ミニシアター通信


エリーローズ、失恋エピソードを明かす「その経験ができたのが幸せです」


2016年2月26日 22時40分 参照回数:


エリーローズ

エリーローズ (写真:竹内みちまろ、2016年2月26日、パルコブックセンター)


 モデルのエリーローズが2016年2月26日、東京・渋谷のパルコブックセンターにて、自身初のフォトアートスタイルブック「ELLI-ROSE」(宝島社)の発売記念イベントを開催し、失恋エピソードや結婚・出産願望などを語った。

 同書は、12歳で篠山紀信氏撮影の写真集でデビューしたエリーローズが30歳の節目に発売。イギリス人の母親と日本人の父親を持つ彼女が東京とイギリスで撮影を行い、ファッション、ビューティ、ライフスタイルなどエリーローズの軌跡が満載されている。

 同書を刊行するに至った経緯を、10年間務めた女性誌「ViVi」のモデルを昨年春に卒業した後、「次のステップ」を考え、「30歳という節目でカッコイイものを残したいなと思いました。また、ファンの方に私のパーソナルな部分を知ってもらいたくて、この本を思い切って出すことに決めました」と紹介した。

 「7年近くお付き合いをしていた方がいて。20代前半からほとんど一緒にいて、ものすごく大切な人」と振り返り、その恋人と別れたエピソードを告白。現在は大切な友人といい、「その経験ができたのが幸せです」と笑顔を見せた。

 現在29歳だが「結婚願望も、もちろんありますし、家族を持って、子どもも欲しいです」と結婚、出産願望を明かした。結婚、出産後も仕事は続ける意向で、「先輩のモデルの方々もみんな、お子さんが2人とか、3人いても、お仕事を続けているので。できるんですよ、今の人たちは!」、「今年30歳になるのですが、30代前半には、結婚して、子どもも2、3人ほしいです」と期待に胸を膨らませた。(竹内みちまろ)




エリーローズ

エリーローズ (写真:竹内みちまろ、2016年2月26日、パルコブックセンター)




→ “奇跡の9頭身”朝比奈彩、肉食&筋肉大好き?



→ 桐谷美玲、憧れのデートを明かす「さりげないものがいいです」



ミニシアター通信