ミニシアター通信 > 東京アイドル通信


バクステ外神田一丁目、2DAYSユニット公演がHealthcare主催ライブでスタート!


2015年6月28日 3時10分 参照回数:


Healthcare公演

Healthcare公演 (撮影:竹内みちまろ、2015年6月27日、新宿BLAZEにて)



 アイドルユニット「バクステ外神田一丁目」のユニット公演「つんつべ♂プレゼンツ!・バクステ外神田一丁目!調子ブッコキ祭り2015夏〜またユニット公演やっちゃうよ!〜」が6月27日と28日の2日間、東京・新宿BLAZEにて開催されている。

 今年、4年目を迎える「バクステ外神田一丁目」は、2011年に東京・秋葉原に開店したアイドル育成型エンターテインメントカフェ「AKIHABARAバックステージpass」でキャストとして働く女の子たちで構成されるユニット。昨年、在籍メンバーを「Food&culture」「Recreation」「Newspaper」「Healthcare」という4つに分けてユニット活動をスタートさせた。3月21日と22日には、ユニット制度導入後の初の大イベントとなる第1回のユニット公演を開催し、熱狂の2DAYS・4公演を成功させた。

 2回目のユニット公演となる今回は、前回のユニット公演でトリを飾ったHealthcareチームの18人がトップバッターを担当した。

【Healthcare公演出演メンバー】亀戸えり、弘松菜摘、安里南、熊本美和、針尾ありさ、浜口藍子、渡辺瑠菜、石川不二夏、松本ふうか、笠谷里奈、吉川葵、尾形姫奈、久保田玲子、小出花織、吉岡美玲、朝比奈あみな、青山えみい、河合くるみ

 Healthcare単独公演は、8期生の3人によるオープニングアクトの後、8月12日リリースのバクステ外神田一丁目の7thシングルとなる新曲「甘い誘惑デインジャラス」からスタート。「今夜も…」「I believe my heart」と続いた。

 3曲を終えたあと、リーダーの亀戸えりが「Healthcareチームがトップバッターです!」と呼び掛け、「新宿BLAZEに夏を呼び込むくらい、盛り上がって行きましょう!」と会場を盛り上げた。

 Healthcareチームは前回のユニット公演の際は、開催日の3月22日にちなんで、ライブが終わった後に演者もファンも全員で3.22キロ痩せるくらい汗をかいて盛り上がろうとの思いから、「3.22キロ痩せるぜ ネクストイノベーション」とのサブタイトルを付けていた。今回の公演のサブタイトルは、「ちゃんと摂取して、18種類のビタミンHC」。色とりどりのキュートな衣装を身に着けた18名のメンバーの個性豊かな“ビタミン”をライブで摂取して盛り上がってほしいとのこと。

 また、この夏にやりたいことの話題では、仕事のために新しい水着を買ったという針尾ありさは、「地黒で焼けやすいので海に行けないんです。なので、水着を着て室内プールに行きたいです!」と笑顔。浜口藍子が「野外でライブしたい!」と願望を口にすると、周りのメンバーたちから「東京アイドルフェスティバルに出たい!」との声が上がる一幕もあった。

 スポットライトを浴びた18名のメンバーは、それぞれが見せ場を作り、夏を先取りしたサマーソングステージも盛り上がった。会場の熱気が冷めやらぬまま18曲目の「青春クロニクル」が終わると、ライブもラスト1曲に。

 針尾ありさが「2015年も、もう半年という月日が経ちました」と語り始め、「私的には、ユニット活動よりも個人活動の方を多くさせて頂いています。いいことも悪いこともたくさん経験させて頂いている中、このようにユニット主催公演ができているのは、今こうして一緒にステージに立っているメンバーを筆頭に、バクステ外神田一丁目のメンバー全員、そして、こうして会場に足を運んで下さる皆様、来れなかった皆様も含めて、皆様がいてくれるからなのだなと最近、しみじみと思っています。だからこそ、歌もダンスも、もっと上手になりたいし、舞台経験を通して表現力もアップさせて、いつか、『プロだね』と言ってもらえるように、歌で絶対に成功したいと思っています」と2回目のユニット公演が無事に終わろうとしている心境と、今後の抱負を語り、満場の拍手を浴びた。

 19曲目の「Oh my destiny」が終わった後、安里南は「今日まで結構キツキツなスケジュールでした」と口にし、感無量の様子で言葉を詰まらせた。涙声で「頭の中にもう何も入らないのではというくらいキツキツで…」と当日を迎えるまでの日々を振り返り、「無事に、こんなにたくさんの方の前に立つことができ、歌って踊ることができ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ユニット公演が第2回目ということですが、メンバーもほぼ変わらずに出られたことを本当に嬉しく思います。みんな一生懸命練習してきてくれて、絆がさらに深まった気がしました。これからもチーム戦というものは続いていくと思いますので、みんなで高みを目指してがんばって行きたいと思います」と、最後には笑顔を見せた。

 アンコールで、「飛び立て!スターシップ」「甘い誘惑デインジャラス」「ライバルをLOCK’ON」を熱唱。Healthcareチームの単独公演が終わり、バクステ外神田一丁目の2回目の2DAYSユニット公演の幕が開けた。

 バクステ外神田一丁目は、全員での活動や、個人での活動も多いが、2度目のユニット公演を経験することで、各チームがどのように成長し、バクステ外神田一丁目がどう進化していくのか、益々、目が離せなくなってきた。(竹内みちまろ)

【セットリスト】
M01:甘い誘惑デインジャラス
M02:今夜も…
M03:I believe my heart
M04:ガールズトーク
M05:ハリネズミとジェリービー
M06:バイトファイター
M07:どうせ推されない
M08:恋のYES!? NO!?
M09:美少女黙示録
M10:ちゃんと恋人にして
M11:シーソーゲーム(カバー)
M12:夢見る15歳(カバー)
M13:睡蓮花(カバー)
M14:ドキドキCrazyDancing
M15:純情美少女A
M16:大きな山場 タマヤカギヤ
M17:アイドルがクラスメイトなのに…
M18:青春クロニクル
M19:Oh my destiny
EN1:飛び立て!スターシップ
EN2:甘い誘惑デインジャラス
EN3:ライバルをLOCK’ON


→ バクステ外神田一丁目、初のユニット2DAYS単独ライブを開催!


→ バクステ外神田一丁目・針尾ありさが特撮連続ドラマに初出演!


→ 楠ゆい、4周年を迎えるバクステの変化を語る



東京アイドル通信