花ちゃん、小太刀瑞姫さん、松浦美帆さん、諸橋沙夏さん、村山優香ちゃん (提供写真) (C)2016 SANRIO CO, LTD.



→ 日本一かわいいJKを選ぶ「女子高生ミスコン」、初代グランプリ決定!


→ 滋賀県の14歳中学2年生・八木莉可子さん、「THE NEXT」でグランプリ受賞!


→ 青学の山賀琴子さん、「ミスオブミス」コンテストでグランプリ


東京アイドル通信