ミニシアター通信


2016ミス・インターナショナル世界大会、フィリピン代表が涙の栄冠…民族衣装も豪華絢爛!


2016年10月28日 18時20分 参照回数:


フィリピン代表のカイリー バーゾサ

フィリピン代表のカイリー バーゾサさん (写真:竹内みちまろ、2016年10月27日、東京ドームシティホール)


 世界3大ミスコンテストの1つである「2016 ミス・インターナショナル世界大会」が2016年10月27日、東京ドームシティホールにて開催され、フィリピン代表のカイリー バーゾサさん(24歳/幼稚園教諭・モデル)がグランプリの栄冠に輝いた。

 69の国と地域の代表が世界一の座を争った今大会。名前を呼ばれた瞬間、バーゾサさんは、両手で顔を覆った。バーゾサさんが感無量のあまりその場を動けずにいると、世界大会を戦ったミスたちが次々とバーゾサさんに近寄り、バーゾサさんを抱き締めた。

 受賞者スピーチでは、バーゾサさんは、「今まだこの瞬間が信じられません。ワクワクしておりますし、幸せを感じております」と心境を明かした。「家族にも感謝します。そして、フィリピンのみなさまにも感謝します。私は決して、この道を1人で歩んできたわけではありません。私のことを愛してくれる人の助けのもとで、今ここに立っております。本当に夢のようです。ありがとうございます」と最後は涙声になり、言葉を詰まらせながら、感謝の言葉を口にした。

 フィリピンの人々へのメッセージを求められると、表情をほころばせながら「みなさんにありがとうと伝えたいです」といい、「このタイトルは私だけのためではなく、フィリピンのみなさまのためにあることを伝えたいです」、「フィリピンは色々な問題に接していますがこれを機に何か力になってくれたらいいなと思います」と思いを言葉にした。

 日本代表の山形純菜さんは、ファイナリスト15名の中に選出されるも、惜しくも各賞には及ばなかった。

 ミス・インターナショルは、ミス・ワールド、ミス・ユニバースと並ぶ世界3大ビューティ・ページェントの1つ。美しさはもちろんのこと、国際親善大使や世界平和など、国際社会に貢献しようとする志の高い女性が世界中から集まり、“美と平和の親善大使”として国際交流を深めていくことが特徴。

 イベントでは、69の国と地域から代表者が参加し、民族衣装による1次審査、水着による2次審査、イブニングドレスによる3次審査を経て15名のファイナリストが選出された。1分間のファイナルスピーチが行われ、ランプリから5位までに贈られる「ミス・インターナショル」、ミスたちによるお互いの投票で決定する「ミス五大陸」、水着審査において素晴らしいスタイルで観客を魅了した「ミス・パーフェクトボディ」、自国の民族衣装をいかに魅力的に披露できるかが審査対象の「ミス・ナショナルコスチューム」、ドレスの着こなしと振る舞いが最も華麗で魅力的なミスに贈られる「ミス・ベストドレッサー」の各賞が決定。民族衣装では、出場者たちが趣向を凝らし、来場者の目を楽しませた。(竹内みちまろ)

【カイリー バーゾサ/Kylie Verzosaプロフィール】

年齢:24/身長:174/職業:幼稚園教諭・モデル/スリーサイズ:B:84 W:54 H:90

【「2016 ミス・インターナショナル世界大会」結果】

ミス・インターナショナル(グランプリ):フィリピン代表/カイリー バーゾサ
ミス・インターナショナル(準グランプリ):オーストラリア代表/アレキサンドラ ブリットン
ミス・インターナショナル(3位):インドネシア代表/フェリシア フヮン
ミス・インターナショナル(4位):ニカラグア代表/ブリアニー チャモロ
ミス・インターナショナル(5位):アメリカ代表/ケイトリアナ ラインバッハ
ミス五大陸
・アジア:香港代表/ケリー ユック ラム チャン
・アフリカ:シエラレオネ代表/マセライ ゼルダ スワライ
・アメリカ:エクアドル代表/イバンナ アバッド
・オセアニア:ハワイ代表/グィネヴィア デイブンポート
・ヨーロッパ:オランダ代表/メリッサ シェルペン
ミス・パーフェクトボディ:モルドバ代表/アリナ キルチウ
ミス・ナショナルコスチューム:ニカラグア代表/ブリアニー チャモロ
ミス・ベストドレッサー:インドネシア代表/フェリシア フヮン

【ファイナリスト15名】

ニカラグア代表、インドネシア代表、フィンランド代表、メキシコ代表、USA代表、日本代表、エルサルバドル代表、カナダ代表、ドミニカ共和国代表、アルゼンチン代表、フィリピン代表、オーストラリア代表、ロシア代表、タイ代表、ポーランド代表


→ 2017ミス・インターナショナル日本代表、筒井菜月さんがグランプリ…世界大会へ抱負


ミニシアター通信





















































































































































→ 2017ミス・インターナショナル日本代表、筒井菜月さんがグランプリ…世界大会へ抱負


→ ミス日本2016、慶大生の松野未佳さんがグランプリ…女子大生・8.5頭身の高校生・報道記者ら13名が美の共演!


→ 「ミス・ワールドJAPAN2015」が決定、22歳大学生・中川知香さんが栄冠


ミニシアター通信