ミニシアター通信


ドラクエ最新タイトル発売!豪華ボイスキャスト&待望のマルチプレイも可能に


2016年5月26日 23時30分 参照回数:


『ドラゴンクエストヒーローズU 双子の王と予言の終わり』の完成披露発表会

『ドラゴンクエストヒーローズU 双子の王と予言の終わり』の完成披露発表会 (写真:佐東未帆、2016年5月26日、帝国ホテル)


 2016年5月26日、東京・帝国ホテルで『ドラゴンクエストヒーローズU 双子の王と予言の終わり』の完成披露発表会が行われ、ゲームデザイナーの堀井雄二さん、同作のプロデューサーである(株)スクウェア・エニックスの青梅亮太さん、声優として出演している森山未來、武井咲、山田孝之が登場した。

 ドラゴンクエストシリーズ(以下、ドラクエ)は、累計出荷本数が6,600万本を突破した国民的RPG作品。ドラクエシリーズの派生作品であるドラゴンクエストヒーローズ(以下、ドラクエヒーローズ)も100万本以上を売り上げた大ヒットゲーム作品。アクション要素が盛り込まれ新しいドラクエの世界観が人気を呼んでいる。

 そして、ドラクエの初タイトルが発売され30周年を迎える2016年5月27日に、新シリーズのドラクエヒーローズUが発売される。

 人気RPGを生み出した堀井さんは、「いよいよドラゴンクエスト30歳の誕生日です。30年も続けられるとはホント思いませんでした。支えてくださったファンの方々、スタッフのみなさんに感謝しています。30周年という記念すべき日に、ヒーローズUという新しいタイトルを発売できることに凄く嬉しく思います」と感無量の様子で感想を述べた。

 ドラクエヒーローズUの気になる内容だが、前作と同様に男女のダブル主人公制で、豪華ボイス付きになっている。が、ストーリーは前作の続きではなく、完全に一新され、全体的にレベルアップしている。前作には登場しなかったシリーズの新たなキャラクターが登場し、新しいストーリーに期待が高まる。

 男主人公のラゼルは王道の熱血漢あふれる熱いキャラクター、女主人公のテレシアは『戦う学級委員長』というキャッチコピーがある通り、お姉さんタイプのキャラクター。二人の幼馴染でもある心強い味方、ツェザールのキャッチコピーは『悲しみに笑う王子』で、ちょい悪王子のようなキャラクターに仕上がっている。

 今回のタイトルでは、待望のマルチプレイも可能に! 主人公の二人は、「転職」可能という新たなシステムが導入された。

 そのため、主人公・ラゼル役の森山、もう一人の主人公・テレシア役の武井は、キャラクターの中でもセリフ量が多かったという。収録時には、堀井さん直々に呪文のイントネーションなど細部を指導されたと、収録現場のエピソードが語られた。

 また、今回のイベントには生誕30周年を記念し、2メートル近くある巨大なスライムの氷像が登場! カラフルにライトアップされ、幻想的な仕上がりに堀井さんは「素晴らしい」の一言。キャスト陣もインパクトあるスライムに「スゴイ」と、息を飲んだ様子だった。

 ドラクエヒーローズUは、キャラクターそれぞれの決め台詞も用意され、30周年にふさわしい今回のタイトルは、堀井さんいわく、ボイスキャストの影響も大きかったと語る。実力派俳優陣の声の演出にも注目。

 圧倒的な迫力のバトル要素とまるで映画のような世界観で、新たな冒険を始めてみてはいかがだろうか?(佐東未帆

【ドラゴンクエストヒーローズU 双子の王と予言の終わり】

対応機種:PlayStasion(R)4、PlayStasion(R)3、PlayStasion(R)Vita専用ソフト
PlayStasion(R)4:7,800円(税抜)
PlayStasion(R)3:6,800円(税抜)
PlayStasion(R)Vita:6,800円(税抜)


『ドラゴンクエストヒーローズU 双子の王と予言の終わり』の完成披露発表会

『ドラゴンクエストヒーローズU 双子の王と予言の終わり』の完成披露発表会 (写真:佐東未帆、2016年5月26日、帝国ホテル)



ミニシアター通信