本文へスキップ

ミニシアター通信本&映画 > マスカレード・ホテル

マスカレード・ホテル/東野圭吾のあらすじと読書感想文(ネタバレ)

2018年11月12日 14時50分 参照回数:

マスカレード・ホテル/東野圭吾のあらすじ(ネタバレ)

 都内で起きた殺人事件を担当する若き刑事の新田浩介は、一流ホテルとして有名なホテル・コルテシア東京に潜入捜査をすることになった。新田が追っている殺人事件は、殺された人や殺害方法などに一切の関連がなく、一見すると無関係に見える3つの殺人事件であったが、殺害現場に残された謎の数字が共通していることから連続殺人と推測された。その謎の数字とは、次の犯行現場を示しているものであり、3つ目の現場から見つかった数字を解読すると、次はホテル・コルテシア東京で犯行が行われると判明していた。

 しかし、警察が手掛かりとして掴んでいるのは犯行現場のみで、ターゲットも犯人の性別や年齢も何一つ見当がついていない。また、ホテルを警備していると犯人に伝わってしまえば、犯人は犯行を止めてしまい、永久に犯人を逮捕することができない。そこで、警察は、刑事をホテルマンとして潜入捜査させることに決めたのだった。新田の他にもホテルマンに紛れても問題ない容姿である刑事が数名潜入捜査に加わったが、新田はホテルの客と最も接触が多いフロントクラークに就くことを命じられた。一流ホテルのホテルマンとして振る舞うために、優秀なフロントクラークである山岸尚美が新田の教育係に任命された。

 新田は自分の仕事は犯人を捕まえることでホテルマンの仕事については全く乗り気ではなかった。また、山岸らホテル側のスタッフも警察に協力するようにとだけ命じられたが、どんな事件に関わる捜査なのかなど詳細は何一つ教えてもらえないまま刑事のサポートをしなければならず、乗り気ではなかった。お客様を第一に考え、お客様の要望に応え満足してもらうことが仕事であるホテルマンの仕事に誇りを持っている山岸は、ホテルマンとしての意識が低い新田に対して厳しく指導をする。しかし、常に警戒し人を疑うという刑事の考え方が染みついている新田とは、根本的に考え方が違い、意見の合わない2人はしばしば対立していた。

 ホテルには次々と怪しい客が現れる。例えば、夫の身代わりに視覚障害者のふりをしてあれこれとホテルのサービスを受ける老婆や、夫の浮気現場を押さえるために身元を偽り夫の部屋番号を聞き出そうとする女、また、昔、教育実習生として新田の学校にいた時に受けた辱めの復習をするために新田に酷いクレームをつける男など、様々な客がやってきた。しかし、一見怪しいと感じる客でも、色々な事情を抱えてホテルに足を運んでいることがわかる。どんな客にも誠意を持って接する山岸の仕事への熱意を感じ、新田はいつしか山岸に敬意を覚えるようになる。また、山岸も新田の刑事としての鋭い洞察力や事件への向き合い方を感じ尊敬し始め、2人の間には信頼関係が芽生えていく。

 しかし、怪しく思われる客は結局、事件とは関係ない人物であり、なかなか事件解決に進展がない。焦りを感じた新田は上司に捜査について聞くが、捜査は他の人に任せてホテルマンとしての潜入捜査に集中することを命じられる。身動きできない新田は、今回の事件でバディを組むことになっていた所轄刑事の能勢に協力を依頼する。能勢は一見愚鈍に見えるが、実は有能な刑事であるとも噂されており、その噂について半信半疑ながらも他に頼れる人がいない新田は、能勢と共に上司に隠れて事件の謎を追い始める。また、新田が事件の真相究明に奮闘している姿を傍で見ていた山岸は徐々に自分も力になりたいという気持ちが芽生え、独自に事件についての調査を行い新田と情報を共有するようになる。新田は、刑事ではない山岸の新しい視点から事件を見ることによって、謎を解くヒントを掴んでいく。

 新田の考察と能勢の行動力、そして山岸の協力もあって、事件の新事実が判明する。3つの殺人事件は1人の犯人による連続殺人と考えられていたが、実はそれぞれが単独の殺人事件であり別々に犯人がいるということであった。それぞれの犯人は当初単独での殺人を考えていた。そんな犯人たちに、ある人物が「殺人を請け負うことはできないが逮捕されないように協力することができる」と、今回の連続殺人偽造計画を持ちかけたという。そしてその計画を立てた人物こそが、第4の事件を実行しようとしている人物であるということであった。今まで事件同士の関連性が見えず警察が混乱していたのはその人物の思惑通りだったのだ。

 警察が第4の殺人のターゲットではないかと推測したのが、ホテル・コルテシア東京で結婚式を挙げる予定の高山佳子という新婦だった。高山はストーカー被害に遭っており、そのストーカーが高山もしくは高山の結婚する相手の殺害を企てているのではないかと推測された。同じ時、高山の友人を装った人から高山宛に不信なワインが届き、警察はさらに確信を深め結婚式に向け警備を強化することした。

 しかし、新田は連続殺人に見せるよう計画を立てた犯人が、犯行の手口を統一しなかったり、他の犯人とのメールのやりとりを残していたりする点に違和感を覚える。犯人は連続殺人に見せかけた個別の殺人というトリックを警察に暴かれてもよいと考えており、第4の殺人をカモフラージュとして全く別の殺人を企てたのではないかと推理する。新田は能勢に依頼し、最近起きた未解決殺人事件を洗い出すように依頼する。

