ミニシアター通信 > 東京アイドル通信


宮澤佐江、須田亜香里、小嶋真子、大和田南那ら出演のミュージカル「AKB49〜恋愛禁止条例〜」がいよいよ開幕!

2014年9月11日 4時5分 参照回数:



宮澤佐江、須田亜香里、小嶋真子、大和田南那ら出演のミュージカル「AKB49〜恋愛禁止条例〜」がいよいよ開幕!

須田亜香里、宮澤佐江、大和田南那 (撮影:竹内みちまろ 2014年9月10日 アイア シアタートーキョー.にて)



 ミュージカル「AKB49〜恋愛禁止条例〜」(9月11日〜16日/アイア シアタートーキョーにて)の公開ゲネプロが10日、アイア シアタートーキョーで開催され、主演のSKE48・SNH48宮澤佐江、SKE48須田亜香里、AKB48小嶋真子、大和田南那が他の出演者と共に参加した。

 同作は、累計330万部を突破した人気コミックの舞台化。全ナンバーをAKB48の楽曲で贈るAKB48ミュージカルとして上演され、舞台上でメンバー自らが歌い、演じる。主役の男女2役を宮澤が、ダブルキャストのヒロインを小嶋真子と大和田南那が、最大のライバルを須田亜香里が演じる。

 憧れの同級生の女の子の夢を応援するために女装してAKB48のオーディションに潜り込み、合格してしまった主人公を演じる宮澤は、ミュージカルとしての歌やダンスが初めてというメンバーがほとんどという中で、普段のライブとミュージカルでのパフォーマンスの違いを実感しているエピソードを語った。「(ミュージカルに固有の)空気感を味わえることは演者しかわからないことなので、それがすごく楽しいなと思います」と目を輝かせながら語った。

 一方の須田は、歌うことにコンプレックスを持っているという。「中学生の時に仲良くなったと思った友達とカラオケに行ったら、『音痴!』って笑われました。それがコンプレックスで、一生、歌うのを止めようと思って、ずっとそうしていたのですが、今回こうして、改めて歌と向き合う機会をいただいたので、今の自分の最高のところまでもってきています。これをきっかけに、もっと歌うことを好きになって、輝いていけたらなと思っています」と期待に胸を膨らませた。

 ヒロイン役の大和田も、ミュージカル初挑戦。「声も張らないといけないし、ダンスもミュージカルだから大きく踊ったりと、いつも通りではなく、全部が初めてでした。色々なことが経験できて、これからの仕事につなげていければいいなと思います」とニッコリ。

 大和田とダブルキャストの小嶋は、「女優さんになるのが将来の夢」という。「今回のお話をいただいたときに、ファンの方がすごく心配して、『真子ちゃん、大丈夫?』『できんの?』みたいに言われました。それに対して、やってやろう!という気持ちも入りました。演技は、自分ではない人に成ることができて、自分じゃないような世界を味わうことができて、すごく楽しいです」と笑顔を見せた。

宮澤佐江、大和田南那

宮澤佐江、大和田南那 (撮影:竹内みちまろ 2014年9月10日 アイア シアタートーキョー.にて)


東京アイドル通信