ミニシアター通信


ミスFLASH2016・川崎あや、くびれ美ボディを作る秘訣とは?


2016年1月12日 19時30分 参照回数:



川崎あや、あべみほ

川崎あや、あべみほ (写真:竹内みちまろ、2016年1月11日、ニッポン放送Imagineスタジオ)


 グラビアアイドルオーディション「ミスFLASH2016」の発表記者会見が2016年1月11日、ニッポン放送Imagineスタジオ(東京・有楽町)にて開催され、グランプリを獲得した川崎あや(25)、豊田瀬里奈(25)、中野杏(あんず・20)がお披露目された。

 10年目を迎えた「ミスFLASH」は、グラビアアイドルの登竜門として定着し、多数の人気グラビアアイドルを輩出している。今年は、約500通の応募があり、3人がグランプリを勝ち取った。

 ウェスト54センチという美ボディの川崎は、レースクイーンをはじめ、テレビ、映画などでも活躍する。お披露目イベントで行われたフォトセッションでは、キュートなポーズを連発し、ストロボの光を大量に浴びた。

 イベンド終了後、川崎に話を聞き、美ボディの秘密に迫った。

−昔から今の体型だった?

 昔からお腹にはお肉がつかなくて、中学生の頃からこの体型です。

−体脂肪率は?

 計ったことがないです。

−くびれ美ボディを作る秘訣は?

 お腹に力を入れて笑うことです。私は、中学生のときのあだ名が「笑い」だったので(笑) また、ぜんそくでずっと咳をしていたので、それで腹筋が鍛えらえました。

−ミスFLASH2016として、どんなグラビア作品を作って行きたい?

 今までは、女の子らしいかわいい作品を追及していたのですが、グラビアはきれいとか、色っぽいところを求められます。今年は25歳になったので、色っぽさを出して行けたらなと思います。

−ファンの方にメッセージを

 みんなにはすごく感謝しています。辛いときは支えてくれて、くよくよしている時は、『落ち込むなよ』って喝を入れてくれたり、普段友達にも相談できないようなことを聞いてもらったりなど、本当に心の支えになってくれていました。ミスFLASHのオーディションは終わりましたけれど、まだまだこれからも離れないでいてほしいなと思います。

 会見では、「ミスFLASHが10年目ということで、先輩たちが作り上げてきたものを壊さないよう、3人で一生懸命頑張って行きたいと思いますので応援をよろしくお願いします」とあいさつをした川崎。くびれ美ボディを武器にグラビア界でどんな旋風を巻き起こすのかに注目したい。

(インタビュー・文=竹内みちまろ)


→ 中野杏、初オーディションで「ミスFLASH2016」に輝いた20歳の素顔

→ ハロヲタ豊田瀬里奈、ミスFLASHで「ヲタクの方に勇気を与えたい」

→ グラドルが店員の常設店舗「発掘!グラドル文化祭」が秋葉原にオープン!

→ 女子も憧れちゃう東京パフォーマンスドールのスタイルの良さ! 圧巻の渋谷O-Eastワンマンライブをみた!



ミニシアター通信