東京アイドル通信


菊地亜美、アイドリング!!!時代を回顧「自分の卒業のタイミングはベスト」


2015年12月15日 20時40分 参照回数:


菊地亜美、マギー

菊地亜美、マギー (写真:竹内みちまろ、2015年12月15日、ネスカフェ原宿)


 ネスレ日本は、写真がそのままカラーのアートとしてラテに簡単に描かれるラテアートマシン「ネスカフェ フォトラテ」を開発し、その魅力をお披露目するため、「ネスカフェ フォトラテ」体験・発表会を2015年12月15日、東京・ネスカフェ原宿にて開催。タレントの菊地亜美、モデル・タレントのマギーが出演した。

 所属事務所の先輩後輩で、プライベートでも仲良しという2人は、プライベートの写真を用いてフォトラテを作成し、想いをお互いに告白。マギーが『2016年も一緒に頑張ろうね!』とコメントしたことに対し、菊地は『2016年は泣かないでね』とマギーの泣き虫という一面について紹介しました。「マギーって、感動してとか、悔しくてとかではなく、怖くてすぐに泣くんですよ」と素顔を暴露する一幕も。「オバケなどの話になると、恐くて、泣いて、目で私に訴えかけてきて…。かわいいのですけれど、私もどうにもできないときがあるから。収録中とか自分のことで精一杯なので」と具体的なエピソードを明かした。

 それに対しマギーさんは、「2008年のオーディションの時から亜美が見ててくれた。亜美のことをお姉ちゃんと思って信頼してるから」と菊地への信頼を口にすると、菊地も「付き合いは7年ぐらい。私が一番マギーが売れるって思ってました」とにんまり。

 記者から「2015年を漢字1文字で表すと?」との質問に対し、菊地は昨年にアイドルグループ・アイドリング!!!を卒業したため、今年は「単独になった」年だと語り、アイドリング!!!メンバーでよかったと思う反面、卒業して苦労ことも告白。アイドリング!!!自体も、今年10月に活動を終了し、メンバーは全員卒業となったが、菊地は、アイドリング!!!の解散は卒業後に知ったようで、「正直にいうと自分の卒業のタイミングはベストだったな!」とジョークを交えて語り、笑いを誘った。(竹内みちまろ)




→ アイドリング!!!27号・高橋胡桃、主演舞台「魔銃ドナー」に手応え…記憶の中で生き続ける作品になる!



→ 初舞台・初主演のアイドリング!!!33号・橋本瑠果、芝居の才能が開花?



“日本一カワイイ新入生”が決定! 女子大生らのミスコンN-1GP2015



→ “女子大生アイドル”って何? ユニドル優勝の明治大学「Copia」に聞いてみた



東京アイドル通信に戻る