ミニシアター通信のロゴ


ネット小説が原作の「ドクムシ」、R15で過激に実写映画化


2015年12月21日 11時40分 参照回数:


ドクムシ

ドクムシ


 2013年に携帯小説・コミック投稿サイト「E★エブリスタ」にネット小説として投稿された八頭道尾氏の「コドク〜蠱毒」。「ドクムシ」としてコミック化され大ヒットを記録した。

 その「ドクムシ」が、R15+とし、原作の持つ残酷性をより膨らませる形で映画化されることが決定した。さらに現代日本の社会性をストーリーに反映させ、小説、コミックのそれぞれの原作とは違うラストを用意し、最後まで誰が生き残るかわからないスリリングなドラマ展開と多彩なキャスト&新進気鋭のスタッフによる日本発のショッキングなエンターテイメント作品となる。

 主演は「仮面ライダーディケイド」の仮面ライダークウガ役でブレイクし、舞台「弱虫ペダル」やミュージカル「RENT」など出演作を即日完売させる村井良大。同作では理性と本能の間でギリギリの葛藤を迫られる大学生として過酷な役柄と撮影を乗り切り、役者としての新境地を開いた。ヒロインは本格的なアクションのできる女優として「進撃の巨人」に出演の武田梨奈。

 さらに、劇団EXILEメンバーの秋山真太郎、『SR サイタマノラッパー』シリーズの駒木根隆介、「トップコート20thスターオーディション」グランプリの水上京香、「ウルトラマンギンガS」の宇治清高、期待の新人・野口真緒など、注目の実力派キャストたちが出演する。

 監督は全編アメリカ撮影の『クソすばらしいこの世界』(13)で長編デビューした朝倉加葉子。女性ならではの端正な映像と登場人物の心理に細やかに寄り添った演出で、和製ソリッドシチュエーションホラーの世界を完成させた。

 映画を彩る主題歌には、プロデューサー集団アゲハスプリングスがトータルプロデュースを手掛けるガールポップ・デュオ・Faint★Star(フェイント・スター)。

 2016年4月9日〜2週間限定特別上映として、新宿ピカデリーほかで全国公開! 更に、同日から『ニコニコ生放送』ネットシネマ公開予定!

映画『ドクムシ』公式HP: http://dokumushi.jp





ミニシアター通信に戻る