本文へスキップ

東京ワンピースタワーでホラーイベント「難破船からの訪問者〜蘇りしミイラの呪い〜」が開催、ミイラに襲わながらミッションをクリアせよ!

2018年11月25日 3時00分 参照回数:



「難破船からの訪問者〜蘇りしミイラの呪い〜」(写真:竹内みちまろ、2018年11月24日、東京ワンピースタワーにて)

 東京タワーの3階から5階にかけて広がる大型テーマパーク「東京ワンピースタワー」にて、ミッションクリア型のホラーイベント「難破船からの訪問者〜蘇りしミイラの呪い〜」が2018年12月2日(日)、8日(土)、14日(金)の3日間、一般営業終了後に開催される。11月24日には、公開ゲネプロが開催され報道陣に概要が明かされた。



公開ゲネプロの様子

【開催概要】
日時:2018年12月2日(日)、8日(土)、14日(金)
公演スケジュール:1日2公演(全6公演)
・1公演目……開演17:50
・2公演目……開演20:30
所要時間:約90分(予定)
公式サイト:https://onepiecetower.tokyo/sp/onepiece_obaken/

 同イベントはパーク内をさまよう大量のミイラに立ち向かいながらパーク内に仕掛けられたミッションをクリアし、キーワードを探していくミッションクリア型のホラーイベント。今回は、超難関かつハイクオリティのお化け屋敷やホラーイベントを数多く手がけてきた「オバケン」がイベントをプロデュースし、「東京ワンピースタワー」を舞台に、悲鳴と恐怖に包まれたスリル溢れるホラーイベントが実現。

 ストーリーは、トンガリ島に一隻の難破船が流れ着いたことから始まった。難破船の調査に向かい命からがら戻ってきた海兵たちが「ミイラが動いた」口を揃る。トンガリ島には、かつて島に災いが起きたときのために長老たちが散りばめた呪文があるといい、来場者たちは、ミイラたちがさまようトンガリ島(東京ワンピースタワー)に隠された呪文を、5つのミッションを遂行しながら捜し求め、ミイラたちを封印するというもの。

 ゲネプロには多くの来場者が詰めかけた。ゲネプロが始まると、身に着けるとミイラたちから襲われたときに身代わりとなって命を守ってくれる白いライフタスキを掛け、地図を片手に、ミッションを解くためにトンガリ島の各所へ散らばっていった。しかし、ミイラたちがうろつくトンガリ島を進むうちに各所で悲鳴があがりはじめた。暗闇から歩いてくるミイラに襲われるという、一般のテーマパークにあるお化け屋敷とはまったく違う恐怖体験に、館内は熱気を増していった。

 イベントにはルフィやナミなども登場するので、ホラーファンだけなく、「ONE PIECE」ファンも楽しめる内容になっている。3日間限定開催なので、この機会をぜひ逃さずに、とっておきの恐怖体験を体感してみては。(竹内みちまろ)


→ 誰もが『ONE PIECE』の世界の住人になる「イマーシブシアター『時の箱が開く時』」再演決定!


→ 「ワンピース」の世界の住人になれる体験型演劇「時の箱が開く時」が開幕!【東京ワンピースタワー】


→ ド迫力の生演奏とアクロバットの生ライブ「ワンピース音宴〜イースト・ブルー編〜」が開幕!





「難破船からの訪問者〜蘇りしミイラの呪い〜」(写真:竹内みちまろ、2018年11月24日、東京ワンピースタワーにて)



「難破船からの訪問者〜蘇りしミイラの呪い〜」(写真:竹内みちまろ、2018年11月24日、東京ワンピースタワーにて)



「難破船からの訪問者〜蘇りしミイラの呪い〜」(写真:竹内みちまろ、2018年11月24日、東京ワンピースタワーにて)



「難破船からの訪問者〜蘇りしミイラの呪い〜」(写真:竹内みちまろ、2018年11月24日、東京ワンピースタワーにて)



「難破船からの訪問者〜蘇りしミイラの呪い〜」(写真:竹内みちまろ、2018年11月24日、東京ワンピースタワーにて)



「難破船からの訪問者〜蘇りしミイラの呪い〜」(写真:竹内みちまろ、2018年11月24日、東京ワンピースタワーにて)










→ 「ワンピース」の世界の住人になれる体験型演劇「時の箱が開く時」が開幕!【東京ワンピースタワー】


→ 誰もが『ONE PIECE』の世界の住人になる「イマーシブシアター『時の箱が開く時』」再演決定!


→ ド迫力の生演奏とアクロバットの生ライブ「ワンピース音宴〜イースト・ブルー編〜」が開幕!



演劇&ミュージカル


運営会社

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→ about us (問い合わせ) 



演劇&ミュージカル