ミニシアター通信 > 東京アイドル通信 >


欅坂46、圧巻のパフォーマンスで“GirlsAwardデビュー”!


2016年4月10日 0時10分 参照回数:



欅坂46
欅坂46 (写真:竹内みちまろ、2016年4月9日、国立代々木競技場第一体育館)


 今月6日にシングル「サイレントマジョリティー」でデビューしたアイドルグループ・欅坂46が2016年4月9日、東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催された国内最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward 2016 SPRING/SUMMER」に出演し、圧巻のパフォーマンスで会場を熱狂させた。

 場内が暗くなり、スクリーンに「欅坂46」の文字が表示されると大歓声が沸き上がり、サイリウムが振られた。ランウェイ先頭にスタンバイしていたメンバーの今泉佑唯と小林由依によるユニット“ゆいちゃんず”の「渋谷川」でライブはスタート。

 “ゆいちゃんず”の2人が「欅坂46!」と声を揃えてグループを紹介し、「overtune」を挟んで、楽曲性やダンス、インパクトのある表情などで話題の「サイレントマジョリティー」が始まった。会場はさらにヒートアップ。欅坂46のメンバーは堂々としたパフォーマンスを披露し、ファンを熱狂させた。

 MCでは、センターの平手友梨奈が「今、聴いて頂いた『サイレントマジョリティー』という楽曲で4月6日にデビューを迎えることができました。まだまだ新人の私たちですが一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします」とあいさつ。

 続く楽曲は、「サイレントマジョリティー」とは雰囲気が変わる「手を繋いで帰ろうか」。2人ずつランウェイ先頭まで歩いて、思い思いのポージングに挑戦し、初々しいパフォーマンスで魅了した。

 “お姉さん格”となる乃木坂46は、ライブパフォーマンスを行うアーティストグループやランウェイに出演するモデルとしてファッション&音楽イベントでは既に常連となっており、欅坂46もこの日、初出演となるGirlsAwardにて温かい雰囲気の中で迎えられた。欅坂46が今後、どう成長し、どんな活躍を見せてくれるのかに注目した。(竹内みちまろ)

→ 欅坂46、初々しくCM撮影秘話を告白





ミニシアター通信


Copyright(c)2016 mini theater tuushin. All Rights Reserved.