ミニシアター通信


ミス日本2016、慶大生の松野未佳さんがグランプリ…女子大生・8.5頭身の高校生・報道記者ら13名が美の共演!


2016年1月25日 22時30分 参照回数:


松野未佳さん

松野未佳さん (写真:竹内みちまろ、2016年1月25日、京王プラザホテル)


 「第48回ミス日本コンテスト2016」が2016年1月25日、東京・新宿の京王プラザホテルにて開催された。13名のファイナリストが審査に挑み、グランプリ以下の各賞が決定した。

 「ミス日本コンテスト」は、日本女性の美の最高位の栄冠の元、将来活躍する女性リーダーを輩出したいと願って開催されている。1950年から始まり、中断を挟みつつ、今回で48回目。今年は全国から2804名の応募があり、予選を勝ち抜いた13名がこの日、着物審査、ドレス審査、水着審査、ファイナルアピールを行った。

 グランプリに輝いたのは慶應義塾大学2年生の松野未佳さん(20)。「このようなすばらしい賞を頂けるとは思っていなかったので、本当に嬉しいです」と歓喜した。松野さんは1年間、ミス日本2016として様々な活動を行うが、「これから1年間、たくさんの方と関わらせて頂いて、お話を聞いて、自分が何をしたら一番役に立てるのかを考えたいと思っています」と笑顔で語った。

 水の関連業界の期待を受けて活動するミス日本「水の天使」には、須藤櫻子さん(21/立教大学3年)が選出された。美形の顔立ちと真剣な眼差しが印象的な須藤さんは、幼少の頃からテニスに励み、小・中学校では部長を務めた。全国ショートテニストーナメントで3位入賞し、1年間のカナダ留学経験を持つ。ミス日本「水の天使」として、社会に参加する人々の水への意識を高めるための活動を行う。

 みどりや木とのふれあいや活用を通して、みどりと木への親しみを広める役割を担う「ミス日本みどりの女神」には、国際基督教大学2年生の飯塚帆南さん(22)が選ばれた。上海で9年間育ち、アメリカンスクールに通っていた国際派。中国語と英語はネイティブレベル(TOEICは満点)。審査では、国際基督教大学への愛を熱く語った。

 ミス日本「海の日」に選出されたのは、女優の杉浦琴乃さん(22)。高校時代はラグビー部のマネージャーをしており、2019年のラグビー・ワールドカップに携わりたいと話す。海洋業界への理解と関心を高める役割を担い、海上保安庁の「海難事故防止、海の事故ゼロキャンペーン」ポスターのモデルや、7月の海の日を記念する最大の式典「海フェスタ」などで活躍する。

 和装が美しい日本女性に贈られる「ミス日本ミス着物」には、女優の織茂璃穏さん(おりも・りお/24)が選ばれた。女優として時代劇など舞台に出演するかたわら、現在は2度目の大学に通い、幼稚園教諭の資格取得を目指す。着物関連イベント、国際的なイベントなどで活躍する。

 他の模範となる心身の美を備えていることを讃えて表彰される「準ミス日本」は、東京医科歯科大3年生の谷本英理子さんに決定。ほか、ファイナリスト13名の中で唯一、高校生として参加した8.5頭身のプロポーションを持つ本山琴美さん(17)、大分放送の報道記者である菅野真央さん(25)、JAF公認4級審判員の資格を持ち、審判員としてサッカーコート内を走り回っている藤女子大3年生の森田絹子さん(21)、3度の留学経験を持ち部員が100名以上在籍する英語演劇部の部長を務めた津田塾大学3年生の佐藤瑠美さん(20)、ブラジルで6年間過ごし、本場のカーニバルに参加した経験を持つ慶応義塾大学1年生・喜多川あゆさん(20)、長く、細い手足が際立つスレンダー美女で、審査では特技のクラシックバレエを活かしてポーズを披露した大妻女子大学2年生の山田夏生さん(20)、2011年度全日本ジュニア馬場馬術チャンピオンで、オリンピック出場を目指すも落馬事故によるけがで選手を引退し、第2の人生を切り開くためにミス日本に挑戦した玉川大学2年生の市川舞さん(19)らもステージ上で華麗なパフォーマンスとアピールを行い、美の共演を実現した。(竹内みちまろ)

【第48回ミス日本コンテスト2016結果】
ミス日本グランプリ:No.6:松野未佳さん
ミス日本「水の天使」:No.10:須藤櫻子さん
ミス日本みどりの女神:No.2:飯塚帆南さん
ミス日本「海の日」:No.3:杉浦琴乃さん
ミス日本ミス着物:No.9:織茂璃穏さん
準ミス日本:No.11:谷本英理子さん

【第48回ミス日本コンテスト2016ファイナリスト】
No.1:本山琴美さん(17/高校3年生)
No.2:飯塚帆南さん(22/国際基督教大学)
No.3:杉浦琴乃さん(22/女優)
No.4:菅野真央さん(25/大分放送記者)
No.5:森田絹子さん(21/藤女子大3年)
No.6:松野未佳さん(20/慶応義塾大学2年)
No.7:佐藤瑠美さん(20/津田塾大学3年)
No.8:喜多川あゆさん(20/慶応義塾大学1年)
No.9:織茂璃穏さん(24/女優)
No.10:須藤櫻子さん(21/立教大学3年)
No.11:谷本英理子さん(22/東京医科歯科大3年)
No.12:山田夏生さん(20/大妻女子大2年)
No.13:市川舞さん(19/玉川大2年)


→ 大阪大学生の高田紫帆さん、「ミス日本2017」でグランプリ

→ 小柴綾香さん、2017ミス・ユニバース・ジャパン東京代表に決定「東京から世界へ」

→ 2017ミス・インターナショナル日本代表、筒井菜月さんがグランプリ…世界大会へ抱負

→ 「2016ミス&ミスター・ミニ・ジャパン」が初開催、創作ダンスや『オン・マイ・オウン』熱唱で会場を魅了!


ミニシアター通信



PR