ミニシアター通信


朝ドラで人気の鈴木梨央、手紙の魅力の虜に!


2016年2月13日 23時50分 参照回数:


鈴木梨央

鈴木梨央 (写真:竹内みちまろ、2016年2月13日、東京シティアイ)


 朝ドラで人気の小役・鈴木梨央が2016年2月13日、JR東京駅前のJPタワー商業施設「KITTE」内東京シティアイ(地下1階)にて開催された手紙体験ワークショップイベント「乙女の手紙パーティー in KITTE」に一日郵便局長として出演し、キュートな笑顔で観客を魅了した。

 2月14日のバレンタインデーは、日本では女性が男性にチョコレートを贈る習慣があるが、欧米では家族や友人、大切な人にグリーティングカードなどを贈る習慣がある。同イベントでは、「大切なあの人にお手紙を」をコンセプトに、女性も含めて、大切な人に手紙で思いを伝える楽しさや、季節のイベントをお祝いする喜びを紹介する。

 朝ドラ「あさが来た」にて、あさの幼少期や白岡千代役を演じ大人気の梨央ちゃん。会場に姿を現すと、詰め掛けた観客から「かわいい!」のため息が漏れた。一日郵便局長に就任し、「大役に就任できて、とても光栄です」とにっこり。キュートな笑顔で観客を魅了した。

 そんな梨央ちゃんが、欧米ではバレンタインデーに男性から女性に手紙を渡す習慣があることを紹介されると、「知らなかったです」、「女性が思いを伝える日だと思っていました」とびっくり。友達に友チョコを配る予定だそうで、さっそく、チョコに手紙を添えたいと笑顔を弾けさせた。

 普段から友達に手紙を書くという梨央ちゃんは、「ポストに入れる時はワクワクしながら入れて、届いたときはドキドキしています」と手紙にまつわる体験を紹介。祖父を「おじいくん」と呼んでいるそうで、「おじいくんにも、ぜひ、書いてみたいです」と、すっかり手紙の魅力の虜になった様子だった。(竹内みちまろ)




ミニシアター通信