でんぱ組.inc相沢梨紗、撮影再開の映画「白魔女学園2」に「気合いを入れて臨みたい」


2014年10月4日 19時01分 参照回数:



でんぱ組.inc相沢梨紗、撮影再開の映画「白魔女学園2」に「気合いを入れて臨みたい」

でんぱ組.inc (撮影:竹内みちまろ 2014年10月4日 東映本社にて)


 アイドルユニット・でんぱ組.inc(成瀬瑛美、最上もが、相沢梨紗、古川未鈴、夢眠ねむ、藤咲彩音)が2014年10月4日、東京・有楽町の東映本社で映画「白魔女学園2」の「撮影再開復活会見」を開催した。

 映画「白魔女学園2」は、今年6月15日に栃木県宇都宮市内にて撮影を行っていたところ、出演のでんぱ組.incのメンバーを含む10人が一酸化炭素中毒による体調不良を訴え、救急車で宇都宮市内の病院に運ばれるというアクシデントに見舞われ、撮影が中止されていた。

 この日、でんぱ組.incは撮影用の白い制服姿で登場し、お祓いを受けた。「白魔女学園2」の撮影が翌日5日から再開され、公開が2015年6月13日に決定したことなどが発表された。

 リーダーの相沢梨紗は「あのときは凄く心配をかけてしまいました」とアクシデント当時を振り返り、「その分も、楽しみにして下さっている方のために、元気な姿ですばらしい映画を完成させて、喜んでいただけたらなという気持ちでがんばりたいと思います」と意気込みを語った。また、「1回、みなさんに見て頂けるかかわらないという心配がメンバーや撮影チームにはあったと思うのですが、改めて、撮影の機会を頂けたり、変わらずに応援してくれるスタッフやファンの方とかがいて下さります。今日も、多くの方に集まって頂きました。演じる側もお話以上に気持ちを込めて、撮って下さる皆さんも心を込めて映画を作ると思いますので、みなさんに見て頂き、感動して頂けたらと思います」とメッセージを送った。

 また、相沢は、劇中のメガネっ子姿で会見に出席したメンバーの古川未鈴が「白魔女学園2」ではメガネを外すことを口にすると、「メガネフェチの方が(がっかりするよ!)」と古川に突っ込みを入れ、メガネっ子ファンを気遣う一幕もあった。

【メンバーコメント(抜粋)】

相沢梨紗:撮影が再開するので、気合いを入れて臨みたいと思います。アクションなど新たにトライしている部分がありますので、2作目ということもあり、私たちの成長を見て頂きながら、ファンの方、新しいファンの方に楽しんでいただけたらと思います。

最上もが:アクションシーンが前作よりも多めになっています。傷ついた少女たちがどのように立ち直って、どのように世界を救うのかが見所ではないかと思います。

成瀬瑛美:私が演じる役は正義感が強くて、仲間思いなところがあるのですが、魔法少女に憧れるという、カルト趣味な変わったところがあります。前作では、ほかのメンバーとは変わったラストを迎えているので、そのあたりが「−2」でどんな展開になっているのかを、みなさんに見て頂きたいです。ちょっと難しい役なのですが、がんばります。

夢眠ねむ:アクションなどを改めて勉強させて頂いたので、そちらもがんばりたいなと思います。いつもダンスでは使わない筋肉をアクションでは使うので、こんな所に筋肉があるのだと驚いたりしています。新技もやろうかなということで、みんなで練習しています。

古川未鈴:前作では怯えているシーン多くて、オドオドしたキャラだったのですが、何と、「−2」では、メガネを外して、“ちょっと! どうしたの?”というシーンも見て頂けると思います。そこに注目して頂ければと思います。

藤咲彩音:前作ではオドオドしているところが多かったのですが、「−2」では表情が変わったりなど、きりっとしているところもあると思います。少しは活躍しているので見て頂きたいです。



→ でんぱ組.inc夢眠ねむのセクシーコスプレに東京ゲームショウイベントステージが騒然!


→ てんちむ、世界一有名なコスプレイヤーと共演 PASSPO・でんぱ組・妄キャリ・アキシブらと横浜を彩る!


→ でんぱ組.incのパフォーマンスに、外国の“サムライ”達も奮起!


ミニシアター通信