本文へスキップ

映画評「ゴースト・イン・ザ・シェル」あらすじ&見所解説|「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」へのオマージュも

2017年8月28日 1時20分 参照回数:

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」
監督:ルパート・サンダース
製作:2017年=アメリカ

 1995年に公開された押井守監督による「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」はその重厚なストーリーや優れた演出から日本のアニメーションの中でも高い評価を受けてきた作品だ。例えばアニメを然程観ない人たちの間でもこのタイトルだけは聞いたことがあると言ったほどに。

 それほどまでに世界的に高い評価を得てきた同作を実写化しようとする動きは、これまで何度も見られてきた。ところがあまりにも原作がしっかりし過ぎていることやアニメ自体がすでに名作として確立されてしまっていることから、実現へ向かうことは難しいとされてきた。

 そんな中、2014年に企画が浮上し、ようやく実写映画が製作開始され、2017年に、ルパート・サンダース監督の「ゴースト・イン・ザ・シェル」が公開された。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」のあらすじ

 「ゴースト・イン・ザ・シェル」は主に押井守監督の「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」を原案としている。

 電脳技術が発達した、近未来。人々は身体を義体化し、高度な進化を遂げていた。エリート捜査チーム“公安9課”の少佐ミラ・キリアンもその一人で彼女はより高度な義体化に成功した唯一無二の存在だった。ある日、とある事件の調査中に浮かび上がったハンカ・ロボティックス社へのテロ攻撃を阻止すべく、手がかりを追い続ける少佐を初めとした公安9課だったが、次第にそれが仕組まれたものだということが浮き彫りになり始め、少佐の過去とも大きく関わる事件であることが判明する・・・。

オリジナルへの敬意を感じさせる未来的な映像

 全体を通して、とても未来的な作品で、日本を模した色鮮やかな街並みや高度なテクノロジーによって支えられた世界が卓越したVFXで描かれている。その映像には押井守監督への敬意やオリジナルに向けたオマージュなども捧げられており、どこか懐かしさすら感じる次第である。

 オリジナルと同様にサイボーグ化された一人の女性の苦悩や葛藤、AI技術など人工知能への警笛、さらには人間の恐ろしさなどを痛烈に描ききった印象も強いが、どうにも原作を知らないファンが観た時には置いてけぼりを食らう可能性が高いというのは否めない。

 入り組んだストーリーや数々の未来的な言葉の数々など難しく感じる部分も多々あり、予習・復習が欠かせない作品であるのかなと思う。

日米の俳優たちが織りなすアンサンブル

 主演を務めるのは、ハリウッドを代表する女優である、スカーレット・ヨハンソン。欧米などでは日本人キャラクターである少佐=素子役を白人女性が演じることに批難が殺到したというが、近年、アクション女優としても頭角を現しているスカーレットの魅力が大いに発揮されていたように思う。

 また彼女の代表作「アベンジャーズ」シリーズでは黒のスーツに身を包んだブラック・ウィドウ役を演じているのだが、本作では白のスーツに身を包んでいるというその対比も面白い。

 無表情かつ適切な判断を下す少佐という役を見事に体現しているのではないか。

注目のキャストはクゼ役のマイケル・ピットとオウレイ博士役のジュリエット・ビノシュ。

 インディペンデント系の映画や舞台で活躍するピットはその持ち前の表現力の高さでクゼというキャラクターの持つ内面を魅力的に体現し、どこかアニメチックな印象を受ける好演だった。

 一方のビノシュはフランスを代表するオスカー女優で、ドラマ作品に出演してきた印象が強いが、今回はガッツリSFアクション。しかも、物語の鍵を握る重要なキャラクターでの出演だ。そんな彼女がどんな演技を魅せてくれるのかと楽しみにしていたのだが、その圧倒的な存在感と貫禄ある演技で見事に魅了してくれた。

 全体的に彼女の存在が作品の支柱になっているように思うほどだ。

 そして日本から北野武と桃井かおりが参戦しているのも忘れてはいけない。日本人としては彼らの存在が気になって仕方がない。北野武らしい威圧的な雰囲気は健在だし、桃井かおりの英語力というものにも注目してもらいたい。

 近年、日本から逆輸入され実写映画化されることが顕著なハリウッド。このような風潮は日本人にとっては大変誇りであり、アメリカ人がどのような解釈をしているのかというのを知ることができ、とても新鮮な気持ちにさせてくれる。どんな作品に仕上がろうと、今後も日本原作の作品がどんどんハリウッドで映画化されていくのが楽しみである。
(文=Sunset Boulevard Twitter:https://twitter.com/sunsetblvdmovie



→ 宮城県石巻・石ノ森萬画館で開催中の『攻殻機動隊原画展』の見所紹介!



→ 映画評「Death Note/デスノート」ついにハリウッド版が実現|あらすじ・感想・日本版との違いなど



ミニシアター通信(TOP)



PR




運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ) 





ミニシアター通信(TOP)