ミニシアター通信 > 東京アイドル通信


川栄李奈、AKB48時代からの友情を語る「今でも仲良しです」


2016年2月6日 19時50分 参照回数:



川栄李奈、デヴィ夫人

川栄李奈、デヴィ夫人 (写真:竹内みちまろ、2016年1月18日、Wink2スタジオ)


 女優の川栄李奈が2016年2月6日、東京・渋谷区のWink2スタジオにて、声優を担当するアニメーション映画「プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ」(3月12日公開)の公開アフレコイベントにタレントのデヴィ夫人と出席し、AKB48時代から続く友情について語った。

 同作は、現在テレビ東京系で放送中のアニメ「プリパラ」の最新映画。川栄はメインキャラクターであるファルルの妹的存在「ミニファルル」と「川栄ジェンヌ」の2役を演じる。

 映画としては同作で声優初挑戦となる川栄は、「子どもたちにも大人気ですし、この作品に声優で挑戦させていただけて、とても光栄です」と心境を紹介。今後も声優活動に「ぜひ、挑戦したいと思います」と目を輝かせた。「友達との絆だったり、仲間との団結力だったり、本当に小さい子にたくさん見て欲しいなと思います」と見所を紹介した。

 同作のキャッチフレーズ「アイドルたちの友情がキセキをおこす!」に絡めて、AKB48時代に「友情はあったのですか?」と質問されると「めちゃくちゃありました!」と回答。「ダンスができなかったりしたら、残って付き合ってくれたりとか、風邪を引いたら、お家(うち)まで来てくれて。その子に逆に移しちゃうとかもあったのですが(笑)」とにっこり。「本当に仲良しだったので。今でも仲良しです」と現在も友情が続いていることを明かした。風邪を移してしまったことは「ダメでしたね」と反省するも、「でも、そこも友情かな(笑)」と茶目っ気たっぷりに笑顔を弾けさせた。(竹内みちまろ)



川栄李奈、デヴィ夫人

川栄李奈、デヴィ夫人 (写真:竹内みちまろ、2016年1月18日、Wink2スタジオ)


→ 川栄李奈、初舞台「AZUMI 幕末編」で絶賛の嵐


→ 高橋みなみ、少しずつでも前に進みたい!「DOCUMENTARY of AKB48」舞台挨拶


ミニシアター通信


































 










【関連記事】
川栄李奈、初舞台「AZUMI 幕末編」で絶賛の嵐
SKE48の15歳・江籠裕奈の発言を宮澤佐江らが絶賛「アイドルとしてパーフェクト」
HKT48・指原莉乃、田島芽瑠&朝長美桜から絶賛され動揺?「なに、この…」
高橋みなみ、少しずつでも前に進みたい!「DOCUMENTARY of AKB48」舞台挨拶