CANDY GO!GO!が“地下アイドル”への思いを語る、映画「TOKYO地下IDOL」初日舞台挨拶


2015年2月22日 2時32分 参照回数:



CANDY GO!GO!

CANDY GO!GO!と菊地恭平監督 (写真:竹内みちまろ、2015年2月21日、イオンシネマ板橋にて)


 地下アイドルに密着したドキュメンタリー映画「TOKYO地下IDOL」が2015年2月21日に公開を迎え、東京・イオンシネマ板橋にて同日、渋谷系ガールズロックアイドルグループ「CANDY GO!GO!」から主演のなぎさりん、関根ゆみ、佐伯かな、三浦裕子、磯野未来、円田はるか、高城しおり、菊地恭平監督が舞台挨拶を行った。

 同作は、地下アイドルたちの熱いライブステージと日常に3か月間密着。アイドルのPVを中心に活躍する菊地恭平監督がメガホンを取り、主演は、ライブ活動に力を入れる地下アイドル「CANDY GO!GO!」。出演は「並木橋ハイスクール」「涙-NAMIDA-」「Honey Squash」「道玄坂上がり隊」「チャッキーズ∞インフィニティ」「おやゆびプリンセス」「C-Style」「T!P」「8princess」他。本編約70分で、2月21日から3月6日まで、東京・イオンシネマ板橋で公開。

 初日を迎えた心境を、なぎさりんは、「主演女優というだけあって、気合いが入るんですよ。できるだけスタイルを良く見せたいから、足のマッサージとか…」など、晴れ舞台となる初日のためにボディケアに力を入れたことに触れ、「今日は、万全の状態で来ております!」と満面の笑み。

 続いてマイクを持ったリーダーの関根は、「やっとファンの皆様や、地下アイドルって何だろうと思っている方々に私たちの現実や、今の状態を伝えることができ、本当に嬉しく思っています。こんなに陰でがんばってアイドルをやっているんだよ、という子を見て、自分もがんばろうと思えるように皆さんがなってくれたら嬉しいです」としっかりとコメント。すかさず、なぎさりんが「私、これを言おうとしたんです!」と続け、笑いを誘った。

 佐伯は、同作を「みんなも知らない私たちが見れると思います」と紹介。「アイドルファンだけではなく、一般の方にも、どんどん見て頂きたいです。地下アイドルの曲もたくさん使われているので、音楽業界も皆様に知っていってもらえたらなと思います」とメッセージ。

 菊地監督は、「TOKYO地下IDOL」というタイトルについて、「地下アイドルというと、下に見て上から地下アイドルなのだ、という言葉として今、世間で使われていると思いますが」と言葉を選びながら触れ、「そう思っている人たちへの挑戦というのもありますし、彼女たちは地下アイドルと名乗りたくて名乗っているわけじゃないので」「そう言われているけど、こんなにがんばっているんだよというのを訴えたかったです」と思いを明かした。

 同作は、上映期間中、毎日、舞台挨拶イベントが行われ、CANDY GO!GO!と菊地監督をはじめ、鈴木苗絵(涙-NAMIDA-)、並木橋ハイスクール、Honey Squash、チャッキーズ∞インフィニティらが登壇予定となっている。(文・写真=竹内みちまろ)

【メンバーコメント(抜粋)】

なぎさりん:CANDY GO!GO!が初めて映画に出ました! そして、主演の、主演の、主演のなぎさりんです!

関根ゆみ:私たちのリアルな姿を見れたと思うので、これからも私たちのことを応援して頂き、明日も映画が上映されますので、ぜひ、会いに来て下さい。

佐伯かな:スクリーン映りがちょっと悪く実物の方が5倍ほどかわいいので、ぜひ、まだ映画を見ていない方も実物を見に来て欲しいです。

三浦裕子:初めて映画に出させて頂きました。アイドルって楽しそうだなとだけ思っている方も多いと思うのですが、実は大変なんですよって分かって頂けたかなと思います。

磯野未来:CANDY GO!GO!からこうやって映画に出させて頂き、普段ステージ上では見られないアイドルの裏側を、細かく、と言いますか、楽屋にずっとカメラさんがいたので、深い所まで見て頂けたのではないかと思います。

円田はるか:映画を見て、私自身、自分たちが出ている映画なのですが、自分たちから元気がもらえました。私たちのことを全然知らなくても、この映画で少しでも気になってくれている方に見て頂き、少しでもいいので自分もがんばろうと思って頂けたらと思います。

高城しおり:素直に映画に出れたことが嬉しいという気持ちが今、一番大きいです。そして、地下アイドルを知らない皆さんが多いと思いますので、友達などを連れて、もう一度、遊びに来てくれたら嬉しいです。


ミニシアター通信


Copyright(c)2015 mini theater tuushin. All Rights Reserved.


PR