ミニシアター通信


八戸銀サバトロづけ丼、「第8回全国ご当地どんぶり選手権」で2年連続グランプリ!


2017年1月15日 22時20分 参照回数:



八戸銀サバトロづけ丼(青森県)

八戸銀サバトロづけ丼(青森県) (写真:竹内みちまろ、2017年1月6日、東京ドーム)


もっと写真を見る(全4枚)


 ご当地どんぶりナンバーワンを決定する「第8回全国ご当地どんぶり選手権」が2017年1月7日から15日まで、東京ドームで開催の「ふるさと祭り東京2017」にて行われた。9日間の戦いの結果、「八戸銀サバトロづけ丼」(青森県)がグランプリに輝いた。「八戸銀サバトロづけ丼」は、2年連続のグランプリとなり、今回の受賞をもって殿堂入りを果たした。

 「第8回全国ご当地どんぶり選手権」」は、1杯500円の15食のメニュー(予選を勝ち抜いた9つのメニュー、前回上位入賞を果たした5つのメニュー、主催者推薦の1メニュー)の中から来場者投票で、ご当地どんぶりナンバーワンが決定するイベント。過去2回優勝を果たした「うにめし丼」(北海道)も「殿堂どんぶり」として参加した(投票対象外)。

 「ふるさと祭り東京2017」は、青森ねぶた祭など各地に伝わるお祭りがステージを彩り、故郷の味を堪能できるイベント。今年も40万人以上の来場者で賑わった。


八戸銀サバトロづけ丼(青森県)


八戸銀サバトロづけ丼(青森県) (写真:竹内みちまろ、2017年1月6日、東京ドーム)


もっと写真を見る(全4枚)






ミニシアター通信


Copyright(c)2017 mini theater tuushin. All Rights Reserved.


PR