ミニシアター通信 > 東京アイドル通信 >


仮面女子、熱狂のさいたまスーパーアリーナ公演を開催!


2015年11月24日 2時30分 参照回数:



仮面女子
仮面女子/立花あんな (撮影:竹内みちまろ、2015年11月23日、さいたまスーパーアリーナにて)


 東京・秋葉原を拠点に活動するアイドルグループ・仮面女子が2015年11月23日、さいたまスーパーアリーナ(SSA)にて、「仮面女子ワンマンライブ〜地球のおへそ〜」を開催し、1万5000人(主催者発表)のファンを熱狂させた。

 自らを“地下アイドル”と名乗る仮面女子は昨年10月に都内最大級のライブハウス・ZeppTokyo(最大収容人数2700名)で2ndワンマンライブを行った際、この日のさいたまスーパーアリーナ公演を発表した。

 ライブが始まると、メインステージから、仮面女子を構成するアリス十番、スチームガールズ、アーマーガールズのメンバーたちが姿を現した。今年元日リリースの「元気種☆」をはじめ、アンコールを含めて20曲を披露し、ファンの大声援に応えた。

 マイクを持ったリーダー・桜のどかは、「私たちは地下アイドルとして毎日、毎日、目の前のライブを大切に、1歩、1歩、階段を登ってきました。色んな人に『どうせ地下アイドルなんて』と言われたこともありました」とこれまでの歩みを振り返った。「でも、言わせて下さい! 私たち仮面女子は地下アイドルだけど、今、夢じゃなくて、実際にここに立っています!」とSSAのステージに立った喜びを爆発させた。

 「地下アイドルの世界だけではなく、アイドル界だけではなく、全ての人々に証明したいと思っています」と続け、「私たちは1歩、1歩の階段を登るのは遅いのですけど、夢を叶えつつあります。だから、今、夢を持っていて諦めそうになっている人がいたとしたら、また、夢が見つけられないと思っている人がいたら、もっと自分に自信を持って下さい! 叶わない夢は絶対にありません。私たち仮面女子が必ず、これからも証明してみせます!」と思いを打ち明けた。「みんな、これからも付いてきてね!」とメッセージを送ると、ファンが大歓声で応えた。(竹内みちまろ)





東京アイドル通信は、ミニシアター通信の中にあるアイドル情報を配信するコーナーです。


Copyright(c)2015 mini theater tuushin. All Rights Reserved.