ミニシアター通信のロゴ


南沢奈央、「赤十字・いのちと献血俳句コンテスト」で感動を語る


2015年12月5日 23時50分 参照回数:


南沢奈央

南沢奈央 (写真:竹内みちまろ、2015年12月5日、日本赤十字社本社にて)


 女優の南沢奈央(25)が2015年12月5日、日本赤十字社本社(東京・港区)にて開催された「赤十字・いのちと献血俳句コンテスト」の表彰式に出席し、応募作品に触れた感動を語った。

 日本赤十字社では、6月11日から10月15日までの約4か月間、いのちの尊さ、愛、友情、助け合い、感動、献血や赤十字の活動などをテーマに第10回「赤十字・いのちと献血俳句コンテスト」を開催。今年度は、特に若年層を中心に幅広い年代から約20万句の応募作品が寄せられた。

 授賞式では、最優秀賞をはじめ各賞が発表された。文部科学大臣賞を「靴紐を結び直して入学す」で受賞した石川県の高校生・二枝紗莉惟さんは、受賞スピーチで「本当に夢のようです」と喜びを語った。俳句は、今年の6月から始めたといい、「言葉をなるべく省いて、でも、自分の伝えたいことを伝えようと考えるところが楽しいです」と俳句の楽しさを紹介した。

 ゲスト審査員の南沢は、「色々な皆さんの思いが見えたなと思って感謝しています」と審査に参加した感動を言葉にした。献血は普段から行っているそうで、献血の前に十分な睡眠を取ったり、しっかりした食事を取るエピソードを紹介し、「献血が自分の生活を見直すきっかけになっています」と笑顔を見せた。

 献血と同様に、俳句も、生活や家族、友人達や身の周りの出来事を見直すきっかけになるのではと続けた。学生に献血を呼びかける学生献血キャラクターを務める南沢は、「献血の素晴らしさをどんどん広げていけたらないいな」と笑顔を見せた。(竹内みちまろ)





南沢奈央

南沢奈央 (写真:竹内みちまろ、2015年12月5日、日本赤十字社本社にて)

南沢奈央

南沢奈央 (写真:竹内みちまろ、2015年12月5日、日本赤十字社本社にて)

南沢奈央

南沢奈央 (写真:竹内みちまろ、2015年12月5日、日本赤十字社本社にて)

南沢奈央

「赤十字・いのちと献血俳句コンテスト」表彰式 (写真:竹内みちまろ、2015年12月5日、日本赤十字社本社にて)




→ 池田エライザ、ブレイクの実感「まだありません」



→ 鈴木奈々、カップサイズUPで夫と「すごいラブラブなんです」!



ミニシアター通信に戻る