中野郁海、AKB48選抜入りに意気込み「チーム8らしさを」!

2014年10月13日 21時46分 参照回数:


中野郁海、AKB48選抜入りに意気込み「チーム8らしさを」!

(左から)廣瀬なつき、中野郁海、佐藤七海 (撮影:竹内みちまろ 2014年10月13日 ベルサール秋葉原にて)


 「高知×鳥取 まんが王国会議2014 in Akiba」が2014年10月13日、東京・秋葉原の地域振興イベント「秋フェス2014秋」会場のベルサール秋葉原にて開催された。アイドルグループ・AKB48チーム8の中野郁海(鳥取県代表)、廣瀬なつき(高知県代表)、佐藤七海(岩手県代表)、まんが家でタレントの浜田ブリトニーがトークショーを行った。

 まんがによる地域振興を目指す「高知×鳥取 まんが王国会議2014 in Akiba」は、2013年3月に秋葉原で高知県と鳥取県の間に締結された「まんが王国友好通商条約」がきっかけで生まれたイベント。2013年10月に行われたイベントは、両県出身の人気声優やご当地アイドルたちが登壇し大盛況のうちに終わった。今回は、まんがを通して地元をPRする取り組みに積極的な岩手県を加え、3県でのステージとなった。

 冒頭、県関係者をはじめ登壇者が出揃うと、鳥取県から、AKB48チーム8の中野郁海を「とっとりふるさと大使」に任命するというサプライズ発表があった。中野は感激のあまり涙を流し、「がんばります。ありがとうございます」と感無量の様子。委嘱状を受け取ると、「びっくりしました」と驚きを表し、廣瀬なつきと佐藤七海へ、「2人は、知ってた?」と質問。事前に知らされていた2人は「知ってた」とにっこり。冒頭から、華やかなイベントとなった。

「とっとりふるさと大使」に任命された中野郁海

「とっとりふるさと大使」に任命された中野郁海

サプライズで「とっとりふるさと大使」に任命された中野郁海 (撮影:竹内みちまろ 2014年10月13日 ベルサール秋葉原にて)


 トークショーでは、3人が3県の魅力をアピールした。中野は、牛骨ラーメン、20世紀梨、砂丘らっきょう、松葉ガニなどを挙げたが、「食べ物が大好きなので、食べ物ばかりしか出てこないんです!」と、食いしん坊な一面を垣間見せた。

 廣瀬は、高知で生まれたよこさいを紹介し、佐藤は、まんがを通して岩手県の有名人や名所を紹介する「コミックいわて」に「私も載せてほしいな!」とおねだり。県関係者から、ぜひともとの言葉を勝ち取って(?)いた。

 中野は、「まんがが大好きなので、まんがについて広めていけたらなと思います」と意気込み。続けて、「私事なのですが、38枚目のシングルの選抜に選んで頂いたので、チーム8らしさを出しながら、がんばっていきます」とメッセージを送った。会場から「おめでとう!」の大歓声があがった。

 廣瀬は、「まんがは日本の文化でもありますので、高知県、鳥取県、岩手県を中心に、日本全国に広めていき、私も個人的にPRしてチーム8のみんなに、まんが王国があるということを知ってもらいたいと思います」と意気込み。

 佐藤が「岩手県にはまだイベントなどで来たことがないので、岩手県でイベントをして、まんがを広めつつ、チーム8の魅力も広め、岩手県にみんなで来て元気を与えたいです」と語ると、中野と廣瀬は「行きたい!」と口を揃えていた。(文・写真=竹内みちまろ)



→ AKB48チーム8、「夢にまで見た劇場公演」をAKB48・SKE48劇場でスタート


ミニシアター通信