ミニシアター通信のロゴ


武田梨奈、心境の変化を語る…同性への恋は特別なことではない


2015年6月13日 21時00分 参照回数:


(左から)黒川浩行監督、水嶋仁美、武田梨奈、藤田弓子、森沢明夫氏

(左から)黒川浩行監督、水嶋仁美、藤田弓子、武田梨奈、森沢明夫氏 (撮影:竹内みちまろ、2015年6月13日、スバル座にて)


 映画「ライアの祈り」(6月13日全国ロードショー)の公開初日舞台挨拶が2015年6月13日、東京・有楽町のスバル座にて開催され、出演の武田梨奈、藤田弓子、水嶋仁美、黒川浩行監督、原作者の森沢明夫氏が登壇した。

 「ライアの祈り」は、人生に臆病になっていたひとりの女性が“人間本来の生き方”のエッセンスに満ちていたという縄文時代に触れ、自身の幸せのカタチを見出し、一歩踏み出していく姿を描く。青森県八戸市が舞台の物語で、自然や食の魅力に満ちたスポットや、是川一王寺遺跡、国宝の「合掌土偶」を擁する是川縄文館など太古の息吹に満ちたスポットが登場する。

 主人公の桃子に恋をしてしまう桜を演じた武田は、「同じ女性を好きになってしまう女の子という設定でしたので、最初は、そういう感情って特別な感情なので難しいなと思っていました」と当初の印象を紹介。が、「演じているうえで、同性を好きになることは決して特別なことではなく、映画のキャッチコピーにもあるのですが、“幸せのカタチは決してひとつではない”ということをすごく感じました」と役柄を演じながら、心境に変化が起きたエピソードを明かした。

 桃子の母親役の藤田は、観客と一緒に客席から映画を鑑賞し、「エンドタイトルが出たときは涙が出てきました」と感慨深そうに語った。「日本人って、ほんとうにきれいな人たちなんだなと、すごく自信が持てたといいますか、私たちはこの国が特にすばらしい国だったということを一番伝えていかなければならない役割があるのだなと改めて思いました」と続けた。

 藤田が生まれたのは終戦直後の1945年(昭和20年)9月で、今年は終戦から70年。「今年はみんな、世界中の人が私の年齢を言って下さりますが、本当に、私たちの役割はちゃんと伝えていかなければいけないことだと思います」と語った。

 太古の森に生きるライアを力強く体現した水嶋は、同作で女優デビューを飾った。「まさか、デビューの作品で縄文人の役をやらせて頂けるとは思っていなかったので、一生、心に残る作品になったと思います。青森でも舞台挨拶をさせて頂いて、たくさんの方の強い、熱い気持ちが籠った映画だなということを改めて実感し、東京に帰ってきました。今日から全国のみなさんに見て頂けることが本当に嬉しいです」と笑顔を見せた。

 黒川監督は、「この作品は、血も流れませんし、人も死にませんし、難病ものでもありません。難病ものは、死ぬだけで悲しいのですが、そうではないところで原作をお書きになった森沢先生の小説を頂きまして、どれだけできるかなと思ていました。悲しくなくても人は泣けるんだということができればなと思って、一生懸命作りました」と作品に込めた思いを言葉にした。

 森沢氏は、原作にて「裕福と幸福って違うなということ」を伝えたかったことを明かした。「世界もそうですけれど、日本は、みんな裕福になりたがることばかりで、幸福になることを忘れているのではないかと思いました。本当の幸福ってなんだと考えたときに、縄文時代の1万年続いた幸福観、世界観というものを書こうと思いました」と原作に取り掛かった経緯を紹介。完成した映画を見て、「僕の伝えたかったことが、とてもいい形でスクリーンで表現されました」と感激したエピソードを語った。

 イベントには。八戸市から、「触ると幸せが訪れる」と言われている重さ100キロの合掌土偶のレプリカも登場し、全国公開の初日を盛大に祝った。(竹内みちまろ)



→ 武田梨奈が着用して“竹下通りを歩く”際の全身タイツ公開


→ 武田梨奈、映画「原宿デニール」で“濃厚キスシーン”を公開?「女性的な肉食も出します」


ミニシアター通信に戻る