加村真美、“噂の美少女”の呼び声に言及…美少女については「スルーです」

2015年3月11日 1時51分 参照回数:


加村真美

加村真美 (撮影:竹内みちまろ、2015年3月4日、丸の内オアゾ○○広場にて)


 岩手県の4人組ご当地アイドルユニット・chairmans(チャーマンズ)のリーダー・加村真美(かむら・まみ)が今、全国のアイドルファンから熱い注目を浴びている。

 チャーマンズは2011年に結成され、2014年から東京をはじめとする県外でのイベントやライブに出演。また、加村は、2011年10月からテレビ岩手にて放送がスタートした特撮TVドラマ『鉄神ガンライザー』シリーズでヒロイン役を演じている。活動の幅が広がるにつれ、加村が“噂の美少女”“ポスト橋本環奈”として話題を呼んでいる。

 その加村が2015年3月10日、東京・丸の内オアゾ○○広場にて開催された、東北の現状と今後の復興や支援活動の在り方を考えるためのトークライブイベント「東北これから会議2015」に出演した。イベントを終えた加村に話を聞いた。

 県外での活動を始めてから変化については、「『まみっく』(チャーマンズのメンバー・加村真美と岩谷実来による2人組ユニット)でも、東京に行ってからは、少しですが岩手に遊びに来てくれる人も増えました」と東京で活動することにより、地元岩手にファンが訪れるようになったことを紹介。「遠くても来てくれる人が増えましたので、東京に行ってよかったなと思います。あとは、何度か東京に行くことで、私たちを通して岩手を知ってくれる人が増えているので、すごく嬉しいです」と笑顔。

 ただ、「チャーマンズは岩手に密着したご当地アイドルなので岩手で活動したいと思っています」と、今後も、ご当地アイドルとして活動する方針に変化はないとのこと。個人としての活動については、「女優の活動もやりたいです。阿部サダヲさんとかが好きなので、面白い役、変な役などをやりたいです」と語り、「演技の勉強などを凄くしたいのですが、岩手でできることもたくさんあると思いますし、岩手を大事にしていきたいと思います。東京に住みたいということはないです」と引き続き岩手を拠点に活動していく意向を明かした。

 そんな加村に、「“噂の美少女”“ポスト橋本環奈”と呼ばれていることについてどう思う?」と直球で質問。

「ぜんぜん、気にしていないです(笑) 橋本環奈ちゃんもいわゆるご当地のアイドルじゃないですか。ご当地で活動しているという意味では、私もがんばらなくてはなと思いますけれど、美少女という点に関しては、ぜんぜん、スルーです(笑) 私は、そこまで美少女ではないので、そういうくくりにされると申し訳ないです。私は、ぜんぜん違うので!」とひたすら謙遜を繰り返した。

 最後、「東北これから会議2015」アンバサダーとして、「震災から5年目になるのですが、まだまだ震災からの復興はこれからだと思います。みなさん少しずつでもいいので、繋がって、気持ちを東北に向けてくれたら嬉しいです。これからもっと、もっと、東北がいい方向に進むように、少しずつでいいので、みなさんに応援していただきたいですし、もっといっぱい東北に遊びに来て欲しいです」とメッセージを送った。(インタビュー・文・写真=竹内みちまろ)




ミニシアター通信


Copyright(c)2015 mini theater tuushin. All Rights Reserved.


PR