 能勢からの報告で、1件、怪しい事件が浮かび上がる。松岡高志という若い男が自宅で死んでいるのが発見されたという事件で、殺人事件とも断定できていない事件であるが、その松岡が数年前に地元から上京してきた際に一度、ホテル・コルテシア東京に宿泊しているということが分かったのだ。しかし、それ以外に関係のありそうな手がかりはなく、能勢は松岡の地元にまで捜査に行った。能勢は捜査報告として、新田に、昔、劇団に所属していたという松岡の劇団員のポスターを送り、新田はそこで以外な人物を目にする。以前、ホテルにやってきた視覚障害者のふりをした老婆が写っていたのだった。新田が慌ててフロントを確認し山岸を探すと、ホテルの従業員から山岸は客を案内しているところだと教えられる。その客とは、視覚障害者のふりをした老婆のことであった。

 山岸は前日に老婆から連絡を受けていた。「視覚障害者である夫が明日ホテルに泊まるので、もう一度だけ確認をしたい」とのことであった。前回ホテルに来た際に、山岸のサービスを気に入っていたこともあり、山岸に夫を頼みたいと念を押して頼み込まれていた。そのため、その日老婆がホテルを訪れた際、山岸が部屋に案内をすることになった。

 老婆と一緒に部屋を確認していた山岸は、突然、押さえつけられ縛られてしまう。老婆の本当の姿は、長倉麻貴という若い女で、松岡と同じ劇団に所属していた過去があり、老け役を得意としていた。変装を解いた長倉の姿を見た山岸は、彼女が、松岡が上京してホテルに泊まりに来た日、「遠距離恋愛している彼氏をサプライズで驚かせたいから部屋を教えて欲しい」とホテルを訪ねてきた女性だと思い出す。長倉は松岡と交際していたが、長倉が妊娠したとわかると松岡は行方をくらませていた。お腹の子の責任を取って欲しいと考えた長倉は、上京した松岡を追いかけ彼が泊っているホテルを突き止めたのだった。しかし、その日、山岸は、長倉から危険な雰囲気を感じ、松岡は宿泊していないと言い、さらに「教えてもらえないなら、ホテルに宿泊したい」という長倉の要望を、満室であるという嘘の口実を使って追い返したのだった。山岸に断られた長倉は、ホテルの前で松岡が出てくるのを待っていた。しかし、寒い夜に外で一晩過ごしたことによって、長倉は流産してしまった。そのことをずっと恨んでいた長倉は、松岡と山岸を殺すために今回の殺人を計画したのだった。

 全ての恨みを吐き出した長倉は山岸をバスルームに連れ込み、山岸に毒の入った注射を打とうとする。山岸を探していくつかの部屋を調べていた新田は、部屋を開けたときに山岸のかすかな匂いを感じ、長倉にばれないようにそっと部屋に入り込みタイミングを見計らって山岸を助け出した。長倉は逮捕され、さらに他の3つの殺人事件に関しても犯人が確定し、事件は無事解決となった。




マスカレード・ホテル/東野圭吾の読書感想文(ネタバレ)

 本作は東野圭吾作品の中でも、特に長編となる小説ですが、登場人物同士のやりとりのテンポが実に軽快で、さらにホテルで起きる数々の怪しいできごとや殺人事件の真相に迫っていく過程もひきつけられるものがあり、一気に読んでしまいました。

 本作は刑事である新田と、ホテルマンである山岸の2人の視点から物語が進んでいきます。相手の言動一つ一つを疑い、怪しいものがあれば突き止めることが仕事の新田と、相手の要望を真摯にとらえ、満足いくサービスを提供することが仕事の山岸。仕事柄、考え方は対照的な2人で序盤は反発しあっていますが、仕事への高いプロ意識を持っているという点で互いに認め合い、惹かれあっていくという課程が読んでいて印象深い部分でした。2人が持っているそれぞれの仕事への考え方や、真面目でまっすぐな仕事への向き合い方などは、自分も社会で働く人として見習わなければならないな、と思わせるほど非常にプロ意識が高く尊敬すべき点が多い2人でした。特に、話の舞台が一流ホテルということもあり、一流のホテルマンが裏でどのようなことを考え対応しているのかを知ることができ、ホテルマンという仕事についてとても魅力を感じました。

 また、ホテルを訪れる様々な怪しい人物たちとのやりとりも印象的で、自分も新田と山岸と同じように「この人が犯人ではないか?」と怪しみながら読み進めていました。怪しい行動の裏には意外な真実が隠れているということが多くあり、人は皆、表の顔と裏の顔を持っており最初の印象だけではわからないことが多いなと感じました。本作の中で、山岸は「ホテルに来られる人たちはお客様という仮面を被っています。ホテルマンはお客様が仮面を被ってるということを忘れてはなりませんし、剥がそうともしてはいけません。お客様は仮面舞踏会を楽しむためにホテルに来ているのですからね。」という言葉を残しています。本作のタイトルにも繋がるこの言葉の意味が、事件が全て解けた時に理解できると思います。(まる)



→ 虚ろな十字架/東野圭吾のあらすじと読書感想文


→ ラプラスの魔女/東野圭吾のあらすじと読書感想文


→ 小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(東野圭吾)


ミニシアター通信


運営会社

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→ about us (問い合わせ) 



ミニシアター通信