ミニシアター通信 > 東京アイドル通信


「新・幕末純情伝」松井玲奈、アクションでも「あっと驚いてもらえるように」


2016年5月19日 1時20分 参照回数:



松井玲奈

松井玲奈 (写真:竹内みちまろ、2016年5月18日、AmebaFRESH!Studio)


 つかこうへい七回忌特別公演・舞台「新・幕末純情伝」(6月23日から)の制作発表会が2016年5月18日、東京・原宿のAmebaFRESH!Studioにて開催され、女優の松井玲奈、石田明(NON STYLE)、細貝圭、早乙女友貴、味方良介、荒井敦史(D-BOYS)、伊達暁(阿佐ヶ谷スパイダース)、永田彬、演出の岡村俊一が出席した。

 同作は、幕末の京都を舞台に、新撰組の沖田総司が実は女だったという、つかこうへいのユニークな着想のもと、1989年8月にPARCO劇場にて幕を上げた。以来、愛され続けている人気作品。

 今回、九代目として沖田総司をSKE48卒業後に女優として活躍する松井玲奈が演じる。松井玲奈演じる沖田総司の相手役、坂本龍馬には石田明(NON STYLE)。舞台を中心に大活躍中の細貝、早乙女、味方をはじめ、荒井、伊達など豪華キャストが集結した。

 これまで、広末涼子、石原さとみ、桐谷美玲らが務めてきた沖田総司役に抜擢された松井は、「舞台の素敵なところはライブ感といいますか、生でお芝居が行われていくところ。ステージの上から観ている方にどれだけの熱を届けることができるのかというところが一番大事だと思っていますので、稽古の中でもエネルギーだったり、熱をたくさん貯め込んで、それを全部、本番の舞台の上で、お客様に向かってぶつけていけたらいいなと思っています」と意気込み。

 殺陣の稽古も1人で始めているそうだ。「私自身、舞台がとても好きなので、自分の一番好きなステージに立てるということを楽しみにしています。今回はアクションもあるので、そこで皆さんに、あっと驚いてもらえるように頑張って行きたいなと思います」と目を輝かせた。

 舞台では相手役の石田とのラブシーンもあるという。意気込みを尋ねられると、「意気込んでもどうしようもないので(笑)」と返答に困ってしまった様子だった。(竹内みちまろ)


→ SKE48松井玲奈、TIFに最後の出演「楽しかったです!」


松井玲奈、石田明

松井玲奈、石田明 (写真:竹内みちまろ、2016年5月18日、AmebaFRESH!Studio)

「新・幕末純情伝」

「新・幕末純情伝」 (写真:竹内みちまろ、2016年5月18日、AmebaFRESH!Studio)


→ SKE48松井玲奈、TIFに最後の出演「楽しかったです!」


→ SKE48古畑奈和、再開したAKB握手会では「古畑ジャンプ封印」も次の手はある!?


→ 大島優子&指原莉乃&渡辺麻友の新旧3女王が「ぱちんこAKB48バラの儀式公演」ライブで3連続センターを披露


東京アイドル通信