ミニシアター通信 > 東京アイドル通信 >


大学生とアイドルを両立する月野もあ、卒業後の進路は?


2015年9月28日 1時00分 参照回数:



月野もあ
月野もあ (写真:竹内みちまろ、2015年1月7日、P.A.R.M.S.にて)


 地下アイドルグループ・仮面女子が2015年9月26日、劇場「P.A.R.M.S.」(東京・秋葉原)にて、PS Vita用ゲームソフト「ネットハイ」(11月26日発売予定)とのコラボ発表会イベントを開催した。仮面女子メンバーが同作に声優として参加することと、エンディングテーマを仮面女子が歌うことが発表された。

 イベント終了後、同作に声優として参加する人気メンバー・月野もあに、話を聞いた。

−近況を

 音楽雑誌『ベース・マガジン』でグラビア企画を連載させて頂いています。仮面女子研究生の頃から「アリスのベーシスト、月野もあです!」と名乗っていたものが形になりました。念願のマイ・ベースを持って、見開きで雑誌に連載企画をさせて頂いていることが、私的にはビッグな出来事です。

 ずっと声優さんになりたかったので、ゲームの声ができるということが信じられないくらい、このお仕事を頂けて幸せに思っています。ベースのお仕事も、声優のお仕事も両方頂けているので、このチャンスをキッカケに自分の力を出せるようにして、次へ、次へと繋げていけるようにしたいと思っています。

 先週、仮面女子は新生仮面女子になったのですが、立ち位置で(センターの立花)あんなちゃんの隣に立たせて頂いてます。まだ3回程度しかライブをしていないのですが、普通では立てる位置ではなくて、ダンススキルがまだまだな私には身の程に合っていないポジションですが、あんなちゃんはダンスも上手いし表現力もあるので、あんなちゃんに着いていき、負けないように一所懸命ステージングも磨いていきたいと思います。さいたまスーパーアリーナ公演まで、あと2か月もないのですが、ここからが頑張り時かなと思っています。さいたまスーパーアリーナでもその位置で堂々とパフォーマンスができるようにしていきたいです。

ー現在大学4年生、大学は無事に卒業できそう?

 卒業はできそうです。外部のお仕事を頂く機会が多くて、それと授業が重なって、先日も、午前中に大学に行って、午後の授業に出ずに新潟遠征に行ったことがありましたので、頑張って両立をしていきたいと思っています。今のまま行けば卒業はできます。

ー卒業後の進路は?

 親とも相談して、卒業後は、アイドル一筋になります。私には、卒業後に、留学生専門の日本語教師になるというルートが用意されていました。就活して就職するという道もあったのですが、仮面女子一本で頑張ります。学業があってリハーサルに出れず、アイドル活動に専念できないことがあったので、卒業してやっと仮面女子一本でガツガツ行けると思います。卒業後が楽しみです。

ー就職せずに、専業アイドルを選んだことについて、両親は何と言っている?

 実は、声優を目指していた頃や、仮面女子研究生の頃は、“勝手にすれば”みたいな感じで、よく思われていなかったのですが、最近は協力してくれます。おかげでアイドル業に専念できています。卒業してアイドル一本で行くことについても、「頑張ってね」と言ってもらえています。

ー今は、実家暮らし?

 はい、実家に住んでいます。私、ひとり暮らしは絶対に出来ないと思います(笑) 新幹線も1人で乗れなくて、新潟遠征の時に初の1人新幹線を体験しました。みんなは先に移動車で新潟に行っていたのですが、私は授業があったため、後から1人で新幹線で行きました。ただ、新幹線のチケットの買い方が分からなくて、父の職場が駅に近かったので駅から親に電話をしました。そうしたら父が来てくれて、父が切符を買ってくれて、「心配だから」と言って入場券を買って父が新幹線の中まで入って来てくれました。ちょうど3人掛けの真ん中の席だったのですが、父が左右の方に『すみません』と声を掛けてくれて、私が座るところまで見届けて、それから父は仕事に戻りました。

 アマガの中では、私はしっかりしている方なのですが(笑)

(竹内みちまろ)





ミニシアター通信


Copyright(c)2015 mini theater tuushin. All Rights Reserved.