“日本一制服が似合う女の子”に選ばれた中学2年生「中野あいみ」とはどんな少女?


2016年1月31日 19時45分 参照回数:


中野あいみ
中野あいみさん (写真:佐東未帆、2016年1月31日、ベルエポック美容専門学校にて)


 第3回制服アワード受賞式&最新制服ファッションショーが、2016年1月31日、東京・ベルエポック美容専門学校で行われ、女子グランプリに輝いた中野あいみさん(神奈川県出身/14歳/中学2年)ら受賞者が登壇した。

 制服アワードとは、中高生に絶大な人気を誇る制服ブランドのCONOMiが贈る「今、日本一制服が似合う男女を決めるコンテスト」。同アワードは、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」のヒロイン・矢野優花さんや、ミスセブンティーンに選ばれたマーシュ彩さんを輩出している。

 今回の制服アワードで女子グランプリの栄冠に輝き、CONOMi2016イメージモデルを務める中野は、テレビ東京「おはスタ」のおはガールや、nicola専属モデル、原宿駅前パーティーズで『ふわふわ』に在籍し、幅広く活動している。

 イベントで中野は、今年のトレンド・カラーブレザーの中から、特別感のあるホワイトのブレザーに身を包んで登場。清楚な印象の制服スタイルでランウェイを歩いた。

 ファッションショーを終えて、中野は「緊張はしたんですけど、あいみのとびっきりのスマイルで頑張れたと思います」と振り返った。

 中野は現役の中学2年生(14歳)で、通っている学校の制服について質問されると、「普段は紺色のブレザー。ヒザ下丈のスカートです」、「校則が厳しいんですけど、ピン(髪留め)をポケットにさしてます」と、校則を守りながらできる限りのアレンジをしている様子を語った。また、校則ではスカートがヒザ下丈と決まっているため、仕事で今回のような制服を着ることが「楽しい」とはにかんだ。

 「自身が制服をデザインするとしたら?」という質問には、「ガーリー系のテイストが凄い大好きで、今までにないような、ブレザーにリボンをつけたりとか、中学生の入学式とかそういう子向けに作ってみたい」と答えた。

 中野はローティーン向けファッション雑誌『nicola(ニコラ)』の専属モデルをしているが、同アワードでグランプリを受賞したことでさらに活動の場が増えるだろう。

 モデル業に関して、本人も意欲を示した。

 CONOMiのイメージモデルの活動では「ひとつひとつ制服に合った表情やポージングをどんどん変えてって、『この制服はこんなイメージがあるんだよ』、『こんな制服はこんなイメージがあるんだよ』と皆さんに伝えてきたいと思っています」と話し、今後の活動について「子供の頃からモデルになるのが夢で、今、叶ってとても嬉しいんですけど、今後もモデルの腕をみがいてどんどん上にいけるように頑張っていきたい」と話した。

 目標のモデルを聞かれると「西内まりやさん」と話し、出てみたいコレクションは「東京ガールズコレクションとか、大きいステージで歩いてみたい」とモデル活動の夢を語った。

 モデル業ならびに、テレビ番組『おはスタ』(テレビ東京)に出演している中野は、「トークもちゃんと上手くなって、色んなところで幅広く活動したい」と、レギュラー番組での活動にも意欲満々。

 さらに、女優業にも興味があるようで、「映画やドラマなど、それからCMにも挑戦できるように毎日練習しています」と、とびっきりの笑顔で話した。今後の幅広い活動に注目されるだろう。(佐東未帆

【制服アワード 受賞者】

グランプリ:
・中野あいみさん(神奈川県出身・中学2年)
・鶴田大輝さん(神奈川県出身・高校2年)

準グランプリ:
・長崎すみれさん(大阪府出身・高校3年)
・日下部美愛さん(神奈川県出身・高校1年)
・荒川海人さん(愛知県出身・高校2年)
・冨田幸大さん(東京都出身・高校3年)

フォトジェニック賞:
・佐伯茉央さん(神奈川県出身・中学3年)
・上水口姫香さん(東京都出・中学1年)
・中村麗乃さん(東京都出身・中学2年)
・永崎恵美佳さん(埼玉県出身・高校3年)
・鈴木茜音さん(三重県出身・高校2年)
・八伏紗世さん(大阪府出身・高校2年)

SHIBUYA 109ABENO賞
・山上裕梨奈さん(兵庫県出身・中学2年)

フォーラム情報アカデミー専門学校賞
・加藤百佳さん(大阪府出身・高校1年)

ソニーミュージック賞
・江間萌結さん(東京都出身・小学校6年)





ミニシアター通信


Copyright(c)2016 mini theater tuushin. All Rights Reserved.


PR