ミニシアター通信


ユニドル2015-16関東予選2日目、上智・早稲田・東大の3チームが本選出場権を獲得


2015年12月17日 14時50分 参照回数:



SPH mellmuse/上智大学

SPH mellmuse/上智大学 (オフィシャル提供写真)


 女子大生によるアイドルコピーダンスサークル日本一を決定する「UNIDOL(ユニドル)2015-16Winter」の関東予選(2日目)が2015年12月8日、東京・新宿ReNYにて開催され、8チームが出場し、1位「SPH mellmuse」(上智大学)、2位の「ひまわりタイム!」(早稲田大学)、3位の「東大Honeypot」(東京大学)がユニドル決勝戦(2016年2月15日)への出場権を獲得した。

 ユニドルとは、日本で唯一の女子大生によるアイドルコピーダンスコンテスト。名称は「University Idol」に由来。これまでに延べ120組以上のコピーアイドルユニットが出演。全国の女子大生アイドルコピーダンスサークルが一堂に介し、様々なアイドルの楽曲で盛り上がれることなどから話題を集めている。

 予選では、「ダンス」「個性」「表現力」「演出」「魅了度」の審査項目のもと、審査員による厳正な審査と、来場したファンによる投票にて順位が決定。3日間に渡って開催された関東予選はすべて終了し、関東からは同日に決定した3チームを含めた9チームが本選への切符を手にした。関東予選のほか、関西予選から2チーム、東海・九州予選からそれぞれ1チームが決勝へ進出する。

【関東予選2日目出場チーム】
lapine(青山学院女子短期大学)
mimi chocolat(駒沢大学)
ゆめおじょ(跡見学園女子大学)
東大Honeypot(東京大学)
チアドル!(青山学院大学)
ひまわりタイム!(早稲田大学)
Pop Affection(T大学)
SPH mellmuse(上智大学)


→ ユニドル2015-16W、大妻女子・法政・明治の3チームも決勝へ

→ ユニドル2015-16W関東予選、東洋・青学・武蔵大が決勝進出

→ “女子大生アイドル”って何? ユニドル優勝の明治大学「Copia」に聞いてみた


ミニシアター通信